コルクマットのお手入れ・掃除方法

コルクマットのお手入れの仕方は掃除しやすいスチームモップでの清掃がおすすめです。赤ちゃんが水やミルクをこぼしても防水・はっ水性があるので、サッとふきとるだけでOK!放電性があるのでフローリング床みたいにホコリが舞う事でのアレルギー問題の心配もなく、衛生的で掃除機もかけやすいのが特徴!部分的な取り外しができるジョイント式なので、掃除時間を短縮!また、ロボット掃除機 ルンバでもお掃除できてお母さんの強い味方です!

コルクマット トップ画像

コルクマットの掃除の仕方について

コルクマット > コルクマットの掃除方法 スチームモップがお手軽!時短!衛生的!

コルクマットの掃除はほぼ、フローリングと同様の掃除方法ですが、防水・撥水・放電性能を持つコルクの性質を生かした手軽な掃除方法、おすすめスチームモップでの清掃等をご紹介いたします。

◆ホコリ、ゴミの掃除

  • 粘着ローラーで掃除・ホウキ、掃除機でゴミを取ります。コルクマットは放電性があるので、フローリングのようにホコリが舞いにくく、掃除機がかけやすいのが特徴で、ハウスダストのよるホコリ内のダニなどのアレルギーの心配も減ります。
  • ハウスダストアレルギー対策について
  • フローリングのホコリについて
  • また、清掃用の粘着ローラーがあればコルクのカスや小さなゴミをとるちょっとした掃除に簡単で便利ですね。

◆拭き取りによる掃除方法

  • ・こぼした水やジュース・ミルク等は防水性・撥水性があるのでサッと拭き取れば十分ですが、汚れが落ちないときは拭き取りまたは、取り外しての水洗い等の掃除が必要になります。
  • ・クイックルワイパーなどフローリング用のワイパーを使っての掃除でも汚れを落とせますが、コルクマットの掃除で使用するのはあまりおすすめできません。どうしても滑りにくいので、引っかかったりしてスムーズに滑らすことができずに思うように掃除がすすみません。
  • ・拭き取り掃除は薄めた中性洗剤の液を雑巾などに染み込ませ、押さえるよう(または叩くようにして)にふき取ってください。必ずしもゴシゴシとこすらないようにしてください。コルクがポロポロと剥がれてしまいます。
コルクマット 拭き取り掃除

便利なお掃除家電で時間短縮!

コルクマットに最適でおすすめの便利な家電をご紹介します。

おすすめ!スチームモップが手軽!キレイ!衛生的!

コルクマットを敷いたまま清掃できるお手軽の掃除器具は口コミでも話題のスチームモップです!

スチームモップのメリットと特徴
  • スチームモップ★重さが軽いので小回りが利く!片手で手軽にスイスイと清掃ができる!
  • ★小回りの良さが部屋の隅、階段の端などがすみずみまでいきとどく!
  • ★高温のスチームが落ちにくい汚れを落とし、ピカピカに!
  • ★水だけで洗剤を使わないので赤ちゃんやペットが口にしても安心!
  • ★洗って何度でも使えるので使い捨てよりも経済的で節約に!ゴミを減らしてCO2の削減に貢献!
  • ★油汚れ・水汚れの両方落とせる洗浄力で畳、カーペット、フローリングなどあらゆる箇所の清掃ができる
  • ★高圧高温による洗浄力で畳やカーペットでのダニ退治ができる!
  • ★雑巾がけ不要で腰痛の方にはおすすめ!

おすすめスチームクリーナーはこちら

「ロボット掃除機 ルンバ」もスイスイ綺麗に!!

最近ではお部屋のお掃除に「ロボット掃除機 ルンバ」を使用されるご家庭が増えてきています。では、コルクマットは大丈夫なのか?厚手11mmの段差をのり越えるのか?表面のコルクははがれてしまわないのか?など疑問に思う事があります。

答えは大丈夫です!自動掃除機ルンバは段差2cmまでなら難なくのり越えお掃除しますし、床材に適応したクリーニングヘッドを調整する機能があり、やさしいコルクマットは小粒タイプで表面のコルクが剥がれてしまう事もありません。

実際、当店のコルクマットはロボット掃除機 ルンバを使用してお掃除されている方が多くいらっしゃいます。

    (やさしいコルクマットご購入レビュー)
  • ルンバを使用したレビュー

◆ジョイント式で部分的な掃除ができるのが特徴

汚れ、劣化したところのみを取り外し交換できる人気のジョイントマットタイプのジョイントマット同様、コルクマットも便利なジョイント式で掃除がしやすいのが特徴です。小さなお子様やペットを室内で飼われているご家庭など、食べこぼしやジュースをこぼしたりなど、頻繁に掃除をしなくてはいけない場合にはとても便利です。

やさしいジョイントマット

◆その他注意点

  • ・洗濯機の使用は原則として不可です。
  • ・定期的にマットの下も取り外して掃除するようにしましょう。一回に全部を取り外して掃除するのは大変なので、部分的に分けて掃除するといいでしょう。髪の毛やゴミ、砂ぼこりがマットの下に入り込んでたまっていることがあり、敷いたままでは気づきにくいものです。
  • ・一部を取り外して水洗いの掃除をされた場合は十分に乾かして再度取り付けるようにしてください。乾かないうちに取り付けますと、カビが生えてしまったり、変なニオイがすることがあります。
  • ・乾かす際は直射日光の当たらない場所で乾かすようにしてください。変色したり、縮んでしまう可能性があります。
  • 【豆知識】  フローリングのこんなお手入れ方法
    床にこぼれた油には小麦粉を使って

    料理をしていて、フローリングの床に油が飛んでしまったり、ストーブの灯油をこぼしてしまったりすることがあると思います。こんな時は雑巾で拭き取るのが一般的でしょう。しかし、これでは、雑巾も床もヌメヌメになってしまいます。帰ってよこれがひどくなってしまうこともありますね。こんな時は、まずこぼしたところに小麦粉を振り掛けます。しばらくすると、小麦粉が油を吸い取ります。そのあとで、雑巾で小麦粉ごと拭き取ります。こうすれば、油を床に塗り付けることなくきれいに拭き取ることができます。(粉末の洗濯洗剤でも同様の効果が得られます)

    フローリングの傷を目立たなくする方法

    小さなお子様がおもちゃで遊んでいると、投げつけたりしてフローリングを傷つけることがあります。その他にも、家具を引きずってできた傷やペットの引っかき傷など目立つととても気になります。そんな時傷を目立たなくする方法があります。用意するものは「コーヒーに出し殻」「透明マニキュア」です。引っかき傷には冷たい濃いコーヒーを1,2滴しみ込ませ、乾いた後に、透明マニキュアを塗っておきます。すると、傷の部分が目立たず、つやも戻ります。さらに、床の色に合わせて、水彩絵の具、油性のサインペン、紅茶などで色をつけてもいいですが、必ず最後に透明マニキュアでコーティングすることを忘れないようにしましょう。

    コルクマット

  • お手入れラクラク!!
  • コルクマットの
  • ご注文はこちら!!
TOP