赤ちゃんに床暖房はよくないのか?

赤ちゃんを床暖房に寝かせる場合には、低温やけどや乾燥による脱水症状、電磁波による影響等注意が必要になります。また、赤ちゃん用のプレイマットやコルクマット、フロアマットとの併用・床暖房対応のジョイントマットのご紹介をいたします。

コルクマット トップ画像

赤ちゃんを床暖房で寝かせる場合について

コルクマット > 赤ちゃんに床暖房はよくないのか?(低温やけどの処置と対処方法)

赤ちゃんを床暖房に寝かせる場合の注意事項について

赤ちゃんにとって、床暖房や電気カーペットで寝かせておく事はよくないと聞きます。

赤ちゃん 床暖房新生児の睡眠時間は一日に約18~20時間。つまりほとんど一日中を寝ているようなものです。赤ちゃんにとっての大人とは違って、からだの構造がまだ未熟で、体温や発汗量もまったく異なり、寝る環境はとても大事になります。近年、住宅において快適な暖房・人に優しい暖房として床暖房を設置するご家庭が増えてきています。しかし、赤ちゃんにとって床暖房がどうしてよくないのでしょうか?考えられる理由に2つのことが挙げられます。

  • ●長時間寝かせておくと低温やけどの恐れがある
  • ●脱水症状を引き起こす可能性がある

赤ちゃんを床暖房に寝かせておくときの低温やけどについて

電気式(ヒータ式)床暖房の閉塞温度に注意

床暖房の設定温度は約30℃になるようになっていますが、閉塞温度といって、その場に座ったり、寝転がったりした場合、人体の接触面は熱の放出が妨げられ、温度が上昇することをいいます。そのために、低温やけどを引き起こしてしまうことがあります。

赤ちゃん 床暖房2床暖房には電気式と、温水式があります。電気式の場合、ヒーターは一定の発熱をするために放熱量が変わらず、閉塞温度は上昇し、実際の接触面は約45℃と高温になってしまい、低温やけどの恐れがあります。

閉塞温度…床に接した部分の温度をいい、密閉状態で長時間いると籠り熱により温度が上昇する

赤ちゃんにはガス温水式床暖房がおすすめ

温水式床暖房は、閉塞物の熱抵抗により放熱が妨げられる仕組みとなっており、閉塞温度が上昇する恐れが少なくなり、温度が38度までしか上がらない構造になっています。やさしい暖かさで、床面の温度のムラがなく電気式に比べて低温やけどの恐れはほとんど心配ないとされます。

ガス温水式と電気式床暖房の閉塞温度の違い
ガス温水式床暖房のメリット
底冷え対策に最適

エアコンでの暖かい空気は部屋の中を対流させ温める仕組みになっていますが、比重の違いにより温風は天井付近に上昇し、足もとが温まらない状態になりがちです。特に1階のフローリング床では床下からの外部の冷気が隙間から侵入してきて足もとを冷やす「底冷え」となり、足もとが温まらない限りは寒さをしのぐことができかねます。

一方、床暖房なら床下からの輻射熱の効果により足元の冷えを解消し、均一に部屋全体を温めることができます。頭寒足熱で人体にもよく、底冷え対策にも適した条件と言えます。

赤ちゃんやお年寄りの低温やけどを防止します

電気ホットカーペットや電気式(ヒート式)床暖房では直接触れた部分のみが温まる熱伝導によるもので、局部の閉塞温度が上昇しやすく低温やけどを引き起こす恐れがあります。ガス温水式床暖房は床下の温水パネル(マット)により閉塞温度を感知し、最適な温度調整する仕組みとなっており、低温やけどを防止します。

室内のハウスダストが飛散せずアレルギー予防になる

エアコンやファンヒーターでは対流により部屋を暖めるため、室内のホコリや塵(ハウスダスト)、花粉等が舞いあがらせることとなり、シックハウス症候群などのアレルギーの原因となってしまう事もあります。

床暖房は、風を一切出さないので、ホコリ等が舞い散ることもなくハウスダストアレルギー対策になり、赤ちゃんや幼児のいらっしゃるご家庭にはおすすめです。

肌の乾燥を抑え、風邪・インフルエンザ予防になる

冬場に暖房器具を使用すると気になるのがお肌の乾燥。原因はエアコン等の温風により肌の水分を奪いダメージを与えてしまいます。床暖房なら無風のため、肌の乾燥を防ぎます。また、乾燥をおさえ湿度も低下しにくいのが床暖房の特徴で、のどの潤いを保ち、免疫力の弱い赤ちゃんやお子様のにとって、風邪やインフルエンザの予防になります。

部屋の空間を広め安全対策にもなる

床暖房にすることでストーブやファンヒーターの設置が不要で家具を減らせるため部屋のスペースを広く活用できます。一方、それは安全対策にもなります。

上記で説明いたしました、ハウスダストの飛散を防止するほか、ストーブの火気・ファンヒーターの温風によるやけど、コードのつまづきなど赤ちゃんの安全対策に適しています。

ヒートポンプ式温水式電気床暖房ならランニングコストを抑える

エコキュート(空気中の熱を利用した電気ヒートポンプのシステム)を利用した温水式電気床暖房なら電気使用効率がよく、ランニングコストを抑え節電効果が高まります。

赤ちゃんの低温やけどの処置と対処方法

赤ちゃんのやけどは床暖房に限らず、ホットカーペット・お湯・シャワー・アイロン・お茶や味噌汁など家の中には危険要因があふれています。ここでは低温やけどを起こしてしまった時の応急処置、水ぶくれになった時の対処をご紹介いたします。

すぐに患部を20分以上は冷やす

赤ちゃんが低温やけどを起こしてしまった時はすぐに氷水につけるか、流水で冷やしてください。必ず最低でも20分間は冷やし続けることが大事です。

水ぶくれはつぶさない

ヤケドにより水ぶくれ(水疱)ができてしまった場合、赤ちゃんの場合つぶしてしまうと傷跡が残って後遺症になる恐れがあります。また、水疱になってしまった時は皮膚の深部にまで火傷が進行している恐れがあるので直ちに皮膚科に受診が必要です。

消毒液・軟膏は使用しない

赤ちゃんにとって水ぶくれ等のヤケドの処置に消毒液や抗菌軟膏(オロナイン等)の使用は傷組織を悪化させる恐れがあります。

自己判断は禁物です。濡らしたタオルかガーゼでやさしく押さえた状態にして、治療に熟知した皮膚科医か緊急の場合は救急病院に連れて行くようお願い致します。

おすすめ!天然の床暖房「コルクマット」と「やさしいジョイントマット」の保温効果

天然素材の温もりが赤ちゃんにやさしいコルクマット

自然素材のコルクマットは断熱効果がありフローリング床の底冷えを遮断するため、部屋の中の保温効果を高め、床暖房等の暖房器具の使用を減らし、節電効果も得られ、赤ちゃんを寝かせるときも低温やけどの恐れもなく安心です。

また、高品質のスポンジ素材であるEVA樹脂をマットの裏側に採用してあるので優れた柔らかいクッション効果で転倒しても頭をぶつけてもこぶをつくってしまったりなどのケガを防止し、安心して歩行、ハイハイできて親御さんも安心です。ベビー用のプレイマットとして多くの方に評判で育児中のすぐれたアイテムとして大好評です。( ▶ 赤ちゃんにはコルクマットがおすすめ

コルクマット

▶ コルクマットサイズ別比較一覧

コルクマットと床暖房との併用について

コルクマットは床暖房を設置してある床の上に敷いて頂いても大丈夫です。

コルクマットは、第三者機関で約60度まで異常が見られなかったという結果が出ています。床暖房、ホットカーペットの表面温度は温度MAXでも約45度程度なので、理論上コルクマットとの併用は可能です。

子供部屋、赤ちゃんのプレイマットには「やさしいジョイントマット」がおすすめ!

赤ちゃんマットとしてコルクマットと同様のジョイント式でEVA樹脂を採用した「やさしいジョイントマット」は、保温効果はもちろん、クッション性、防音・防水効果もあり、選べるカラーやデザインが豊富でインテリアとしてもおすすめです。

やさしいジョイントマット

赤ちゃんの床暖房による脱水症状について

赤ちゃんは成人の2倍の汗をかく

赤ちゃん 床暖房人体の汗は全身にあるエクリン汗腺 という分泌腺から出ます赤ちゃんのエクリン汗腺の数は大人と同じ数だけあるといいます。そのため汗腺の密度も高くなり、大量の汗をかくことになります。

新生児の体は、約70%が水分でできていて、発汗性の感受性も強く、大人の約2倍の量の汗をかきます。そのため、長時間赤ちゃんを床暖房の上で寝かせておくと、多汗により脱水症状を引き起こす恐れがあるのです。

病原菌に対する防衛反応が原因

赤ん坊が脱水症状になる原因は、これに限らず、風邪を引いた時や夏の猛暑の時、以外にも冬場特に2月ごろに多く発症する割合が多いとされています。これはインフルエンザの影響もあると考えられます。体内のウイルスを体外へ出そうとする防衛反応で、場合によっては嘔吐や下痢を繰り返すことが原因で脱水状態になり事があります。経口補水液などを用いて素早く補水するように心がけてください。

赤ちゃんの脱水症状の予防について

汗はこまめに拭き取り衣類は着替えさせてあげる

赤ちゃんが汗をかいたらまずはキチンと汗を拭いてあげましょう。あまりゴシゴシとふくとかわいそうなので、温めたタオルやガーゼで押さえるようにして拭いて上げるといいでしょう。

ベビーパウダーを使用される方もいらっしゃいますが、毛穴を防ぎためにあまりおすすめができません。こまめに着替えさせてあげることも大事です。濡れてしまった衣服をそのまま着ていると体温が余計に奪われてしまい風邪をひいてしまう恐れがあります。

経口補水液でこまめに水分補給をする

赤ちゃんの水分補給は最低でも、1日体重1kg当たり150mlと言われていますが、汗をかいた時には飲みたいだけ飲ませてあげるといいでしょう。母乳、ミルク、白湯等で、こまめ水分補給を心がけてください。この時、水ばかりですと、それだけでおなかがいっぱいになり、栄養不足になる可能性もあるので、母乳やミルクの補給量が減ってしまわないように注意してください。なお、経口補水液をもちいますと、適量のブドウ糖が水分の吸収を促す作用があります。経口補水液は薬局等でお買い求めいただけます。

床暖房を安全に使用していただくために

ご家庭で床暖房を、快適に使用していただくために、注意すべき事をいくつかご紹介しておきます。

●厚手の敷物や他の暖房器具との併用は避けた方がいい

赤ちゃん 床暖房クッションや座布団、ラグマットなど厚手のものは表面温度の放出が妨げられてしまうため、運転中、長時間での使用はさけるようにしましょう。また、電気ストーブやファンヒーターなどの併用は故障の原因となりかねないので、ご使用は避けましょう。

●重みのある家具は置かないようにする

床暖房の熱により反り返ったり、ひずみが生じる可能性があります。テーブルやイスを置く場合は必ず2cm以上の空間のあるものを使用する尚、ピアノは音が狂う原因となる場合もありますので、注意が必要です。

●床上に長時間のお休みにならないようにする

本文でもご紹介しました通り、低温やけど、脱水症状になる可能性がございます。特に、赤ちゃん、お年寄り、皮膚の弱い方は注意してください。

●水などをこぼした場合は、早めに拭き取る

床暖房の上に水などをこぼした時は、早めに拭き取るようにしてください。電気式(ヒーター式)を設置されている場合そのまま放置しておりますと、感電する場合がありますので、注意してください。(※温水式は電気による感電や漏電の恐れがなくキッチン等の設置におすすめです)

※各メーカーによって、ご使用上の注意は異なることもありますので、取扱説明書等の注意事項をよく読んで、より安全にご使用ください。

  • 注文殺到!!
  • 赤ちゃんも安心
  • 天然の床暖房『コルクマット』
TOP