ウォーキング中の音楽効果/おすすめ邦楽・洋楽・テンポに合わせたBGM・プレイヤー

タイトル画像

ウォーキング中の音楽効果/おすすめ邦楽・洋楽・テンポに合わせたBGM、人気の音楽プレイヤー・イヤホン

ウォーキングの効果 > ウォーキング中の音楽効果/おすすめ邦楽・洋楽・BGM・プレイヤー

ウォーキング中の音楽効果について

ウォーキング中に音楽を聴きながら歩く方は多くいます。これは、少しでも楽しく歩きたい、単調な運動なので飽きてしまわないようにするためなど、やる気とモチベーションを保つ目的で音楽を聴きながら運動されるのがほとんどだと思います。中には音楽を聴かないとやる気が出ないという方もいるようですが、果たして、ウォーキングやジョギング時の音楽視聴は効果があるのでしょうか?

今では、ジョギングやウォーキングにおすすめの邦楽や洋楽、テンポに合わせてBGMなどが紹介されたサイト等が数多くあり、今では、専用サイトから音楽アプリをダウンロードしてご自分のipadやウォークマン、携帯音楽プレーヤー、スマートフォンといったiPhoneなどにお気に入りプレイリストとして登録しておけば、いつでも手軽にウォーキング音楽を楽しむことができます。

ウォーキング中の音楽効果

  • ●音楽のテンポがウォーキングでのリズムをつくる効果があり軽快に歩くことができる
  • ●アップテンポの曲でテンションを上げ、楽しみながら歩く事ができ、続けるためのモチベーションアップをはかる効果がある
  • ●脂肪燃焼効果のある心拍数のスピードを保ちやすくなる
  • ●脳内ホルモン「セロトニン」の分泌が増え、ストレスフリーな心身の状態をつくることができる
  • ●ランナーズ・ハイの状態にもっていきやすくなり、呼吸の苦しさが軽減し、エネルギー代謝を向上させる

ウォーキング中に聴く音楽は歩きのリズムをつくる

ウォーキング中に音楽のテンポに合わせて歩くことは効果的とされています。呼吸が楽になり、苦しさや辛さが軽減され、エネルギー代謝効率が向上するといわれています。その理由は、歩く時のリズムをつくれるということです。例えば、1分間に125拍程度の軽快な音楽(125BPM)を聴いていると、次第に歩きのリズムもあってきます。

ウォーキング中の音楽効果

脂肪燃焼効果の高い目標心拍数のテンポを保つ

ウォーキングダイエットやジョギング、エアロバイクやクロスバイクの自転車運動などの有酸素運動で効果的に脂肪を燃焼させるには、最適な目標心拍数を保ち続けることでより効果があるといわれています。その設定した目標心拍数の歩行スピードを保つのに音楽のテンポがリズムをつくり、保ちやすくなるのです。ダイエットや有酸素運動に合ったアップテンポの自分の好きな音楽を聴くことでテンションを上げ、ウォーキングやジョギングに楽しさを与えてくれます。

脂肪燃焼の心拍数計算/ウォーキングダイエットで効果的な有酸素運動

心拍計で計測する方法も有効ですが、自分好みの曲を聴きながら楽しくでき、尚且つ効率的な心拍数を保てる音楽療法は有効的と言えます。ウォーキングダイエットやジョギングは続けることが大切です。そのためにはただがむしゃらに頑張るだけでは継続させることは困難です。「好きこそ物の上手なれ」といわれるように、楽しさがない限りは続けることはできません。

規則正しい単調なリズム運度がセロトニンを増やす

歩きながら聞く音楽は、普通に聴いているときと違った良さもあり、ウォーキングに楽しさを与えてくれる効果があります。

音楽に合わせて規則正しい単調なリズム運動をすることによって、脳内ホルモンである「セロトニン」の分泌を増やし、精神的に安定したうつやストレスに負けない心身の状態を保つことができます。さらに、早朝の朝日を浴びながらのウォーキングはセロトニン活性を促す効果があるといわれています。

ランナーズ・ハイの状態をつくりやすい

ウォーキングやジョギングは運動強度を自由に調節できるのがメリット。そのためには、自分にとって歩きやすい、または走りやすい快適なリズムを見つけることが必要です。

「1、2、1、2」だったり、「1~、2~」といった自分にとって快適なテンポのリズムをつかめれば、徐々に心地良さに代わってきます。

これらはいわゆる「ランナーズ・ハイ」または「ウォーキング・ハイ」(脳内でβ‐エンドルフィンが分泌)の状態です。音楽のテンポに合わせたリズム運動をしていると、苦しい状態をより楽にのり越え、心地よい状態に持っていきやすいメリットがあります。

ランナーズ・ハイマラソンなどで一定時間以上苦しい状態が続いたとき、脳内でそのストレスを軽減するためにβ-エンドルフィンが分泌され、やがて気分が高揚し、快感に感じてくる現象のことをいう。また、β-エンドルフィンは性行為の際や、おいしいものを食べたとき、綺麗なものや気持ちのいいものを見たり聴いたりしたときなどにも分泌されることが分かっています。

ランナーズ・ハイ

ウォーキングにおすすめの邦楽・洋楽・BGM

ウォーキングまたは、ジョギング中におすすめの音楽ランキングTOP10をご紹介しておきましょう。

  • 1位:「負けないで」ZARD
  • 2位:「Runner」爆風スランプ
  • 3位:「Eye of the Tiger 」Survivor(ロッキーのテーマ曲)
  • 4位:「Happiness」嵐
  • 5位:「ultra soul」B’z
  • 6位:「夏色」ゆず
  • 7位:「恋するフォーチュンクッキー」AKB48
  • 8位:「ヘビーローテーション」AKB48
  • 9位:「LOVE2000/hitomi
  • 10位:「さんぽ」(となりのトトロ)

ウォーキング中に音楽を聴く場合の危険性について

音楽を聴きながらのウォーキングやジョギングはおすすめで効果的なのですが、屋外でウォーキングをされる時、歩きながらまたは、走りながらイヤホンをつけて音楽を聴くことは「聴覚が制限させる」ために危険性が高く好ましくないとされています。イヤホンなどで歌を聴いているために耳が塞がれ近くに車などが来ても気付かないということです。

イヤホンを装着して聴くときのマナーと注意点

家庭用のウォーキングマシン等ならこういった危険性はありませんが、屋外でどうしてもイヤホンを装着して音楽を聴きたい方には以下の注意点を踏まえて安全にウォーキングするようにしてください。

ウォーキング時に音楽を聴くときの注意点
  • 常に「目」で確認する。周囲をよく安全確認をして歩くようにする
  • 音量は周囲の音が聞こえる程度に抑える
  • 音楽プレーヤーを操作しながら歩かない。必ず立ち止まって操作するようにする。
  • 「カナル型イヤホン」など、ウォーキング、ランニング用のイヤホンを使うようにする

ウォーキング中の注意点

TOP