コルクマットのカビの原因

コルクマットにカビが?!発生原因は主に使用場所の湿度や温度環境によるものと、部屋の換気が不足しているのがほとんどの理由です。また、和室の畳の上、フローリング床での敷詰め、また上に布団を敷いて使用してもいいのか?加湿器や暖房器具との併用。湿気に伴うダニの発生は?マンション暮らしはカビが繁殖しやすい?など、コルクマットにカビが発生する原因と断熱シートの利用・お手入れ・防止対策についてご紹介いたします。

コルクマット トップ画像

コルクマットのカビについて

コルクマット > コルクマットのカビの原因(フローリング床・和室・畳での使用対策)

コルクマットのカビの原因と対策

コルクマット カビ

コルクマットにカビが発生してしまうことがありますかとご質問されることがよくあります。もともとコルクには防水性があり、水回りに強い性質があり、カビが発生しにくい素材ですが、お使いいただく環境によって湿度が異なり、敷きっぱなしの状態でいますと、全く発生しないとは申せません。敷きっぱなしのような取扱いによっては発生してしまうこともあります。コルクマットのカビの発生には主な原因には以下のことが考えられます。

濡れた状態で敷き詰めてしまう

コルクマットはジョイント式なので、汚れた場合はその部分だけを取り外して水洗いできるところが利点ですが、完全に乾ききらない状態でだ再度敷き詰めてしまいますと、コルクマットの中に水分により、カビや異臭の原因となってしまいます。

【対策】

水洗いされた場合は必ず直射日光の当たらない風通しの良い場所でよく乾かしてから再度敷き詰めるようにしてください。また、雑巾等で拭き取る際にも硬く絞った状態で清掃するようにしましょう。

水またはジュース等をこぼしたまま拭き取らないで放置したままにする

コルクマットの上に水やジュースをこぼした場合でも撥水性能に優れているので、染み込みにくくササッと拭き取ることができます。しかし、拭き取らずにそのまま放置してしまいますと徐々に染み込んでしまいます。そのため、なかに水分を含んだ状態になりカビを発生させてしまいます。

【対策】

水気のものをこぼした時はできるだけ早く拭き取るようにしてください。また、ぬれタオル、汗びっしょりのTシャツなどをコルクマットの上に放置しておくのもあまり良くはありません。

湿気の多いところで使用している

湿気の多い環境ではカビの生えるリスクは当然高まります。木材であるコルクを材質としているのでコルクマットは吸湿性をもち湿気対策・カビ防止として有効ではありますが、高湿度環境でのご使用でも完全にカビを防ぐものではありません。特に、風呂場での脱衣所、洗面所、キッチンなどの水場周りでご使用になられる際はそれなりの湿気対策が必要になります。

【対策】

高湿度環境でご使用になられる時は定期的に窓を開けて換気し、通気性をよくするようにしてください。除湿器を設置するのも有効です。

加湿器を使用している

上記同様で加湿器の水蒸気の発散により、過湿状態となり、また、温度が上昇することでカビが発生しやすくなってしまいます。できれば、温室時計を用意して、室内の温湿度を正しく管理し、時々空気を入れ替えたりする必要があります。

結露現象によっておこるカビ

家屋の結露は、一般的に高温多湿となる夏よりも低温乾燥の冬に多発する傾向があります。外気の冷たい空気により床面に発生した結露はコルクマットに吸収され、気づかれないままカビに水分を供給し、室内のぬくもりとともに繁殖原因となってしまいます。このような場合も対策として定期的にコルクマットを取り外して空気の入れ替えをすることにより、カビの発生原因を防ぐことができます。

畳の上に敷きっぱなしにしている

コルクマットはフローリングに適した素材で、和室等の畳の上に敷くことはあまりおすすめできません。畳には、ワラやイグサが原料として使われているため湿度を吸収しやすく、表面にカビの栄養分が豊富に存在します。コルクマットを敷き密閉してしまいますと通気性が悪くなり、発生を招く原因となってしまいます。

【対策】

和室等の畳の上に敷詰めるときには、コルクマットに下に除湿シートを敷くなどの工夫をされるといいでしょう。しかし、必ず換気を怠らないようにしてください。

▶ 畳のカビ・ダニの発生について

布団を敷きっぱなしにしている

コルクマットの上に布団を敷いても大丈夫なのかとよくご質問をいただきますが、問題はありません。コルクはある程度の湿度調整機能を持つ材質なので、布団を敷いても大丈夫です。

しかし、敷きっぱなしにしてしまいますと、汗が染み込みカビが発生する率が高くなってしまします。人は一晩で約2リットルの汗をかくといわれています。特に赤ちゃんは大人の倍は汗をかきます。

布団の上に敷く場合のおすすめ対策!!

押し入れ用の断熱シートを布団のサイズに合わせて下に敷くとかなり湿気を防止することができ有効です。厚手のエアクッションに給水紙を張り合わせているため、吸湿性がありまた冬場の保温効果も期待できます。赤ちゃんを寝かせるときにおすすめです。

尚、布団を上に敷く場合は必ず換気と通気性の確保が必要です。毎日たたむようにしてください。

おすすめ情報!!

コルクマットと同じジョイントマットシリーズには、防水、撥水性もあり、敷詰めが簡単で、お手入れもしやすい「ジョイントマット」がおすすめです。人気急上昇中の注目商品で、カラーの選べる楽しさもあり、もちろん水回りに強い素材を使用しているので、台所や脱衣所、トイレなどにも活用できます。一度チェックしてみてください。

やさしいジョイントマット

カビが繁殖する4つの発育条件

コルクマットに限らず、家中に存在し、外部から迷い込むカビの胞子は無数にいます。しかし、これらが繁殖し、発育するには4つの条件がすべてそろわなければ繁殖することはないのです。

①栄養

床面には、ホコリや食品カス、手アカで汚れたタイルやガラス面には栄養源となる有機物があります。カビの胞子は有機物があれば空気中の水分を吸って発芽し、増殖します。フケやアカなどが多く存在する畳やじゅたんなどの床材などでも発育します。

②温度

カビが繁殖しやすい条件としての適した「温度」があります。皮肉なことに人が快適とされる20~28度くらいの温度条件がカビの繁殖する温度範囲として考えられています。

③水分

カビの発育に欠かせないのが「水分」です。水分が全くない場合は生きていけないのです。室内では、相対湿度が65%以上の湿度がカビの発育に最低限必要とされています。

④酸素

カビの胞子が着床しても、「酸素」がなくては発芽が困難となり、繁殖できません。これらの4つの発育条件がそろわなければカビが繁殖することはないのです。カビの防止策としてこの弱点をうまく利用することが大切といえます。

マンションとカビ
~マンションでは低い階ほどカビが発生しやすい~
・マンションなどの高層住宅では、一般的に低層階と、北側に位置する室内でカビが多く発生する傾向がみられます。立地条件や建築構造によって一概にそうだとは言い切れませんが、地面から立ち上がる水分が1~2階の室内に滞留して湿度を高め、また日照時間が少ない北面も乾燥が進まず、室内湿度が高くなって建材や生活材の含水量を増大させるからです。
・反対の例として、高層階では冬期に、カビが生えやすくなる場合があります。これは、結露が室内に生じるためです。マンションなどの気密性も高く、保温性に優れていますが、室内の湿度が高くなると、快適な空間がカビの繁殖をかえって促すという皮肉な結果を招くことにもなりかねません。購入するときは、こうした点を考慮して十分に注意することが肝心です。

コルクマット

TOP