赤ちゃんのあせも対処対策法(乳児湿疹の原因とケア)/薬・ステロイドの副作用・保湿・医者での治療

乳児湿疹の原因と対策。赤ちゃんは皮膚の未発達や肌のバリア機能が弱く、生後約2週間頃から汗疹(あせも)・おむつかぶれ・アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・新生児ニキビ・乳児脂溶性湿疹などの肌トラブルの症状がみられます。当サイトではあせもの赤いブツブツとかゆみ・とびひ原の因とケア、病院での治療、ステロイド薬の副作用。リンデロンVG・ヒルドイド・アズノール・オロナインなど治療薬・亜鉛華軟膏の効果。ワセリン・ベビーバーユマドンナ(馬油)のすすめ。お風呂での洗い方とアロマオイルを使ったスキンケア対策、おすすめアトピタでの保湿ケアなど乳児湿疹(あせも)の直し方と予防対策方法。また、口の中や足の裏・手のひらの発疹がみられる手足口病との違いなどをご紹介します。

コルクマット トップ画像

赤ちゃんのあせも対処対策法(乳児湿疹の原因とケア)/薬・ステロイドの副作用リンデロンVG・ヒルドイド・アズノール・オロナイン・ワセリン・馬油の効果アトピタでの保湿・医者での治療

コルクマット > 赤ちゃんのあせも対策/乳児湿疹の原因とケア・ステロイド薬の副作用

赤ちゃん あせも 写真乳児脂溶性湿疹やアトピー性皮膚炎・アレルギー症状・あせもやおむつかぶれなどの乳児湿疹を患う原因は赤ちゃんの肌はデリケートでバリア機能が弱いため、気温や湿度の変化、衣類やおむつの摩擦など、ささいな刺激に敏感に反応し、トラブルを起こしやすいものです。毎日の予防とケア対策、また皮膚は異常があると、発熱や感染症にかかっているサインでもあり、早めの受診が必要になります。

特に汗かきの赤ちゃんは夏はが原因で冬場でもあせもの肌トラブルを起こしやすく、大人と違い予防・対策対処法が分かりにくいものです。デリケートな赤ちゃんのお肌はどのような対策方法で汗疹やアトピー・ニキビ等の肌ケアをすればいいのでしょうか?

また、治し方・薬での治療法、スキンケアなどお母さんにとっても日々の悩みが尽きません。ここでは、赤ちゃんの乳児湿疹の原因と対処対策方法、かゆみや赤いブツブツ、とびひ、あせものよりなどの治し方についてご説明いたします。

赤ちゃんにあせも(乳児湿疹)ができやすいのはなぜ?

あせもは、顔や首・あごの下・背中なの汗の多い部分によくでき、圧倒的に新生児や乳幼児に多いものです。暖房が効いた部屋では、冬でもできることがあり季節に関係なく対策が必要になります。ます。しかし、なぜ赤ちゃんの肌はあせもができやすいのでしょうか?

汗腺の数が大人と同じ

成人の汗腺の総数は、約200~450万個あるとされ、そのうち汗を分泌する活発な能動汗腺は約230万個とされています。この汗腺の総数は、実は生まれたときから、その数は成人と同じだという事です。

体の体面積が少ない赤ちゃんの汗孔(汗が出る穴)は密集し、少しの汗でも体全体が汗まみれのようになります。しかも大人と比べて新陳代謝が盛んなため、より汗の量が多くなってしまい、実に大人の倍近くは汗をかくとされています。

そのため、真夏の猛暑となると、外出時や高温多湿の室内では脱水症状を招く恐れもあります。体温調整機能が未発達な乳幼児は高まった体温を放熱しきれずに「熱中症」になる事もあるので注意が必要です。

▶  赤ちゃんの熱中症予防対策法|母乳以外の水分補給・室内のエアコン

あせもになるまで対処対策が遅くなってしまう

汗をかいても当然赤ちゃんは自分で拭き取ったり、お母さんに言葉で訴えたりはできません。赤ちゃん あせも例えば、大人が快適と思える部屋の温度は赤ちゃんにとっては、少し暑いくらいに感じるもので、暑がっていることに気付かないことがあります。着せる服も同じで、大人と同じように着させていても大概赤ちゃんにとっては少し暑く感じるものです。特に寒い冬場、寒さを心配してつい厚着の服装にさせてしまいがちですが、汗が出るほどでしたら着せすぎになります。

皮膚がまだ未発達なため、外部からの熱が伝わりやすく、また、体内の熱(深部温)が体の皮膚温にすぐに影響しやすいのが特徴です。赤ちゃんは体重に対して体の体面積は大人の3倍近くあり、周りの気温にとても影響しやすいものなのです。

それに、意思の疎通は泣く手段しかなく、そのことになかなか察知できずにあせもになる前に対処と対策が遅れてしまうのです。子供の皮膚は免疫力も整っていないので、かぶれやすく、まだ皮膚が弱いため、大量の汗、対処の遅れ・対策不足が原因ですぐにあせもになりやすいのがほとんどです。

あせもの種類と直し方・対策方法、手足口病との違い

あせもの種類(タイプ別)と対処法

あせもは医学的には汗疹(かいしん)といいます。そして、「水晶様汗疹」という透明な水疱をつくるタイプと、「紅色汗疹」という赤い炎症を起こすタイプに分けられます。日本ではあまり見られませが、紅色汗疹の症状が進行し重症化すると「深在性汗疹」といって皮膚の内側に青白い平らな湿疹の症状が出るタイプもあります。

水晶様汗疹

水晶様汗疹 画像
水晶様汗疹 画像

水晶様汗疹とは、赤みがなく透明または白っぽい1mm~3mmほどの小さな水ぶくれの症状がみられ軽症のあせもです。発熱時や多汗時になる事が多く、通常かゆみなどはあまりなく、直し方は特に治療薬を用いずに2~3日で治ってしまいます。

対策治療方法としては汗をおしぼりでまめに抑えるようにして様子を見れば十分です。また、水ぶくれ(水疱)は無理につぶさないようにして、自然に剥がれ落ちるのも待ちましょう。早く治そうとしてつぶしてしまうとそこからバイ菌等が入ってしまうこともあります。

紅色汗疹

紅色汗疹 画像
紅色汗疹 画像

紅色汗疹の方は、赤みのあるブツブツとした炎症を起こしてかゆくなり、ひどい場合はひりひりとした痛みを伴います。皮膚表面の汗孔(かんこう)と呼ばれる汗をだす穴がホコリや皮脂、垢などでふさがれてしまい、エクリン汗腺内に汗が詰まってしまう事で炎症をおこします。あせもの症状で最も多いのがこの紅色汗疹といえます。

かゆみを伴うためかきむしってしまいがちですが、かきこわすとそこから細菌(黄色ブドウ球菌)が感染して「あせもより」と呼ばれる“おでき”ができてしまいます。

対策治療方法は即効性のあるステロイド軟膏等の塗り薬を使用して悪化を防止する治し方の方がいい場合もあります。症状がひどい場合は直ちに小児科か皮膚科に受診してもらいましょう。発熱やリンパ節が腫れることもあり、その場合は切開して膿をだし、抗菌薬や飲み薬等で治療します。

深在性汗疹

深在性汗疹 画像
深在性汗疹 画像

深在性汗疹とは重症化したあせもの症状です。紅色汗疹が進行して皮膚の奥深く真皮(しんぴ)の上層でエクリン汗腺がふさがれて炎症を起こします。青白く平らな形状の湿疹がみられます。しかし、高温多湿の熱帯地方に多く日本の気候条件から深在性汗疹のような重症のあせもはほとんど事例がありません。

あせもと手足口病との違い

赤ちゃんのあせもなどの乳児湿疹に似た症状にウイルス性感染症「手足口病」が挙げられます。あせもは背中やおでこ、あごの下などに赤いブツブツとなるのが特徴ですが、「手足口病」の症状との違いは背中などの体幹等には発疹せず、主に口の中や手足・足の裏に水疱のような発疹症状が出るのが特徴です。あせもは足の裏にはできません。

手足口病

また、赤ちゃんや子供の場合、手足、足の裏の発疹にはかゆみがほとんどないのが特徴です。発熱がある、下痢や嘔吐がある場合は「汗疹」ではなく、「手足口病」である可能性があるので注意が必要です。

手足口病の原因と特徴

手足口病はウイルス感染症の一種で、高温多湿を好む梅雨時期から夏場にかけて発症することが多く、赤ちゃんや乳幼児、子供に多く、保育園や幼稚園、学校等が発症元となるケースが多いとされています。また、免疫力が低下した状態では大人でも発症することもあります。

症状の特徴は初期症状では風邪に似た症状で2~3日発熱が続き、かゆみが出てきます。その後口の中や手のひら、足の裏、膝の裏等に水疱のような発疹症状が出てきます。潜伏期間は約5日程度で早い場合は3日で発症します。糞便からウイルスが排泄され他の人に感染する可能性があります。特に赤ちゃんのおむつ替え時は注意が必要です。

頭痛や下痢、嘔吐があり、口の中にブツブツができて荒れているため、食べ物や飲料等の飲み食いがしづらくなってしまします。そのため、真夏の多汗で体内の水分量が減少してるにも関わらず水分摂取が不足することで脱水症状となり、熱中症の原因となる恐れもあります。また、ごくまれではありますが、髄膜炎や脳症・心筋炎といった合併症になる恐れもあるとされているため、早急に病院での治療が必要となります。

「あせも」と「手足口病」は似て非なるものです。しっかりと赤ちゃんや子供の様子を見て対処するようにしなくてはいけません。また、手足口病は治療後も再発の可能性があります。病院での医師の指示に従ってしばらくは気遣うようにしましょう。

あせも治療でのステロイド薬の使用について

ステロイド外用薬での乳児湿疹治療と使用

紅色汗疹炎症、かゆみが強い場合の治療、アトピー性皮膚炎などの乳児湿疹治療薬にステロイド外用薬での治療をします。即効性があり早期治療を期待できますが、ステロイド軟膏は種類や強さの違いで副作用(皮膚萎縮・毛細血管拡張・真菌感染・ニキビ・ヘルペス感染など)や依存性皮膚炎、やめたときのリバウンド、赤ちゃんが「なめる」などで懸念されるのは無理もありません。

正しい種類と塗り方、使用期間をきちんと守れば副作用もなく即効性があるのであせもの進行を防ぎ広がり悪化するのを防止します。必ずご自身の判断だけで使用せずに皮膚科医に相談することが大切です。また、薬局で市販薬を購入される場合も必ず薬剤師に相談するようしましょう。

あせもの部位に応じた強さのランクを使用する

ステロイドには弱いものから強いものまで5段階のランクがあります。皮膚科や病院で渡されるステロイド外用薬は副作用が起きにくいように塗る部位によって強さの違うものが処方されています。

例えば顔や首の皮膚は吸収が早いため強いものだと副作用が起きやすいため、ワセリンや馬油等で薄めた「弱いランク」のステロイド外用薬を使用します。

ステロイド外用薬の使用について

保湿剤との併用について

塗る前には必ず皮膚を清潔にしておきましょう。汚れた状態では効き目が出にくくなります。赤ちゃんに関係なくお風呂上りの塗り薬がよく効くといわれるのは、皮膚の汚れが落ち毛穴が広がった状態だからです。

ハンドクリームなどの保湿剤を使用される時は先に保湿剤を塗ってからステロイド軟膏を塗るようにしましょう。保湿剤で効き目がなくなるといった事はありません。先にステロイドを塗ってしまうと、余分なところまで塗り広げてしまいかねません。おできやニキビがある場合にはステロイドを塗るのは厳禁です。

塗る期間はなるべく短めに

ステロイド外用薬は即効性があるので、使用期間は長期にわたって使わずなるべく短期間で使用するものであると認識してください。副作用を防止するために使う量やいつまで使っていいのかを必ず医師に効いておく必要があります。もらったチューブを使い切るようにいわれることもあります。

赤ちゃんのあせも治療に「リンデロンVG」の効果は?

ステロイド薬であせも治療といえばリンデロンが有名で実際使用されている方もいると思います。強度はIII群にあたり強めです。

リンデロンVGには炎症を抑えるベタメタシン吉草酸エステルと皮膚の免疫低下を防ぎ、抗菌作用のあるゲンタマイシン硫酸塩を主成分としています。軟膏・ローション・クリームがあり、かゆみや腫れを抑制し、あせも治療には最適と言えます。

しかし、家に常備してあったとしても、赤ちゃんに使用する場合は必ず医師の指示なしに塗る事は避けましょう。ベタメタゾン吉草酸エステルは長期間での使用、大量使用または、密封療法(ODT療法)を行った場合、発育障害をきたす副作用の可能性があるとされています。あくまで“一時しのぎ”と認識し、使用量・期間を守ることが大切です。

※密封療法(ODT療法):包帯等で塗布した部分を密封し、空気を遮断することでステロイド薬の吸収を早める方法

赤ちゃんあせも治療 リンデロンVG

非ステロイド薬での治療法とあせも対策について

赤ちゃんのあせもなど乳児湿疹の治療薬に副作用の心配がない非ステロイド薬で感知することもあります。しかし、かゆみや炎症を抑える目的のみで使用されることもあります。しかし、症状によってはステロイド薬を使用した方が悪化を防止できることもあります。治療初めは短期間だけステロイドを使い、赤ちゃんのあせもの症状がおさまったところで非ステロイド薬に変えるといったケースもあります。皮膚科医とよく相談するようにしましょう。

副作用がない非ステロイド薬「アズノール軟膏」とは

赤ちゃんのあせも治療に副作用がなく、ステロイドを使用したくない方には、即効性はありませんが、じっくり時間をかけて炎症を抑えてくれる非ステロイド薬「アズノール軟膏」が有効とされています。植物性のアズノール軟膏はワセリンや馬油と同様の保湿効果で赤ちゃんの乳児湿疹治療とケアに安心して使えます。薬局では購入できず、病院・皮膚科のみで処方されます。

アズノール軟膏 イメージアズノール軟膏 効用

あせもに限らず乳児湿疹の症状が出ると、赤ちゃんや子供は皮膚に何かできるとどうしてもかゆみを伴い、みさかいなくかいたりかさぶたをむしったりしますので、そこから、「ガンジダ症」や「とびひ(伝染性膿痂疹)」になるなどのトラブルを起こしやすいのです。よって、ひっかくのを放っておくよりは、早めにステロイド出直してしまった方が後々のためによいのです。

なお、シッカロールなどの汗止めは、かぶれることがあるので注意が必要です。あせもの予防として使うのはかまいませんが、すでにただれた皮膚に使うと激しいかぶれを引き起こすことがあるので注意してください。

赤ちゃんのあせも治療に「オロナイン」は使っていいの?

非ステロイド薬に大塚製薬の「オロナイン」軟膏があります。殺菌効果が高く、にきび ・吹出物・はたけ・やけど・ひび・しもやけ・あかぎれ・きず等の効用があり、さまざまな皮膚疾患治療の万能薬として使用されています。

しかし、肌が敏感な赤ちゃんや子供のあせも(乳児湿疹)の治療には殺菌力が強すぎてかえってかぶれてしまったりする可能性もあります。オロナインをあせも治療として使うのは避けた方が無難です。幼児や子供の薬選びは自己判断は禁物です。必ず皮膚科に相談し、指導を受けるようにしましょう。

赤ちゃんあせも治療 オロナイン軟膏

保湿はあせも予防・再発防止に重要!!

あせもに保湿は必要?大丈夫なの?

あせもはたくさんかいた汗が蒸発しにくくなるので乾燥させた方がいいのでは?と思われるかもしれません。答えは「ノー」です。実際あせもといった皮膚炎が起こるのは、乾燥肌が原因でもあるのです。

乾燥肌はあせもを防止する「バリアー機能」が低下する

肌が乾燥した状態は、表面の角質層の配列が乱れることで角栓(毛穴の詰まり)となってしまい、汗腺を塞いでしまう事で汗疹となります。また、角質層の乱れは隙間だらけになり、汗の影響を防止する「バリアー機能」が低下することで乾燥した肌に再び染み込み炎症を起こしやすくなってしまいます。つまり、肌の保湿を保つことは、「汗の蒸発させやすく、汗による皮膚の影響を守る」という事です。

また、バリア機能が低下しますと、などの刺激を受けやすくなり、ハウスダストやホコリ・塵・花粉・細菌などのアレルゲン(アレルギー性物質)は入りやすくなってしまい、アレルギーの発生原因となり、乳児脂溶性湿疹の頭皮のかさぶたやほっぺのカサカサや、アトピー性皮膚炎でのかゆみを引き起こす原因となってしまします。

あせもになってしまった肌であっても、再発を防止するためにも、角質層の保湿は必要です。もちろんあせも治療が完治しても肌の保湿は保つようにしなくてはいけません。乳幼児の肌は、3か月を過ぎることから皮脂の分泌量が減り、カサつきやすくなります。お風呂の後、食事や外出の前後のタイミングで、肌を清潔にしてから、肌質、月齢、肌の状態にあった保湿剤を塗ってスキンケアするようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

ダニ、ハウスダスト、動物の毛、ストレス、食物アレルギーなどのアレルゲンに触れることで引き起こされる皮膚疾患です。強いかゆみがあり、顔や頭、耳たぶ等が赤い湿疹となる乳児湿疹の一つです。原因は様々ではっきりと解明されてはいませんが、原因物質を除去し、清潔を保つことが大切です。症状が悪化しないうちに早めに皮膚科で受診してもらいましょう。

赤ちゃんのあせもの保湿対策に「アトピタ」

赤ちゃんのスキンケアシリーズ丹平製薬「アトピタ」は肌の水分・油分不足を補う保湿成分をたっぷり含んでおり、毎日の保湿ケアや乳児汗疹の治療にも効果がありおすすめです。

アトピタシリーズには入浴剤やシャンプー、石鹸・ソープ・ベビーローションやクリーム、リップなどがあり、目的に応じて正しい保湿ケアに強い味方となります。特に入浴剤のご使用のポイントは浸かった後“洗い流さない”のがコツ

お肌をなめらかにする炭酸水素Naや肌荒れ防止成分の天然生薬有効成分(よもぎエキス)を配合で、赤ちゃんの湿疹や肌荒れ防止、あせも対策に効果を発揮し、口コミでの大変人気を集めています。入浴後は肌が清潔な間に素早くローションやクリームで保湿ケアをしてあげましょう。

アトピタ イメージアトピタ 効用

保湿剤の選び方と使い方で肌トラブル防止対策

ベビー用の保湿剤は大きく分けて3種類になります。それぞれ機能と特徴が違い、状態に合わせて使い分け、あせも、肌のトラブル対策する必要があります。

ベビーローション

ローションは最も軽いタイプで一番初めに塗る保湿剤。使用目的はお肌の水分補給です。お風呂上りなど表皮の水分が不足した時などに素速く吸収し、バリア機能を回復させます。あせも肌には「桃の葉 ローション」が効果が高くおすすめです。肌の広い部分にまんべんなく塗って保湿ケアしましょう。

桃の葉エキスローション

ベビークリーム

ローションよりも油分が多く、水分と油分の両方を補いことができます。スキンケアには水分だけでなく油分の補給も必要です。特に乾燥しがちな乳幼児にはベビーローション→ベビークリームの順で重ね塗りして保湿を補いまうす。クリーム状なので、乾燥した部分にピンポイントで塗るのに適しています。

ベビーオイル

皮膚に油分の膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。ひどくカサつくときやローション・クリームで補った水分を逃しにくくし保湿効果を高めます。また、鼻や耳の裏側、おへそなどの汚れを落とす時などにも使え、乳児脂漏性湿疹のかさぶた取りとしても使用します。ただし、塗りすぎると皮膚の表面を覆ってしまい、ムレやかぶれの原因となってしまいます。薄く延ばすようにして塗り、その日のお風呂できちんと洗い流すようにしましょう。

“万能”ベビーオイルの利用効果

ベビーオイルベビーオイルはベトつきが少なく、幼児の保湿ケア用だけでなく、免疫力を高めるとされる「ベビーマッサージ」などのマッサージオイル用、大人が使用する場合には以下のような利用効果が知られています。

  • ●洗髪前にオイルで頭皮マッサージをする事で「頭皮ケア」になる
  • ●洗髪後塗れた状態で少量を髪全体に馴染ませることで「髪に保湿を与えツヤツヤになる」
  • ●刺戟が少ないので化粧落としなどの「クレンジング剤」として使える
  • ●毛穴の汚れや油脂のつまりによる「角質を除去する」

赤ちゃんのあせも対策にワセリン・馬油が効果的

赤ちゃんのあせも対策に純度の高いワセリン「サンホワイト」や産婦人科で使用されている天然馬油配合の「ベビーバーユマドンナ」がおすすめです。強いかゆみや炎症、アトピー性皮膚炎になってしまった場合は医者の判断でステロイド薬を使用しますが、軽症のあせもやおむつかぶれ等の乳児湿疹ならサンホワイト(ワセリン)やベビーバーユマドンナ(馬油)の使用が有効です。

サンホワイト(ワセリン)やベビーバーユマドンナ(馬油)は薬剤を使用していないので副作用の心配もなく、新生児にも使え、ステロイド軟膏のように部位事の使い分けがなく全身に塗ることができます。ベビーローションやベビーオイルは赤ちゃんによっては刺激が強く皮膚に合わないこともあります。

サンホワイト(ワセリン)やベビーバーユマドンナ(馬油)は皮膚を柔らかくし保護する役目も果たします。また、肌を保湿することで乾燥性汗疹を防止します。

ベビーバーユマドンナは天然馬油成分100%なので赤ちゃんのお口まわりにも安心して使え、母親の乳頭キレツのお手入れにも効果的です。

ただし、ベタベタに塗るのはよくありません。ベビーパウダー同様かえって毛穴を防いでしまい、ムレてしまう事もあります。薄く延ばすようにして、あせもの患部にのみ塗るようにしましょう。安全性が高いからといって塗りすぎはよくありません。

サンホワイト(ワセリン) ベビーバーユマドンナ(馬油)

保湿剤 「ヒルドイド」について

ヒルドイド保湿剤としてワセリンのほかに「ヒルドイド」があります。主成分のへパリン類似物質は保湿力が高く、カサつきを防止し、シミ対策やしもやけ治療にも使われます。ワセリンとの違いは、ワセリンは肌に膜をつくり乾燥を防ぐ役割をするのに対して、ヒルドイドは成分が皮膚内部に浸透し、角質層のすき間を埋めることでバリア機能を補い、水分を保持することで、自身の保湿力を高める働きをします。

ヒルドイドは肌本来が持つセラミドや天然保湿因子(NMF)の機能を改善させるため、保湿効果だけでなく、シワやシミ対策、ニキビ治療にも効果があるとされています。しかし、皮膚内部に浸透し、働きかけるものなので、人によっては刺激が強すぎて、ステロイドほどの副作用はありませんが、かゆみや発疹などの症状が現れることもあります。ワセリンよりも保湿力はありますが、使用にあたっては、医師に相談し、ご自身の判断だけで使用しないようにしましょう。

ジュクジュクしたあせもや乳児湿疹は亜鉛華軟膏で治療

あせもはかゆいばかりに患部を掻き壊してしまい傷ついてジュクジュク状態になってしまう事があります。そんな時には皮膚保護薬の「亜鉛華軟膏」での治療がおすすめです。

亜鉛華軟膏は、酸化亜鉛を主成分とした白色の油性軟膏で肌を保護し、ワセリンのようなベタッとした使用感です。ジュクジュクしたびらん面を乾燥させ、かゆみ抑制効果もあります。

亜鉛華軟膏を塗布すると、特有の臭いがあり、しばらくの間肌に若干白い色が残るため、顔等に使用する場合は、外出前は避け、就寝前などに使用するのに向いています。ただし傷の化膿がかなり進行している場合や他の塗り薬を併用する場合などは必ず医者または薬剤師に相談して使用することが大切です。

亜鉛華軟膏

赤ちゃんのあせもケアにアロマオイル(精油)が効く?!

赤ちゃん あせも アロマの効用幼児や子供のあせものスキンケアや予防にアロマオイルやハーブが効くといった情報が巷での口コミやママさん方の間で流行しているのをご存知でしょうか?ヨーロッパ発祥の自然療法でアロマテラピーとよばれ、さまざまな精油を用いて香りを嗅ぐ事で癒し、ストレス発散などのリラクゼーションで知られています。

アロマオイルを利用したあせも予防

このアロマオイルをお風呂の浴槽に数滴たらしたり、タオルやガーゼに染み込ませ肌ケアすることで抗菌・抗炎症・抗ウイルス作用があり、炎症を抑え肌荒れや肌の修復効果・免疫力の向上効果があるのです。

あせもケアに用いられるアロマエッセンス
  • ・カモミール
  • ・ローズマリー
  • ・ペパーミント
  • ・パチェリー
  • ・ラベンダー
  • ・ティートリー

中でも100%天然のエッセンシャルオイル(アロマオイル)であれば、「ラベンダー」・「ティーツリー」・「カモミール(ローマン)」は赤ちゃんや子供にも使えます。ただし、稀に肌に合わない場合もあるので、使用する前に肌荒れやアレルギー反応が起きないかどうかパッチテストしておきましょう。

赤ちゃん あせもケア アロマオイル

赤ちゃんにあせもができやすい場所は?

おしりや腰・おなか

最もあせもができやすいところは、やはりオムツをしているお尻や腰・おなかに多く、真っ赤に腫れあがってしまう事が多くあります。最近の紙おむつは本当に優秀で「おむつかぶれ」というものは非常に少なりましたが、まめに替えることがあせもを防止するためには大切です。

 

紙おむつはケチらずまめに替える

赤ちゃんは、お尻が真っ赤になって、オムツ交換のたびに痛くて泣く、などというケースがみられます。痛そうにしている時は、まずはまめに替えているかを考えてください。一度くらいオシッコしていても、まだ大丈夫、とオムツをかえないお母さんが時々います。確かに最近の紙おむつは、逆流はしにくくなっているのですが、体温でだんたん蒸れてあせもになる原因になってしまいます。

オムツを交換する際はおしりふきできれいにふき取ってから替えるようにします。まめにオムツ交換をしてもおむつかぶれを起こす場合は、紙おむつの種類をかえてみるのも対策の一つです。パンパースとメリーズはかぶれにくいようです。

 

ウンチの場合は、拭くだけでなくお湯で洗ってあげるべきです。ウンチは拭いてもなかなか取れませんし、ゴシゴシ拭いてしまうと皮膚を傷めます。赤ちゃん あせも洗面所にお湯をはってお尻だけ洗ったり、お風呂場に連れて行ってシャワーで流したりします。母乳保育の場合は特に、軟便でウンチの回数も多いですから、肛門のまわりが赤くなったりしやすいものです。そのような場合は、洗った後にワセリンを塗っておきます。シッカロールはかぶれやすいのでお勧めできません。

軽い紙おむつの場合は、まめに替えたり洗ったりしていれば治ることが多いものですが、それでも治らない場合、カンジダ(カビの一種)などがついていることもありますので、皮膚科を受診した方がいいでしょう。

赤ちゃんの顔は最も汗腺が多く汗をかきやすいところです。顔にあせもができると本当にヒリヒリと痛そうで一番目に付くところなのでお母さんにとっても見ていてつらいものがありますね。

普段からきちんと清潔に湿らせたガーゼ等でふき取ることが必要で、お風呂上りも肌の乾燥が進みやすいので、刺戟の少ない保湿ローションやクリーム、乳液等でケアすることが大切です。

赤ちゃんによっては嫌がることが多いので、やさしく決してこすったりせずに押さえるようにスキンケアすることが大切です。デリケートな部位なので、あせもが進行してしまわないうちに早めに皮膚科に診てもらって慎重に治療するようにしましょう。

頭・おでこ

赤ちゃんが汗をかいた時、髪がビッショリ全体が濡れるほどになります。これは、新生児の毛穴の数は大人の毛穴の数とほぼ同じ数だけあるからです。小さい赤ちゃんの頭にそれだけの毛穴があると頭皮面積に対して、密度が高くなり、発汗量が多いのが原因です。

また、新生児の頭皮は皮脂が多く毛穴が詰まりやすいため、あせもなりやすいのです。

そのほかにも、枕、布、かぶせる帽子が原因となってあせもになる事もあります。頭皮の汗は拭きとりにくいのがやっかいです。髪を短くカットすることもあせもを防止する対策の一つといえます。

赤ちゃんの首は短いうえ、産後数か月になると肉付きのよくなり、あごの下が二重あごになってきます。シワになっているため、汗をかくとたまりやすいため、あごの下は最もあせもができやすいところでもあります。また、首の皮膚が薄いため、刺激を受けやすいのも原因です。

シワになっているため、皮脂汚れが付着しやすく、ふき取りが不足しがちな場所でもあります。あごの下のシワを指で広げてやさしく拭き取ることを忘れないようにしなくてはいけません。

背中

一日中布団の上で横になってる赤ちゃんは背中は熱でこもり、汗をかきやすいのは当然ですね。特に寝入りばなにたくさん汗をかくのが特徴なので、就寝前に、タオル等を背中にあてて、汗を吸わせておいて赤ちゃんが眠ってしまってからタオルをそっと抜き取ってあげるなど、布団・シーツの替えをまめにし通気性を保つようにしてあげることがあせもを防止の対策になります。

夏場では冷却効果のあるひんやりマットやガーゼケットなどの涼感寝具を積極的に活用されることをおすすめします。下記に紹介する商品は赤ちゃんでも安心してお使いいただけ、クーラーの使用を減らし、あせも・脱水症状・熱中症予防に最適です。

ガーゼケット
涼感ガーゼケット
涼感寝具マットレス
ファン付きシーツ扇風エアコンマットレス

新生児ニキビ・乳児脂漏性湿疹の原因とケア方法

赤いブツブツの原因は新生児ニキビ

赤ちゃんの顔に赤いブツブツができてしまった!生後約2週間から3か月のころにみられるこの症状は「新生児ニキビ」と呼ばれる乳児湿疹です。主にほっぺやおでこなど顔に出るのがほとんどで特にかゆみや痛みがないのが特徴です。

大人の思春期にみられるニキビと同じで、皮脂が過剰に分泌されることで起こる肌トラブルです。生れたばかりの赤ちゃんは母親の女性ホルモンの影響を受けやすいため、皮脂の分泌が多くなってしまいます。

新生児ニキビのケア方法

赤ちゃんのニキビは赤く腫れあがったり、化膿が進行しない限り肌を清潔に保つことで自然治癒されます。お風呂で洗った後、きちんと保湿してあげる事が重要で肌のバリアー機能低下を防ぎ、寝具の汚れなど外部の刺激の影響を受けにくくし、肌トラブルを防止します。

乳児脂漏性湿疹の原因とケア

乳児湿疹の中でも最も多くみられるのが「脂漏性湿疹」です。頭部に黄色いかさぶたのようなものが出て、おでこやほっぺ、眉の中にカサカサとしたフケのような症状がみられ、赤く腫れあがることもあります。かゆみはありませんが、赤ちゃんがかきむしったりすると悪化してしまう事もあります。

原因は、新生児ニキビと同じで、母親の女性ホルモンの影響による皮脂分泌過多です。毛穴にたまった汗に外部のよこれ等が感染しておこる肌トラブルです。

脂漏性湿疹のケア方法

頭部に湿疹があるので、洗髪はゴシゴシしないでやさしくマッサージするように洗い、きちんと洗剤を洗い流しましょう。ほっぺ等にできたかさぶたは無理にはがそうとせずにワセリンや馬油を塗って柔らかくしておいてから洗うと比較的とれやすくなります。入浴後は保湿ケアを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんの肌の特徴

赤ちゃんの肌は大人の肌とどう違うのでしょうか?赤ちゃんの肌の特徴について少し触れてみたいと思います。

赤ちゃんの皮膚は水分量が多い

赤ちゃんの皮膚は新陳代謝が最も盛んで、傷がつきやすいのも事実ですが、治りも速いのが特徴です。また、1歳頃までは皮膚感覚が鈍いためかゆみをあったとしても、皮膚を引っかくことも少なく、虫刺されなども大人より治るのが早く、跡が残りません。子供の皮膚は水分量が多いのも特徴です。普通の大人の皮膚では、真皮の水分量が約65%程度であるのに対して、赤ちゃんの皮膚では約80%もあるとされています。赤ちゃんの皮膚が透明感があって綺麗に見えるのはそのためです。

しかし、そのためすぐに水泡ができてしまうのです。あせもやとびひの場合には水泡がたくさんできてしまいますし、火傷や虫刺されなども子供ではすぐに大きな水泡になりやすいものです。

 

赤ちゃんの皮膚は皮脂が少なく汗が多い

皮膚の水分量は赤ちゃんの時が最も多く、年々減っていきます。皮脂はどうかというと、思春期頃から急に増え始め、女性では40歳くらいから、男性では50歳過ぎてから減り始めます。このように増えたり減ったりするのは性ホルモンが皮脂を分泌させるためです。

赤ちゃんの頃は、皮脂が少ないので、頭が脂っこくなることなどはありません。風邪などで2~3日お風呂に入らなくても、髪はべとつかずサラサラです。

子供の皮膚はこのように皮脂は少ないですが、洗いっぱなしでもあまり乾燥しません。よって、大人の女性のようにスキンケアする必要はほとんどありません。これは、角質細胞間脂質が肌の水分を守っているからです。

反対に、汗はとても多いものです。前述したとおり、汗腺が大人と同じだけあり、新陳代謝が活発な赤ちゃんは体重あたり、大人の倍以上の汗をかきます。このため、子供の皮膚トラブルは主に夏場に発生します。

赤ちゃんの皮膚は赤いもの

赤ちゃんは自律神経などの機能も未発達なので、汗の量も自分でコントロールできませんし、よだれもウンチも垂れ流しです。そのうえ、皮膚はまだ薄くて、弱いわけですから、あせもなど絶えずトラブルが起こるのは当たり前です。お母さん方の中には、赤ちゃんの皮膚が真っ白ですべすべでないと気がすまないという事も聞きますが、赤ちゃんは赤いから赤ちゃんというのであって、乳児湿疹などで赤ちゃんのほっぺが赤かったり、多少のあせもや湿疹があったとしても、そのくらいは当然です。たまたま皮膚が丈夫な赤ちゃんもいて、そのような子は確かに肌がきれいですが、比較したりしては絶対にいけません。

人間、だれでも弱い部分と強い部分があって当然です。赤ちゃんにあせもはつきもので、病気のうちには入りません。赤ちゃんは皮膚の感覚が鈍いので、あせもができていてもあまりかゆがったりしないものですが、それでも一生懸命に直そうとするお母さんがいます。ゴシゴシ洗ったりいろいろ薬をつけすぎてかえって悪化させてしまう事も多いので正しい対処が必要です。

あせも対処方法も過ぎたるは及ばざるが如し

赤ちゃんの事となると、心配が募り、頑張ってしまうのが人情です。しかし、正しい、肌ケア・あせも対処法を身につけ決してやりすぎにならないようにする事は重要です。ここでは、よくありがちな項目を3つ挙げてみます。

洗いすぎに注意

子供の事となると、ついがんばりすぎてしまうのが人情です。その気持ちはよくわかりますが、頑張りすぎも禁物です。よく見られるのが、とにかく石鹸や沐浴剤でブクブクに泡立てて、毎日全身を洗うというご家庭です。日本人はとにかく清潔志向が強いといわれています。毎日石鹸で全身を洗うのは、日本人くらいのものです。

皮膚科の医師によると、不潔にしたために起こった皮膚病などはほとんど見かけることはなく、洗いすぎによる皮膚炎の方の方が圧倒的に多いといわれています。不潔は肌の悪いといわれていますが、衛生状態の良い日本ではまず心配はないといえます。

赤ちゃんの皮膚は皮脂があまり出ないため、あまり汚れないという事ですから、洗いすぎは禁物です。冬場は毎日お風呂に入浴する必要もないほどです。汚れた部分だけをお湯で拭く程度でも十分です。お尻周りはよく汚れますので、入浴しない日はおしぼりで拭くか、ウォシュレットで洗うといいでしょう。

殺菌は控えめに

何でも消毒する方がいますが、これも考えものです。殺菌ソープで手を洗ったり、中には全身洗ってしまう家庭もあるようです。殺菌剤というものは、菌を殺すもので、人体によってよいはずはありません。そもそも人間の皮膚には無数の雑菌がついていて、それとうまく共存するようにできているのです。そのようなものを殺菌してはいけないのです。

手洗いは普通のせっけんを使うこと。洗いすぎないこと。帰宅時や食事の前などにとどめるようにしてください。また、トイレに行ったときは石鹸を使わずに水ですすぐだけで十分です。

自然に治るのを待つおおらかさ

洗いすぎない、殺菌しない、育児書などに、「よく洗ってとにかく清潔に」と書かれていますので、それとは逆の事のように思えるかもしれませんが、赤ちゃんの肌を見守るうえで、お母さんが、おおらかに構えることがとても大切です。赤ちゃんや子供の皮膚は、成長の過程に応じて、自然に変化していきます。たとえ何か皮膚トラブルが発生しても、「そのうち治るだろう」というくらいに構えた方が、結果としてよくなることの方が多いものです。

 

お母さんが気にして洗いすぎたり、いろいろ薬を使う事の方が子供には弊害ですし、なによりも、お母さんが気にしているという事の方が、子供には大きなストレスなのです。

赤ちゃんのあせもはいつまで?いつ治るの?

赤ちゃんの肌トラブル・乳児湿疹はいつまで続くのでしょうか?大抵は2歳ごろには葉だのバリアー機能も発達し、抵抗力もついてきます。新生児のうちはささいなトラブルは赤ちゃんにはつきもので、病気のうちには入りません。赤ちゃんの皮膚や代謝が盛んなので、回復力も強く、放っておいても治ってしまう事も多いのです。

親御さん自身が冷静に判断し、きちんと病院で受診してもらい正しい治療と予防の知識を身につけることも大切でが、直ちに治療法を今から猛勉強しなくてはいけないという事ではありません。これから迎える多くのトラブルに対して焦らずに気にしすぎないようにすることが大切で、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

コルクマットは赤ちゃんを守ります

コルクマットは歩き始める赤ちゃんが転んだ時でも優れた弾力性により、痛みがなく、ケガを防止します。また、天然の自然素材を使用しているため、赤ちゃんが間違って口にしても安全なのが特徴です。また、同じEVA素材を利用したジョイントマットは、優れたクッション性があり、赤ちゃんの転倒によるケガの防止や防音効果も高く大変人気を集めています。

コルクマットやさしいジョイントマット
TOP