ウォーキングシューズの正しい選び方(サイズ測定・重さ・人気ランキング)

ウォーキングにとってのシューズの選び方は、ふくらはぎを細くしたいなどのダイエットや足痩せを目的とした方や健康維持のためにケガを防止し継続させたい方・特に初心者の方には必見です。ここでは、ご自分に合った負担のかからない正しいウォーキングシューズの選び方のポイントを説明いたします。また、メンズ。レディース別のおすすめ人気モデルランキングをご紹介いたします。

タイトル画像

ウォーキングシューズの正しい選び方(サイズ測定・重さ・おすすめ人気ランキング)

エアロバイクダイエット > ウォーキングシューズの選び方(サイズ測定・重さ・人気ランキング)

ウォーキングシューズの特徴と機能性

ウォーキンググッズで最も大切なものはシューズです。正しいシューズの選び方を知ることは、安全に楽しくウォーキングするためには欠かせないことです。選び方を間違い、自分に合わないサイズや目的と違ったシューズ選びをしてしまうと、歩行に負担がかかり、疲れやすく、マメや靴ずれなど、トラブルを引き起こし、歩きを楽しむどころではなくなってしまいます。そればかりか、ウォーキングシューズ 選び方次第で、体をアンバランスにし、かえって体調を崩すことにもなりかねません。

また、足やせやダイエットを目的としたふくらはぎを細くしたいという方には靴の選び方は重要なポイントです。合わないウォーキングシューズを履き続けてしまうと、歩き方が悪くなり、むくみや偏った筋肉、骨盤のゆがみを伴い、かえってふくらはぎを太くしてしまいます。

ウォーキングシューズは歩くために開発された、工夫された靴です。だからといって、選び方は何でもいいというわけではありません。自分に合ったウォーキングシューズの選び方について考えてみましょう。

ランニング・ジョギング用シューズとの違い

ウォーキングシューズの選び方を知る前に適応した専用ものがあり、その特徴と機能性はウォーキングの事を考えて開発されています。よく、ランニングやジョギング用シューズでウォーキングしている方がいますが、大きな間違いです。確かに見た目はほとんど同じで見分けがつきにくく、人気モデル欲しさに考えずに見た目だけで買ってしまいがちです。しかし、ランニングとウォーキングでは足への負荷や靴底の地面との接し方、接地時間が異なるため、それぞれに適応した作りになっております。

ウォーキングシューズとランニングシューズとの違いと特徴
ウォーキングシューズの特徴
  • ●ある程度の重さを持たせることで振り子効果があり、1歩を踏み出しやすくしている
  • ●安定した歩行を保つために靴底は厚く、耐久性が高い
  • ●甲の部分はシッカリとフィットさせるが、つま先はゆとりのある隙間を持たせている
ランニングシューズの特徴
  • ●足の運びをスムーズにするためウォーキング用よりも軽さを持たせているのが特徴
  • ●着地した時の衝撃(体重の2~3倍)に耐えるためにクッション性・衝撃吸収力を持たせている
  • ●走行時の柔軟性を保つために屈曲性がある
  • ●通気性にすぎれムレにくくなっている

ウォーキングシューズの選び方とポイント

正しいサイズ測定をする

まずは、自分の足の本当のサイズを知ることが大切です。正しいサイズを計測し、どれだけフィットしているかどうかを見極めるのが第一歩です。

足囲の正しい計測

自分の足の長さは知っているけど、幅、つまり“足囲”を知らないという人が多いようです。ウォーキングシューズを買うとき、選び方で基本となるのは、あの心地よいフィット感は長さだけでなく、足囲の計測が重要になります。

自分の足囲を計測しよう

足の幅の中でもっとも広い部分(親指の付け根部分から 小指の付け根部分までの幅)の周囲の長さのことをいう。ワイズともいい、サイズは、A・B・C・D・E・EE・EEE・EEEE・Fの9段階に分かれます。

足囲

これを知らずに自分に合わないシューズをムリヤリ詰め込むと、本来の機能を発揮できないだけでなく、足を痛め、疲れを増加させる原因にもなります。ウォーキングシューズを選ぶ際には、計測できるショップで、足囲も正確に測ってもらうことが必要です。

ウォーキング時で使用する靴下を持参する

普段ウォーキングで使う靴下を持っていき、それに履き替えて、実際に歩いてみて、つま先のゆとりや、足囲やくるぶし、つちふまずのフィット具合、甲やかかとに圧迫感がないか、など一つ一つチェックすることが大切です。

つま先に隙間があり指が自由に動かせるもの

蹴りだした時、5本の指は大きく広がるようにできています。この広がりを妨げない程度のつま先のゆとり(1cm程度)が必要です。蹴りだした時に、指先のどこかが靴の内壁に圧迫されるようであれば、もう少し大きめの靴を試しましょう。靴を履いて静かに立っている時には余裕があると感じても、着地や蹴りだした時に違和感があれば、自分に合った靴とは言えません。

かかと部分がしっかりフィットしているもの

つま先部分はゆとりを持たせウォーキング時の前進運動をスムーズにさせるために必要ですが、かかと部分に隙間やフィット感がないとしっとりとした蹴りだしができません。かかとをしっかりとサポートしたものを選ぶようにしましょう。

踏み出した時の足の付け根部分の柔らかさと屈曲性のあるもの

実際に歩いてみて足を踏み出した時に足の指の付け根が曲がりやすいかどうか、また、前方のつま先が地面についた時にかかとがちゃんと上がる適度な柔らかさと屈曲性があるかどうかを確認することが必要です。

靴底部分の厚みとクッション性

靴底は柔らかいものを選びましょう。ウォーキングはかかとから着地し、足裏の接地時間がランニングよりも長いため、靴底特にかかと部分に厚みを持たせてあるのが特徴です。また、ウォーキングは着地した時体重の約1.5倍程度の衝撃があります。硬いものだと、足が自由に動かないので、すぐに疲れてしまいます。歩いた時の衝撃がダイレクトに伝わってくるので、アキレス腱や土踏まずに負担がかかってしまいます。

かかとは4cm以下のもの

ウォーキングシューズ 選び方で重要なことの一つにかかとの高いシューズは厳禁だということです。かかとの高さが4cm以上のシューズは避けましょう。かかとが高いシューズは、歩行時に擦ってしまって膝を伸ばしにくく、筋肉に余計な負担がかかり、疲れやすくなります。

甲が幅広で、高さがあるもの

歩いているとき、足の骨は想像以上に動いています。だから、履いた時、中で足が自由に動かせるウォーキングシューズがおすすめです。そのためには、甲が幅広で、高さにも余裕があるものを選ぶといいでしょう。

中敷がやわらかいもの

靴の選び方同様、ご自分に合った中敷きを別に作っておくとベストです。かかとや足首を痛めないためには、履いたときに中敷(靴の底に敷いてある板のこと)に柔軟性を感じるものがベストです。最近では、中敷を専門に作ってくれる店もあります。自分の形に合った中敷をつくってもらいましょう。

靴の底がすべらないもの

ウォーキングシューズの選び方のポイントとして、シューズの裏が「すべり止め構造」になっているものを選ぶ事です。革靴はすべりやすいため、長く歩くときには危険です。また、なかには、雨の日にウォーキングをする人もいるでしょう。その場合、「すべり止め構造」は必須です。

十分な通気性があるもの

足も汗をかきます。1時間くらい歩くと、想像以上に汗ばんできます。そのため、通気性がしっかりあることも、ウォーキングシューズの選び方の重要なポイントとなります。

軽いものを選ぶ

ウォーキングシューズは通常ランニング用よりも少し重みをもたせエネルギー消費量が増すことで意識的に重くしてあるシューズもあります。また、重さがあることで振り出した時の振り子作用が働き足を運びやすくしていることも特徴です。

確かにダイエットや足腰の鍛錬や筋トレ用にトレーニングされるベテランの方やにはそれでいいと思いますが、初心者の方や高齢者の方が健康維持のために継続してウォーキングされる方には余分な負荷がかかり、脳やからだ、心へのさまざまな効果は、大きな負荷をかけた短時間のウォーキングでは期待できません。小さな負荷で長めに歩くことで、脳やからだ、心が元気になるのです。

そこでウォーキングシューズの選び方のポイントはなるだけ軽いものがベストです。軽ければ軽いほど、歩いていても爽快感があり、長く歩き続けることができます。

目的に合ったシューズの選び方が大切

ウォーキングが盛り上がりを見せている現在、各メーカーはウォーキングシューズの開発にたいへん力をいれており、靴の機能性はどんどん向上しています。歩くときの衝撃を吸収する新素材をインソールに搭載したり、軽量化や通気性を追求するなど、数々の工夫が一足のシューズに施されています。

ウォーキングシューズとひとくちに言っても、健康維持、病状の回復を目的としたエクササイズ用、自然のフィールドに飛び出すためのトレッキング用、もっと気軽で日常的なタウン用シューズ、ビジネス用シューズ・ダイエット用シューズなど、タイプはいろいろ。

当然そのタイプごとに搭載されている機能も変わってきます。シューズ選びの際、自分がどういった目的のウォーキングを始めようとしているのか、その目的に合った靴の選び方も大切なポイントです。当然のことながら、革靴や登山靴、キャラバン・シューズなどは、ウォーキングには向いていません。底が柔らかいといっても、サンダルやスリッポン(靴ひものない簡単に履ける靴のこと)では、今度は脱げやすくなり、ねんざの原因となってしまいます。

高いヒールは骨盤を歪め姿勢を悪くする

多くの靴にはヒールがあります。ヒールのある靴は、背中をはじめとする体の筋肉の緊張をもたらします。その緊張は、大腰筋と呼ばれる背中から骨盤をとおって大腿骨につながっている体の中心となる筋肉を硬直させます。

この筋肉の硬直化は骨盤を前傾させ、腰椎や腹を前方に引っ張ります。こうなると、姿勢やスタイルを悪くするばかりか、腹部の圧迫により内臓の機能を低下させます。ヒールのある靴は、本来の正しい歩き方とは違った、不自然な歩き方になってしまいます。

健康づくりのためのせっかくのウォーキングが、普段履く靴によって体をゆがませる不健康ウォーキングになりかねません。日常で履く靴の選び方にも気を付け、ヒールのできるだけ低い靴を選ぶ方が好ましいといえます。

ウォーキングシューズおすすめ人気ランキング

女性に人気売れ筋ランキング

  • 第1位:ニューバランス
  • 第2位:ヨネックス
  • 第3位:ミズノ

男性に人気売れ筋ランキング

  • 第1位:ミズノ
  • 第2位:ニューバランス
  • 第3位:ナイキ
TOP