足元の冷え対策(つま先の冷えの原因、オフィス・事務所の寒さ対策)

コルクマット トップ画像

足元の冷え対策(つま先の冷えの原因、オフィス・事務所の寒さ対策)

コルクマット > 足元の冷え対策(つま先の冷えの原因、オフィス・事務所の寒さ対策)

足元・つま先の冷えの原因

寒さを感じると血管が縮まる

体温調整のメカニズム冬場の気温の低さで皮膚が冷たい・寒いを感じるのは、皮膚の感じた寒さが脳へと伝えられ、脳は体温を一定に保つために、交感神経が優位になる事で、血管を細く縮め血流を少なくします。そうすることで皮膚の表面温度を低くし、体温の放熱をおさえているからです。また、寒いと自然にからだがふるえますが、これは筋肉をふるわせて体温を上げようとする反応です

反対に暑さで体温が上がってくると、血管を広げて血液の量をおおく流し、皮膚の表面温度を上げて熱を出したり、汗をかいたりで体温を放熱しやすくして調整しています。

内蔵を優先的に温めるようになっている

私たち人間の体温コントロールは毛細血管への血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、調節されています。特に寒さを感じるときは命にかかわる臓器つまり内臓への血液の流れる量を優先させることが大事なので、どうしても内臓が集中する体の中心部から遠い足もとのつま先や手先への血流が後回しになってしまうため、血流が少なくなり冷えてしまうのです。

また、運動不足等で筋力・基礎代謝の低下等で血液やリンパの流れが滞り、代謝が悪くなると、全身に流れる血流は身を守るために内臓を優先し、足もとやつま先、手の指先が冷えてしまいます。

冷え症による足元・つま先の冷え

足元・つま先の冷えは、外気のよって冷やされるだけでなく、いくら靴下の重ね履きをしたり、少し体を動かしたりしてもなかなか温まりにくく、体の中から寒さを感じ、慢性的に冷えている場合は、冷え症・低体温になっている場合があります。

冷え症の原因は様々で、体温調節機能がうまく機能していない状態であり、夏場でも足元・つま先の冷えるといった症状がでます。

冷え症の主な原因

自律神経の乱れにより暑さ寒さを感じる皮膚の神経が鈍くなる

ストレスがたまったり睡眠不足や食生活の乱れ等による不規則な生活が続くと、体温調節の命令を司る自律神経がうまく働かず機能しなくなってきます。また、いつも冷暖房の効いた部屋にいると、気温の変化に鈍感になり、自律神経が鈍るとも言われています。常に室内の空調が効い棚かで過ごしていると、室内外の温度差が激しくなり体温調整できなくてってしまい、夏でも冷え症になるのです。

足元やつま先の締め付けによる皮膚感覚の麻痺による冷え

寒いからといって靴下を極端に何枚も重ね履きしたり、きつい下着や靴などで身体を締めつけたりするとかえって血液の循環が滞り、皮膚感覚が麻痺することがあります。そのため体温調節の指令が伝わりにくくなってしまいます。

筋肉量が少なくふくらはぎのポンプ作用が低下する

本来足元やつま先にたまった血液やリンパ液はふくらはぎの筋肉によりポンプ作用が働き、心臓部へと送り戻されます。しかし、足の筋肉特にふくらはぎの筋肉量が少ないと、足もとに血液が滞ったままとなり、血流悪化となるため、むくみや冷えの原因となってしまいます。これは筋肉量が一定量ある方でも運動不足だったり、オフィスや事務所のデスクワーク等で座りっぱなしなどにより、静脈血が滞る事でも足元の冷えは起こりやすくなります。

女性ホルモンの分泌が乱れる事で血流悪化を促進する

冷え性はホルモンのバランスが崩れることで起きる場合がかなりあり、特に女性に多いといえます。女性の体は妊娠や出産、更年期という女性特有の体の変化により、ホルモンのバランスが変化するために自律神経の乱れが起こりやすく、ほてってのぼせるといった「冷えのぼせ」の症状が特徴です。

「冷え・のぼせ」の症状は足元の冷えからで起こる

足元が冷えると体の中で何がおきてくるのでしょうか。そこには、温かい新鮮な血液が十分にいきわたらなくなります。そうすると栄養不足にさらされる下半身に存在する内臓や器官は十分に働くことができず、不調や様々な症状があらわれてくる。頻尿などの泌尿器関連の症状、生理のトラブルなど女性特有の悩み、腰や膝の痛みなどといった下半身の症状につながっていきます。

また、本来下半身にあるべき「体熱」が行き場をなくして上半身に突き上げいきます。更年期の方の症状に多い「冷えているのに、のぼせている」といった一見、不思議な症状が現れることになります。その「冷え・のぼせ」が高血圧や脳卒中といった病気につながる場合もあるのです。

足もとが冷える生活習慣が原因

現代人の体温が低下しているとともに、特に「足元を冷えさせる生活」が原因になっていないか。次のような点で思い当たることはないかチェックしてみましょう。

  • ◆1日中、オフィスワークや事務処理でパソコンに向かい、気が付くと何時間も頭と手先しか使っていない
  • ◆クーラーのきいた事務所に長くいて、夏場でも足元が冷える
  • ◆夜、布団に入っても、つま先が冷たくてすぐに寝付けない
  • ◆ちょっとした買い物や用事にも車をつかい、歩くことが少ない
  • ◆エスカレーターやエレベーターがあり、階段の上り下りが減った
  • ◆体を温める「根菜料理」などを食べる機会が減った
  • ◆入浴は簡単にシャワーですませ、腰から下をゆっくりと湯船につけていない
  • ◆フローリング床のような板場での生活がほとんどである

このような毎日を続けているならば、たとえ現在は自覚していなくても、どんどん足元の冷えは加速する一方です。

水分の摂りすぎも足もとを冷えを起こす原因

下半身が冷え、その結果「冷え・のぼせ」=「頭熱・足寒」の不健康状態におちいるのは、年齢とともに下半身の筋肉量が減少してくることに、多くの要因があることがあります。日本人の死因である1位にガンに次ぐ2位(心筋梗塞)と3位(脳梗塞)が、ともに血管が詰まる血栓症である。そのため、「血液をサラサラにしなければならない」という大義のもと、「1日2リットル以上の水分を摂りましょう」とか、「なるべくこまめに水分を摂る事」などと、ほとんど強制的に水分補給を進める健康指導がなされていることが多い。

しかし、それで本当に「血液サラサラ」になり、健康につながるのだろうか?私たちは雨に体が濡れると冷えるし、風呂上りに十分に肌の水滴を拭き取らないと、湯冷めしてしまう。また、「冷却水」という言葉もあるように、余分な水分は体を冷やす作用がある。現実に体温が1度低下すると代謝は約12%も落ちるし、免疫力も30%低下してしまうといわれています。

したがって、あくまでも水分は、余分に取らず、運動や入浴などで汗をかいた後に飲む、のどが渇いた時に飲む、というように、まず「出した後に補給する」事を心がける必要があります。それでも「水分を摂らないと血液がドロドロになる」と心配な人は、体を温め、しかも利尿作用のある紅茶やハーブティなどで水分を補給することが望ましいでしょう。

足元の冷え対策

長時間冷やさない対策が必須

足元の冷え対策で最も大切なのがとにかくつま先を長時間冷やし続けない対策が必要になります。冷えることで血行が悪くなってしまうからです。寒冷期に外出する時、オフィスや事務所での作業中足もとが冷えないように厚手の靴下を履く、2枚重ねにするなどの対策が基本です。ただし、極端に何枚も重ね履きしてしまうと、足元を締め付ける事となり、血行悪くしてしまいます。その場合はカイロ等で温めるようにしましょう。

湿った状態にしないで乾燥させる

足元がやつま先の冷え対策のため、厚手の靴下やカイロを使用していますと、次第に中が汗ばみ湿ってきます。この状態にしておくと、湿気により血管を冷やし、足元を冷やすことになり「しもやけ」の原因ともなります。1日に何度か汗ばんだ足もとやつま先こまめに拭き取る事が大切です。また、靴下の替えを用意しておき履き替えるなどの対策が重要となります。

おすすめの対策として、5本指靴下(フィンガーソックス)を履くという対策方法もありです。5本指ソックスは足先が自由に動くことで指先や自由に動かせます。足の指を動かすことは、血行が促進されつま先が温まりやすくなります。また、汗で蒸れてつま先が冷えるリスクも軽減できます。

足首・ふくらはぎを冷やさないように温めると効果的

足元やつま先の冷え対策に見落としがちなのが、足首とふくらはぎの冷えです。足首を露出または薄着状態にしてしまうと、皮膚が薄いため血管が外気にさらされやすく、気温が低い場合すぐに冷やしてしまう事となり、冷えきった血液が足元やつま先に流れる事になってしまいます。

逆に外から温めることで足先に流れる血管を温めやすいともいえるわけです。足元の冷え対策には足首・ふくらはぎを温めることを忘れないようにしましょう。

▶ ふくらはぎを温めると全身があたたかくなる

積極的に歩くことを心がける

足元の冷え対策はとにかく足を動かし血行をよくする事が大切で、特にふくらはぎの筋肉を使う事で血液やリンパ液のポンプ作用を促進させることが必要です。一番簡単なのは、ウォーキング。つまり積極的に歩くことが大切。車や電車などの便利さに浸ってしまうとつい1日の歩行量が減りがちです。

また、オフィスワークなど座ったままの方は特に歩く機会がほとんどなく、ビジネスパーソンの方となると忙しさのあまり、移動手段で歩いている暇がなく時間的に余裕がないかもしれません。その場合でも、下半身を動かすストレッチやスクワット運動などの筋肉トレーニングなどは効果的です。適度な運動は筋肉量アップとともに、自律神経の機能を高める効果があります。隙間時間を見つけて足を動かす習慣を取り入れるようにしましょう。

また、ふくらはぎをマッサージすることも効果的です。マッサージすることで血行をよくし温まる事で足元の冷え対策リラ楠したお風呂上り等に毎日取り入れるといいでしょう。

足元の冷えによる「しもやけ」の原因

低温による血行障害

しもやけとは、寒い時期など、冷えや寒さによって体の末端の血行が悪くなることで発症します。症状はかゆみがあり、熱を持ち腫れあがり、痛みを感じたり赤紫に変色したりします。

原因は、気温の落差と皮膚表面の温度と言われています。昼と夜の気温差が激しい寒い冬に起こりやすいです。また、冷え症の方はしもやけになりやすい人が多く、体質や遺伝も少なからず影響していると言われています。

女性や子供にしもやけが多いのは?

しもやけになってしまう原因に湿度の高さも影響していています。手足を濡れたまま放置していると、乾くにつれて皮膚の表面温度が下がりしもやけになりやすくなり、場合によってはあかぎれやひび割れになる事もあります。洗濯や食器洗いなど水を扱う事が多い女性や手足が濡れたまま遊び続ける子供に多いものそのためです。湿気は体温を奪い、皮膚の表面温度が下がり、血流も悪くなるので足元の冷えの原因となります。

赤ちゃんのしもやけについて

赤ちゃんは大人に比べて倍以上の汗をかきます。そのせいで、寒いからといって手袋や靴下を何枚も重ねて履かせてしまい、そのままでいると、中で汗ばみ湿気を伴う事で、冷たくしもやけになる原因となります。また、重ね着による締め付けも血行不良になってしまいがちになります。

足のしもやけ予防対策

急激に温めない

しもやけや足元の冷えを予防対策は血行をよくする事が大切ですが、しもやけは温度差による皮膚表面の血行不良です。なので、冷え切った足元やつま先を急激に温めると温度差がでてしまい、血行が悪くなっている血管に温かい血液が流れ出すと、血管に沿った神経が刺激され痛みとかゆみを伴う原因となってしまいます。

靴下は替えを用意して湿ったままにしないで乾燥させる

しもやけは湿った状態にしておくことも原因なので、厚手の靴下を履いたままでは、中で汗ばみしもやけになる可能性が高くなります。足元の冷えやしもやけは乾燥させておく対策が重要です。

必ず靴下の替えを用意して、1日に何回か履き替えるようにしましょう。特にオフィスワークで仕事される方は職場に靴下の替えを持参しておくこといいでしょう。

入浴・足湯の足元の冷え・しもやけ対策の注意点

足元の冷え対策に足湯される方は多く、血行が良くなることでしもやけ冷え対策にはおすすめです。毎日必ずお風呂に入って身体を温めることも大切な事です。ただし、しもやけになってしまった方は、急激に熱湯につけないでぬるめのお湯からつけ始めるようにして温度差が生じないようにしなくてはいけません。

また、足湯を行なった後、入浴後足もとを濡れたままにしないで、きちんと拭き取る事を忘れないようにしなくてはいけません。

足元を締め付けるパンプスや靴下に注意

ふくらはぎなど締め付けてしまう靴下やパンプス等は血行を悪くしてしまいます。足元の冷え対策にはなるべく履かないようにしたほうが無難でしょう。また、きつい靴も同様です。ブーツなどは中で湿った状態で蒸れやすいため注意が必要です。

冷やす食べ物や飲み物は避け、ビタミンEをシッカリ補給

足元の冷え対策やしもやけ予防するには、からだを内側から温め、血行をよくし、自律神経をきちんと機能させておくことが大切です。からだを冷やすようなスナック菓子やジュース類、栄養バランスの偏りがちなファーストフードやインスタント食品などの食べ物はなるべく控え、体の代謝を促進するビタミンE、C、B1、パントテン酸、良質のタンパク質などを積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

特にビタミンEは抹消の血管を拡張させて血行をよくし、女性ホルモンの分泌を調整します。足元の冷え対策には必須の栄養素です。

体の不調の多くは「足もとの冷え」から起こっている

体の不調や症状の多くは、「体が冷えている」ため、とくに「足元の冷え」から起こっていることがほとんどです。漢方ではお腹は「お中」といい、まさしく体の中心を示しています。その中心である「へその下」の肌と「へその下」の肌を順番に触ってみてほしい。特に女性に多いが、特にまるでへその横に一本の線があるかのように、「その線」の上と下とでは明らかに温かさが違っている。これは、上半身=頭側が熱く、下半身=足側が寒いという「頭熱・足寒」状態になてしまっているからです。古くから「頭寒足熱」こそ健康の秘訣といわれていますが、その反対の状態です。この基本の健康状態が崩れてきています。

保温効果抜群!足元ポカポカ天然コルクマット!!

フローリング床はインテリアとしても樹木の風合いがあり現代では非常に人気がありますが、足元が冷えやすいといった欠点があります。特に冬場になると1階のフローリングにおおい、「底冷え(床冷え)」でエアコンを使用しても足元が冷えた状態になります。

コルクマットは断熱性に優れているため、床下からの冷気を遮断することでこの底冷え対策に有効です。弾力性・クッション性があり居心地がよく、素足でも過ごす方もおられるほどです。

また、コルクマットは冬場だけでなく、夏場でもフローリングのように汗ばんだ足裏がジメジメと張り付いた不快感がなくサラッとした踏み心地があります。

コルクマット 45cm8畳分コルクマット 30cm6畳分

「やさしいコルクマット」の姉妹品「EVAカラージョイントマット」が人気上昇中!

コルクマットで使用される優れたクッション性を持つEVA樹脂を使用したジョイント式もスポンジマット「ジョイントマット」が売り切れ必至!!選べるカラーが様々で、新作の畳・木目柄・ホワイトカラーの人気上昇中!!

やさしいジョイントマット木目柄ジョイントマット
TOP