ウォーキングの効果|ダイエット成功・ふくらはぎ痩せ、脚やせの歩き方・足の痛み対処法

ウォーキングダイエットを成功させその効果を得るには体脂肪を燃焼させなくてはいけません。摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなってしまっては一向に成果は望めません。栄養バランスを保った食事内容で、食べ過義ないように努めるのは大切なポイントです。しかし、食事制限だけでは思っている以上に効果がでにくいものす。カロリー制限をしていると、体はエネルギーの消費量を控え、筋力も減ってしまう事で新陳代謝が低下します。これでは脂肪を燃焼させる事ができません。そこで、不可欠ですが、効果的で簡単な運動方法なのがウォーキングです。歩くだけで筋力がアップされ、基礎代謝が向上しダイエットにつながります。当サイトでは初心者のための正しい歩き方、続ける方法続かない理由、始める時間と距離の設定、ウォーキングシューズの選び方や服装・アイテムなど。ダイエット目的には脂肪燃焼効果のある速度や朝夜のタイミング・時間帯・アプリを活用した心拍数計算・歩幅の測り方など、ポイントを押さえた歩き方でふくらはぎ痩せ・脚やせを成功させる方法をご紹介!高齢者の方におすすめ、認知症予防メタボ対策・アンチエイジングに効果的「インターバル速歩」について。その他にも、水分摂取、呼吸法、足や膝が痛い時の対処、疲労回復のコツ、骨粗鬆症、糖尿病など成人病予防効果など、お役立ち情報を提供しております。ノルディックウォーキングやハイキングで歩く事を趣味に!様々な効果を得るウォーキング情報満載!

ウォーキング タイトル画像

ウォーキングの効果|消費カロリー・ダイエット成功・ふくらはぎ痩せ、脚やせの正しい歩き方・膝や足の痛み対処法

ウォーキングの効果と消費カロリー計算方法

METs(メッツ)指数を利用した計算方法で効率的なダイエットウォーキング

「METs(メッツ)」の指標を参考に運動強度・年齢・体重別に応じたカロリー消費量を計算します

(※ 詳しい内容はこちら ▶ 脂肪燃焼効果のあるウォーキングの効果的な速度・タイミング・時間帯

ウォーキング 効果
  • follow us in feedly
  • 【ウォーキングの効果効用】
  • ・アンチエイジング効果
  • ・メタボリックシンドロームの予防
  • ・ロコモティブシンドロームの予防
  • ・ストレス解消
  • ・足腰が鍛えられ疲れにくくなる
  • ・姿勢がよくなる
  • ・血液の流れがスムーズになり免疫力が高まる
  • ・脳に十分な酸素がとどけられ脳が活性化される
  • ・体内への酸素摂取量が増し、心肺機能を高める
  • ・脳への血行を促し、脳が活性化することにより認知症の予防になる
  • ・体脂肪を減らし肥満予防、解消になる
  • ・ふくらはぎのポンプ作用がうながされ、むくみが解消される
  • ・イライラや不眠を取り去り、自律神経を整える
  • ・カルシウムの減少を防ぎ、骨粗鬆症の予防になる
  • ・血液循環がよくなり、心臓への負担が軽減される
  • ・肩こりや腰痛を取り除いて疲労回復効果がある
  • ・コレステロール値を下げ、高血圧予防になる
  • ・インスリンの働きを高め血糖値が下がり、糖尿病が改善される
  • ・悪玉コレステロールが減り、高脂血症が改善させる

ウォーキングを初心者必見!歩く楽しみ方と継続の効果


ウォーキングダイエットを効率的に高める方法


正しい歩き方と呼吸法で脚やせ・ふくらはぎ痩せ効果!!


ウォーキング効果で認知症予防・メタボ・ロコモ対策


ウォーキングでアンチエイジング効果を方法


ウォーキングでのトラブル防止と対処方法

「歩くこと」は楽しい!ウォーキングで得られる効果は歩くことで結果として、健康となり、ダイエット効果が得られ、精神的に明るさを取り戻し、食欲が増して食事が楽しくなるし、心の風景が豊かになる。まず、「ダイエットありき」、あるいは「生活習慣病予防ありき」でなく、まずは、「ウォーキングの楽しみ」があり、その結果としてダイエットなり、長生きでき、脳年齢が若くなり、ボケ防止になり、生活習慣病の予防になり、ガンとも闘えるし、気持ちが強くなる。こういう風に考えれば、自然に歩く事が長続きする。どうせやるなら楽しく長く続けたいものです。

にほんブログ村 ダイエットブログ ウォーキングダイエットへ
にほんブログ村


TOP