カーペット(絨毯)洗濯方法

カーペット(絨毯)の洗濯方法。丸洗いできない時の手洗いの仕方や自宅で洗濯できる(ウォッシャブル対応)の3帖カーペットやラグ・電気ホットカーペットカバーの洗濯機での洗い方。脱水時にエラーになった時の対処。ウレタンフォーム素材の風呂場の浴槽を利用した手洗い方法。ペットの汚物や吐きだし、ノロウィルスなどに感染した嘔吐物をスチームアイロンを利用した手洗い洗濯処理の仕方。洗う頻度はどのくらいが適当か?じゅうたんや毛の長いシャギーラグのへたりや凹みの毛並みをふわふわに修復し直すアイテムとは!?丸洗い後の臭いが残らないためには?染み抜き・臭い消し・重層や酢・クエン酸を使った掃除は有効か?また、コインランドリーの使用のメリット・クリーニングの利用と料金の目安など。めったに洗わないカーペットや絨毯の正しい掃除の仕方をブラッシングの使い方から掃除機のかけ方のコツ、用いる洗剤液の種類と濃度、乾燥時のポイントなどをもれなくご紹介!また、絨毯をめくった時の白い粉末の正体とは?

コルクマット トップ画像

カーペット(絨毯)洗濯/手洗い・自宅の洗濯機での染み抜き・風呂での洗い方・クリーニングやコインランドリー利用方法

コルクマット>カーペット洗濯/手洗い掃除方法・洗濯機で染み抜き・風呂での洗い方
カーペットの洗濯で失敗しないように

お部屋一面に敷き詰めたカーペット(絨毯)をくるっと丸めて丸洗い!…なんてことできませんよね…。

毎日、人やペットが歩いたり寛いだりなどでゴミやホコリ・汚れがつくのは当然で、考えてみれば毎日洗ってもおかしくないくらいです。基本的にカーペットは洗濯機等で丸洗いできないもので、専門のハウスクリーニングへ依頼しなくてはいけません。

ゴミやホコリはまだ掃除機等である程度は落とせても、汚れに関しては精々その部分を拭き取る程度です。果たして根元からしっかり汚れが落とせているでしょうか?また、思い切って洗っては見たものの、洗濯後の乾燥が不十分で臭いが残って失敗…なんて経験もないでしょうか?

ここではカーペット洗濯の正しい手洗いの手順とコツ、染み抜き方法。洗濯ががラクラク!おすすめ『タイルカーペット』などをご紹介いたします。

カーペットの種類・素材を確認して掃除しましょう

洗濯可能・不可能カーペット

カーペットや絨毯・ラグマットは様々な素材があります。洗剤を使った手洗い掃除や洗濯機で洗う前にまずは洗濯可能がどうかをきちんと把握しておかないと大切なカーペットが傷み、元通りにならないこともありえます。洗えない素材であれば、専門業者に依頼するなどの対応が必要となります。

自宅で洗えるかどうかの判別は主に「色落ちしやすいかどうか」がほとんどです。化学繊維の素材ならほとんど掃除できますが、色鮮やかな染色の天然素材ではほとんど洗濯不可となっています。その他、大きさや縮んでしまうなどの素材の特性もあります。ウォッシャブル対応のものであれば問題ないでしょうが、洗濯表示の確認を必ずすることと、家庭で洗える洗えない素材を知っておきましょう。

洗濯可(不可)カーペット・絨毯・ラグマット素材

カーペット(絨毯)の手洗い洗濯の基本

吸着タイルカーペットそれではまず、洗濯機を使わずにお部屋に敷いたままでの基本的な正しい掃除方法をご紹介しましょう。

カーペットや絨毯・ラグマットには柔らかな感触の毛足の長いシャギータイプやカットタイプ、ケバ立ちや弾力性があり滑らかな感触のループタイプなど、毛並の種類は様々ありますが、以下でご紹介する掃除方法は基本同じ手順で行います。なお、洗剤を使用する場合は、色落ちしやす天然素材の場合は目立たない箇所でテストを行ってから掃除しましょう。

カーペットや絨毯の汚れのほとんどが、人がはだしで歩いた時の足裏の皮脂によるものです。つまり、油汚れを落とす洗い方で進めていくのがコツです。

ブラッシング

ブラッシング
  1. ①初めにカーペット内のゴミやホコリを落としやすくするためにカーペット専用ブラシやいらなくなった歯ブラシ等でブラッシングします。毛の長いシャギーラグマットなどはペット用ブラシを使うと便利ですね。
  2. ②カーペットを手でなぞり、色の濃くなる方向にブラシをかけるのがコツです。
  3. ③擦る様に滑らさないでゆっくりと根元から毛を起こすように内部のゴミをうかせておきます。
  4. ★手軽に持ち運びができる3帖サイズのカーペットやラグマットなら、屋外の物干し竿などにかけてハタキでホコリを落とす方法もいいでしょう。

掃除機を使う前に大まかな埃を取り除いておく

ブラッシンングをした後にすぐ掃除機を使いますと、どうしても背面の排気口でホコリが舞いやすくなってしまいます。ハウスダストによるアレルギーが心配な方は掃除機をかける前に軽く浮かせた大まかなゴミやホコリを固く絞った雑巾等で拭き取り作業を行ってください。

雑巾がすぐにホコリまみれになるので何枚か用意していただく場合もあります。カーペットのホコリや塵などのハウスダストを吸い込むとシックハウス症候群を招く恐れもあり、特に赤ちゃんや子供はのど鼻粘膜が敏感でアレルギー性鼻炎や蓄膿症、小児喘息を患うリスクが高くなります。

【おすすめ】花粉症・鼻炎・副鼻腔炎や蓄膿症による鼻水鼻づまり、喘息の咳き込みや痰をスッキリ解消!喉鼻粘膜をスチームで温め潤すことで繊毛運動を促進し、アレルゲン・病原菌をシッカリ洗浄!

家庭用吸入器家庭用吸入器 喉鼻の不快症状を改善

掃除機を使ってゴミ・ホコリ・ダニを除去

カーペットを掃除機で掃除
  • ●ブラッシング・大まかなゴミの拭き取りができたら掃除機で中のホコリやゴミ、ダニの駆除までしっかりと行います。
  • ●ホコリが舞い散るので窓を開けてから行います。
  • ●掃除機の使用方法のコツはパイルの毛を起こすように毛並と逆目にゆっくりと滑らせてかけると中のホコリを吸い出し、おまけにダニ駆除までしてしまいましょう。
  • ●この時、掃除機で押さえつけたり、ドンドンと叩いたりしてしまうと、かえってホコリが取れにくくなるばかりか、カーペットを傷めてしまいます。優しく、パイルの毛を起こすように逆目にかけると、中のホコリが吸い出しやすくなります。
  • ●一方方向だけでなく、縦横の十字方向にかけるとまんべんなくきれいにゴミホコリの除去ができます。
  • ●羊毛(ウール)やアクリル(合成繊維)素材でみられる毛玉(遊び毛)は汚れや埃の塊なのできれいに吸い取っておきましょう。

カーペットダニ駆除/掃除・退治方法

“アレ”を使うと髪の毛も根こそぎキャッチ?!

最近の掃除機はとても進化していて細かいゴミや毛などを吸い取ってくれます。しかし、それでもなかなか取れない絡んだ髪の毛ペットの毛をキレイに吸い取ることは困難です。そこで手軽にできる裏ワザをご紹介します。

やり方は簡単!ゴム手袋をはめてカーペットや絨毯をこするだけです。

騙されたと思って試してみてください。この方法のメリットは掃除機のようにホコリが舞いにくく、毛並を傷めずに済むところです。

ガムテープや粘着ローラーを使用される方もいらっしゃいますが、ファブリック素材であるため、毛が逆立ちしてしまう恐れがありますがその心配もありません。デメリットは全面に行うのはあまりにも大変だという事です。なので、部分的に気になる箇所の行なう事をおすすめします。

おすすめ!ハンディクリーナー
TWINBIRD(ツインバード) 毛トラッシュ ACハンディークリーナー

TWINBIRD(ツインバード) 毛トラッシュ ACハンディークリーナー

抜け毛ををかき取り吸込むハンディタイプのクリーナー。抜け毛除去に最適な毛トラッシュブラシ付!エラストマー樹脂製のブラシが、カーペットや玄関マット等の繊維の表面に絡みついた抜け毛やペットの毛をかき取り吸込みます。さらに、繊維の奥のゴミやホコリもかきだしてお掃除できます。

サイクロンの高速回転とフィルターカバーの働きにより、ゴミと空気を強力に分離。細かなチリゴミも遠心分離できるので、フィルターの目詰まりが抑えられ、集じん効果が持続します。紙パックを購入する必要がありませんので経済的です。

吸込仕事率 60Wのパワフル吸引で、しっかりお掃除できます。本体は約 1.2 kgの軽量コンパクト。軽いから取り回しが良く、お掃除がラクラク。毛トラッシュブラシと床用吸込み口は、目的や方向に合わせて 90°回転可能。階段などもお手軽にお掃除できます

洗剤を使った拭き掃除

  1. ①普段使っている食器用洗剤(ジョイ・キュキュット・チャーミー等)または粉末中性洗剤を清掃用バケツ等に水で希釈倍率に薄めて作っておきます。(※希釈倍率は洗剤によって異なります。製品の仕様をよく読みご使用ください)
  2. ②雑巾に洗剤を染み込ませ硬く絞ります。(絞り方が緩いと洗剤が落ちにくくなるのでしっかりと!)
  3. ③毛並に沿ってカーペットの根元まで染み込ませるように拭き作業し、しばらく置いておきます。
カーペット洗濯の洗剤使用のポイント!

カーペットや絨毯の素材によっては拭き掃除に使う洗剤に気をつけなくてはいけません。ウール素材なら、洗濯用の中性洗剤を0.25%、その他の素材のものは中性洗剤を1~1.5%を目安に使うのがポイントです。

市販のカーペットシャンプーやカーペットクリーナーならしっかり汚れを落とすことができますが、色落ちする場合もあります。説明書をよく読んで、目立たないところでテストをするなど確認した上で使用しましょう。

カーペットの洗濯に重層や酢(クエン酸)の使用は有効か?!

最近では、家庭内の掃除で重層や酢(クエン酸)がよく使われています。油脂・皮脂汚れをよく落とし、消臭効果にも優れているため、壁のヤニ汚れ、シンクや排水口風呂場の浴槽内などあらゆる汚れ落としで活躍します。

カーペットや絨毯も重曹水でスプレーし、濡らしてからよく絞った雑巾等で表面を拭き上げることできれいに汚れを落とすこともできます。しかし、カーペットや絨毯で使用する場合は天然繊維の素材で掃除した場合では変色してしまう恐れがあります。

天然繊維のカーペットやじゅたん、ラグの素材は、羊毛(ウール)・綿(コットン)・木綿・絹(シルク)・麻・竹(バンブー)・い草・籐(ラタン)が代表的です。万能といわれた重層でも、使い方次第では取り返しのつかない失敗をしてしまう事もあるので、十分注意する必要があります。

夏用おしゃれラグマット

夏用ラグ、い草ラグやクールラグ、竹カーペットなど、ひんやり感が暑い夏を心地よくさせてくれる夏用おしゃれラグマット特集!!

>>ラグマット おしゃれ

水拭き作業と拭き取りのコツ

  1. ①別の雑巾に水を含ませ固く絞り、しっかりと洗剤が落ちるまで水拭きを繰り返します。(※洗剤が残ると異臭の原因となってしまう事もあります)
  2. ②汚れを広がらせないためにカーペットの周囲から中心に向かって拭き取りするのがコツです。
  3. ※あまりゴシゴシとこすると毛を傷めてしまうので注意しましょう
  4. ③水拭きの後は乾いた雑巾で乾拭きをします。

ブラッシングで毛足を立たせフワフワ状態に回復

乾拭きが終わりましたら専用ブラシ等でパイル(毛足)を立たせておくと、フワフワ状態に戻すことができます。

カーペットの「へこみ・へたり」修復方法!!

カーペットや絨毯も購入したての新品は毛並がしっかり立っています。でもしばらく使い続けていると気が付いた時にはぺしゃんこに…。また、家具を動かしたらポッコリへこみが…もう一度、購入した当初の毛並を修復させることはできないのでしょうか?業者に依頼するにしても価格がちょっと…よくある悩みの一つですね。

こんな時には自宅で簡単に毛並をフワフワ状態に復活させる方法があります。
「スチームアイロン」または「ドライヤー」と専用ブラシを使用してへこみやへたりを直します。

へこみ修復方法
  1. ①ぬるま湯で湿らせたタオル等でカーペット・ラグマットに水分を含ませます。
  2. ②低温のスチームアイロンか温風ドライヤー当ててブラッシング

★スチームアイロンの場合は、蒸気をカーペットのへこみにかけながらやさしく毛並を起こしながらブラッシングしますとへこみ・ペタンコはフンワリふわふわに復活!!

※尚、ご使用の場合はやけどに十分注意して行うようにしましょう。

毛が長いふわふわのシャギーラグマットやカーペットのへたりを戻す方法

買った時はふわふわ状態のシャギータイプのラグも使っているとしだいにへたりがでてきます。ましては机などの家具を置いた場合その部分のへこみが目立ちます。どうすれば買った時のようなふわふわ状態に戻すことが可能でしょうか?

毛が長いため手洗いすると、乾いても毛と毛が絡み合いくっついた状態になり、毛並の1本1本が立ったフワフワ状態に戻りにくいものです。そこでおすすめアイテムは先ほどご紹介した「スチームアイロン」です。

スチームアイロンの蒸気をラグ・カーペットのへこみにかけながら専用のブラッシング等で丁寧に毛並みを立ててあげると、へこみがフワフワのもとどおりに!ご使用の場合はやけどに注意しましょう。

洗えるフワフワラグ『やさしいマイクロファイバーシャギーラグ』
ふわふわのシャギーラグ イメージ ふわふわのシャギーラグ 詳細

しっかり乾燥が大切

ブラッシングで毛足を起こし後はシッカリと乾燥させることが重要です。ぬれたまま敷いてしまいますと、湿気によりカビやダニの発生原因となってしまいます。

なかなか乾かないで気になる方はドライヤーを使って乾燥させるのもいいでしょう。

カーペットの汚れ・シミ抜き・嘔吐物の対処方法

賃貸マンションのカーペット上にコーヒーをバシャ!…シミになったら退去時の補修費用が…なんて困ってしまう事が良くありますね。ましてや赤ちゃんや小さな子供がいる家庭では飲み物をこぼすなんて頻繁です。ペットがいる場合に嘔吐物の処理はどうすればいいのでしょうか?

カーペット(絨毯)、ラグのシミ・汚した時の対処方法

赤ちゃんがミルクをこぼす、子供がジュースをこぼしてカーペットの上にシミが…その他にもコーヒー・酒・お茶、醤油やソース、灯油なんかもこぼしてしまう事は多々ありますね。

フローリングやナイロン製の絨毯、コルクマットなどは染み込むことなくササッと拭き取ればシミになることなくきれいにできますが、ほとんどの素材が紡毛なので、対処が遅れるとすぐに染みついてしまいます。

カーペット(絨毯)、ラグの汚れ・シミの取り方
  1. ①カーペットについてしまった汚れをティッシュや紙、乾いた布などをあてて、素早く吸い取りましょう。
  2. ②少量の水を布か雑巾に染み込ませ、汚れの中央に向かって擦らずたたくように染み抜きしましょう。
  3. ※布をカーペットに当て上から上からブラシ等を軽く押し当てて前後に軽く動かしながら吸い込ませる方法でもいいでしょう。 素材を傷める事が少ないのでおすすめです。
  4. ③なかなか汚れが落ちそうにない場合や水を弾く油性の汚れやシミ(バター・マヨネーズ・食用油・卵・油性インク・墨・ペンキ・灯油など)は、台所用洗剤か粉末中性洗剤を水で十分に薄めて、布か雑巾に染み込ませてから、②と同じようにたたくように染み抜きします。
  5. ④少量の水を染み込ませた雑巾や布でキレイに拭き取ります。後はしっかり乾燥させればOKです。
  6. ⑤ソースや醤油など、臭いが気になるようでしたら、分解型の消臭剤をシミの箇所に吹きかけておけばいいでしょう。
  7. 水溶性の汚れ・シミの取り方【動画】

    油性の汚れ・シミの取り方【動画】

    シミ取りのポイント
    すぐに汚れを取り除く

    一番大切なのはこぼしてスグの応急処置時間の経過と共に除去しにくいものとなります。シミを見つけたらこすらずに、適切な方法でなるべく早く対処する事が大切です。

    こすって汚れを広げない

    よくある事ですが、あわててゴシゴシ擦ってしまう方がいらっしゃいますが汚れを広げてしまう事になります。まずは汚れをあてた布等に吸い取る事が第一です。シミ抜き作業のポイントは「カーペットのシミ汚れを雑巾(布)に移す」ことです。

    洗剤は使いすぎない

    水溶性の汚れやシミはカーペットや絨毯・ラグマットの素材によっては対処が早ければ水だけでも十分に拭き取る事が出来ます。逆に天然素材のウールやコットン・シルクなどは変色してしまう事もあるので十分に注意しましょう。

    お湯での拭き取りは避ける

    よく、お湯でしぼった布巾でふき取る方がいますが、牛乳・ミルクなどのタンパク質は熱によって固まってしまいかえって汚れが落ちにくくなることもあります。染み抜きは必ず冷たい水を使用しましょう。

    水の量は少量で

    拭き取り作業で雑巾や布に水を染み込ませるときは硬く絞って使いましょう。カーペットに水分を含ませすぎると掃除後の乾燥がしにくくなります。どんな素材も湿気はカビの原因となり、大切な敷物を早く傷めてしまいます。掃除作業後の乾燥も大切なのはもちろん、しっかり乾燥させた状態で使用するのが長持ちさせるコツでもあります。

    カーペットにこぼした嘔吐物の洗濯・臭い処理方法

    ペットの嘔吐は自然現象

    室内で飼ってる犬や猫などのペットは嘔吐や吐きだしを頻繁にしてしまう事があります。原因は胃腸管や食道に異常があるなど病気を疑う場合もありますが、食べ過ぎや早食いなどによる自然の生理現象による嘔吐や吐きだしがほとんどです。

    しかし、カーペットやじゅたんの上で嘔吐や吐きだしをしてしまうと後の処理や洗濯が大変!!

    嘔吐物は胃液を含んだ液体と固体が混ざり合っており、そのまま洗濯処理せずに放置してしまうと、酸化して傷んでしまいます。室内犬や猫の嘔吐や吐きだしが頻繁な場合には後処理、交換がしやすい耐水性・撥水性に優れたジョイント式のマット等を敷き詰めるなどの予防対策が必要です。

    感染性胃腸炎による嘔吐物の二次感染にご注意!!

    赤ちゃんや乳幼児に多いウイルス性胃腸炎(ロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルス)に感染してしまうと激しい嘔吐や下痢を繰り返してしまいます。場合によっては嘔吐物から他の人へと二次感染を引き起こす可能性が非常に高いため、洗濯、処理は慎重に行う必要があります。

    カーペットにこぼした嘔吐物の洗濯処理方法

    それではカーペットや絨毯等にこぼした嘔吐物の処理(ウイルス性胃腸炎による嘔吐物処理も含めて)とスチームアイロンを利用した手洗い洗濯方法をご紹介します。

    用意するもの
    • ●マスク(ノロウイルス等による嘔吐物の処理時には必須)
    • ●使い捨てのビニールまたはゴム手袋
    • ●汚物処理用消毒液:塩素系漂白剤(50倍希釈した消毒液を用意。500ml容器のペットボトルなどを利用すると便利)
    • ●拭き取り用洗剤:中性洗剤または弱アルカリ性洗剤
    • ●ビニール袋・ペーパータオル(新聞紙でも可)
    • ●スチームアイロン
    • ●雑巾またはタオル・布を2枚(拭き取り・アイロンあて用)
    洗濯処理の手順

    ウイルス性胃腸炎による嘔吐物乾燥させないことが大事です。早めの洗濯処理が必要です。乾燥してしまいますと細菌が空気中を漂い口から入り他の人に二次感染してしまう場合があります。

    1. ①二次感染防止のため窓を開けて換気し、マスクを着用しましょう。
    2. ※ 尚、ペットによる吐きだし等は感染することはありませんが、臭いが気になる方は換気・マスク着用をおすすめします
    3. ②ビニールまたはゴム手袋を着用し、ペーパータオルまたは新聞紙等で嘔吐物を広げてしまわないように周りから取り除き、そのまま廃棄用のビニール袋に入れます。
    4. ③準備した50倍希釈の消毒液を集めたビニール袋の中に汚物が完全にしみ込むようにして浸します。
    5. ④水で濡らし固く絞った雑巾または布でカーペットの水分を拭き取ってから中性洗剤または弱アルカリ性洗剤で汚れをふき取り手洗い洗濯します。
    6. ⑤雑巾側に色が移らなくなったら、固く絞った濡れ雑巾で洗剤成分を残さないように拭き取りをしましょう。
    7. ※ 洗剤成分が残ってしまうとカーペットが傷む原因になるのでしっかり拭き取ってください。
    8. ⑥仕上げに細菌類を死滅させるために、水で濡らして硬く絞ったタオルをカーペットに当てスチームアイロンをかけます(85℃以上の温度で1分間加熱)
    9. ※ スチームアイロンをかけることでダニ除去効果もあるのでおすすめです。
    10. ◆詳しくは⇒カーペットダニ駆除/掃除機・アイロン・殺虫剤効果と掃除・退治方法

    カーペットにこぼした嘔吐物の洗濯処理方法

    カーペットの洗濯機での洗い方

    洗濯可能カーペット イメージ

    ここでは洗濯できる(ウォッシャブル対応)の3畳サイズのラグや玄関・キッチン・風呂場の足ふきカーペット、電気式ホットカーペットカバーなどを洗濯機で丸洗いする時の方法をご紹介します。

    洗濯可能カーペットを洗濯機で洗う方法【動画】

    洗う時期に気を付ける

    さて、これからカーペットを洗濯機で洗う方法をご紹介しますが、雨天が続く梅雨時や悪天候のときは避けてください。カーペットや絨毯は素材や大きさによりなかなか乾かないものもあります。晴れの日が2日は続く日和を見はからって行うようにします。

    洗った後、屋外で陰干しするのですが、雨に濡れてしまうと、雑菌が繁殖して嫌な臭いが発生してしまいます。せっかく洗ったのに部屋の中が臭い…なんてのはこのことが原因なのがほとんどです。

    洗濯表示マークで洗濯可・不可、使用洗剤の確認

    まずは必ず、洗濯機で洗えるかどうか表示確認をしてください。下記の洗濯・手洗いマーク表示されているものは洗濯機での使用ができますが、右側の水洗い不可・ドライマーク表示になっているものは洗えないのでご注意ください。

    洗濯表示

    ゴミや食べかすの除去、シミの前処理をしておく

    洗濯機に入れる前に一度掃除機をかけておくか手すり等にかけてたたいて埃を払っておいてください。また、シミ等の目立つ汚れがある場合はシミ食べこぼし用部分洗い剤か液体酸素系漂白剤をつけて軽くたたくように塗っておくと効果的で落ちやすくなります。

    たたんで洗濯用ネットに入れて洗濯

    ではいよいよカーペットをたたんで大物用の洗濯用ネットに入れて洗濯機で洗うのですが、ここからがなかなか力仕事です。女性一人では無理な方もいます。必ず二人以上で行うようにしてください。

    カーペットのたたみ方

    たたみ方は基本二通りありますがどちらでも選択できますのでやりやすい方でたたんでください。(下記参照)

    屏風畳(びょうぶだたみ)といって、表面を上にしてギザギザに洗濯ネットの長さに合わせ折りたたんでから丸めてカーペット用洗濯ネット(布団など大物用ならOK)にいれます。シミや目立った汚れがある場合にはこちらの方法をおすすめしますが、たたみ方がなかなか大変なので次の方法でも十分に洗えます。

    別の簡単な方法は方法は単純に表面を内側にして洗濯ネットに入る大きさになるまで端から折りたたみます。

    カーペット たたみ方

    洗濯ネットにセットし終わりましたらそのまま洗濯機に入れます。使用する洗剤にワイドハイタ-などの「液体の酸素系漂白剤」を併用していただくと洗浄力・殺菌・消臭効果も上がりおすすめです。ご自宅の洗濯機の大物洗いコースを選んでスタート!!

    脱水時にエラーがでたら?

    カーペットのような重さのあるものを選択でき脱水しますとよくエラーになり、停止してしまう事があります。面倒ですが、その時は一旦取り出して(※重さがあるので必ず二人以上で)浴槽などで大体の水分を絞って軽くしてから再度洗濯機で脱水するようにしましょう。

    • (※アルカリ性の「粉末の酸素系漂白剤」では色落ちするおそれがあるので使用は控えてください。)
    • (※洗い終わったカーペットを洗濯機から出す時非常に重くなっています。二人か三人で取り出すようにしましょう)

    カーペットの干し方

    洗い終わったカーペットは屋外で必ず日陰で陰干しします。直射日光に当てますと変色してしまう事があるので注意してください。

    干し方は以下の物干し竿またはハンガーを使用した方法を参考にしてください。

    カーペットの干し方

    ≪重要≫湿気が残らないようにしっかりと乾燥させることがカーペットや絨毯を長持ちさせるコツです。

    干した後の仕上げ

    完全に乾きましたらそのまま布団たたきでホコリを払います。部屋に敷きましたら一度掃除機をかけておくとよいでしょう。

    洗っても臭いが残ってしまったら?

    正しい洗濯方法で洗ったとしても、臭いが取れきれないこともあります。その場合は粉末の酸素系漂白剤をお湯に溶いてものを雑巾に染み込ませ、硬く絞ってから拭き取りますと臭いは取れます。

    市販のものでしたら「ワイドハイター粉末タイプ」「カラーブライト」等がおすすめです。重層や酢を使った方法も聞きますが、あまりおすすめできません。

    【注意事項】
    電気ホットカーペットカバーは完全に乾いてから使用しましょう

    電気ホットカーペットカバーを洗濯後はしっかり乾燥させてから使用するようにしてください。乾かないままカバーを本体に掛けて通電しながら乾燥させてしまいますと漏電・故障の原因となるので十分に注意してください。

    洗濯機に入らない場合・ウレタンフォーム素材の洗い方

    ラグなど洗濯機に入るサイズのカーペットや絨毯なら上記の方法で洗えますが、ご自宅で使用の洗濯機の種類のよっては入らないことも当然あります。カーペットが大きい場合の洗濯方法は風呂場の浴槽利用するのがおすすめ!またはコインランドリ―を利用して洗濯する方法もあります。料金がかかりますが、毎日行う事ではないので家計を圧迫する事もないでしょう。

    また、洗濯できるカーペットでも全体がポリエステルだけなら洗濯機での洗濯は可能すが、表示がポリエステル100%で中身がウレタンフォーム、裏地が不綿布のものは洗濯機に掛けると生地が傷みボロボロになってしまう可能性もあります。洗濯表示は必ず確認しましょう。

    そこで、洗濯機で洗えないタイプの場合には以下のような浴槽での洗い方がおすすめです。少し手間がかかりますが、傷めることなくきれいに仕上がりますので挑戦してみましょう。

    カーペットをお風呂で洗濯する方法

    使用する湯は昨夜の残り湯を利用するといいでしょう。お湯を捨ててしまった方や、湯船が汚くてお湯が汚れている場合には30℃以下のお湯をカーペットが完全につかる高さまで浴槽に入れましょう。

    (※必ず洗濯表示マークが「手洗い可」になっているかを確認してください)

    1. たたんだカーペットを浴槽に入れてよく溶かした洗剤を入れてしっかりと足踏みして汚れを落とします
    2. すすぎは洗剤がなくなるまで数回お湯をかえて行います
    3. すすぎが終わりましたら柔軟仕上げ剤を入れてしばらく置いておきます(約5分)
    4. 最後に水を抜いて足で踏んで大方の水気を抜きます。しばらく浴槽にかけておいてから屋外で陰干しします

    カーペットのどのくらいの頻度で洗うものか?

    カーペットの洗濯の頻度は使われるご家庭の環境や種類・大きさにより洗う頻度は異なりますが、上記で紹介しました洗えるタイプのものなら年2回は洗濯したいものです。洗えるラグやカーペットなど洗濯可能なもので小さめのものなら月に1回ペースで洗う方もいらっしゃいます。

    ペットや赤ちゃんがいらして頻繁に汚されるようでしたら、部分的な取り外しができて、水洗い可能!お手入れがしやすいコルクマットやEVAカラー素材のジョイントマットを敷き詰めますと部分的な清掃が楽になるのでおすすめです。

    カーペットの洗濯は便利なコインランドリーで!

    コインランドリーでカーペットや絨毯は洗えるのか?不安に思いますが、大体ほとんどが大型の洗濯機、乾燥機を設置しています。

    コインランドリーで洗濯するメリットは、業務用の洗濯機を使用するので、自宅で洗うよりも洗浄時間の短縮になり、雨天時でも大型乾燥機でシッカリ乾かせます。料金も高くて1コイン約500円前後で、洗濯、乾燥合わせて1000円くらい。カーペットのように洗う頻度が少ないことを考えると安上がりで家計を圧迫する事もないでしょう。

    洗える量や利用方法、金額、入れ方等は事前に下調べしておくことをおすすめします。

    カーペットのクリーニング依頼と料金の目安

    クリーニング店か専門業者か??

    洗濯できないカーペットや絨毯はクリーニング店か専門のハウスクリーニングなどの業者に依頼しなくてはいけません。場合によっては思わぬ高額になる事もあります。合わせてカーペットの修理となりますと倍以上の金額になる事もあります。

    やはり専門業者に依頼することおすすめします。クリーニング店によってはやってもらったはいいが縮んでしまっていたり変色などのトラブルが発生することも少なからずあり得ます。専門の業者なら経験豊富でトラブルも少なく保管サービス等もあるので信頼できます。

    インターネット等で調べたり知人に教えてもらったりして信頼できる業者を事前に確認してから依頼するようにしましょう

    カーペットクリーニングの料金の目安

    通常一般的なカーペットやじゅうたんであれば1畳で約1,000円~1500円前後。ウールやシルクの高級素材となると1畳分でも約8,000円~10,000円前後かかることもあります。必ず、素材とサイズを調べておきましょう。

    カーペットから「砂」?下にでる白い粉末の正体

    接着剤(ラテックス)が劣化し剥がれたもの

    長年カーペットを使用していますとめくった時に白い粉末状のものが床に落ちているのを見かけます。また、ホットカーペットカバーやラグマットを洗濯した時、細かい砂のような粉が出できます。これは裏地の接着剤が剥がれたものです。

    専門用語で「ラテックス」と呼ばれるゴム製の接着剤と増粘剤です。徐々に乾燥して劣化し下に落ちてきてしまいます。場合によっては表面に出てきてしまう事もあります。使用していると当然劣化し耐久力も落ちてきます。あまりにも白い粉上のものが床下に落ちている場合は替え時の目安かもしれませんね。

    人体に悪影響はありません

    この白く粉末状になったラテックスは見た目ハウスダストのように人体に悪いのではないかと心配になりますが、成分は炭酸カルシウムで少し体内に入り込んでしまっても害になる事はありません。

    しかし、表面からでてきてしまうと赤ちゃんやペットが誤って口にしてしまう事もあり、安全とは言い切れません。洗濯すればさらにラテックスは剥がれ耐久性はおろか使用できなくなってしまうかもしれません。この際は思い切って新しいカーペットに買い替えることをおすすめします。

    お手入れラクラクカーペットならジョイント式がおすすめ!!

    カーペットや絨毯は部屋一面に敷くのが普通でしょう。しかし、そのため大きすぎて洗濯ができない、張り替えたいと思っても大きな家具を移動しないといけない…などの苦労と悩みがあります。

    おすすめは、カーペットまたはマットをパーツを組み合わせて敷詰めるジョイントタイプ!汚した部分だけ手軽に洗えるし、部分交換もラクラク!

    おすすめ!吸着バリアフリータイルカーペット

    吸着タイルカーペット
    おくだけ吸着タイルカーペット紹介動画

    『吸着タイルカーペット』は裏面に滑り止め加工された小さな吸盤になっているて、優れた吸着力!掃除機をかけても吸い上げることなくお手入れがしやすい!ジョイントタイプで加工が自由にでき敷詰めも簡単!薄くて丈夫な厚さ3mmで高齢者のつまづき防止、赤ちゃんの転倒予防、ペットのフローリング上での床滑りを軽減します。

    タイルカーペットは取り外しが簡単で全面を取り外すことなく汚れた部分だけ自宅の洗濯機でそのまま洗えます!速乾性に優れ乾きが早く、何度も洗えて経済的です!

    吸着タイルカーペット

    赤ちゃん・子供に安心!コルクマットが大人気!

    子供部屋や赤ちゃんが歩き初めた頃は薄いカーペットや絨毯では転んだ時に不安です。そこでおすすめなのが、ジョイントタイプのコルクマット!

    ジョイント式のコルクマットやEVAカラーのジョイントマットは部分的な取り外しが可能で防水加工されているので水洗いが可能です!!赤ちゃんや犬・猫などのペットの食べこぼしやおもらし等が頻繁でも洗濯・お手入れが毎日手軽にできるのでとっても便利!!

    敷詰め・加工が簡単でリビングやキッチン・廊下、玄関マット・ベランダにもご利用できます。コルクマットの樹木の風合いやカラー・デザインが豊富なカラーマットなら北欧・シンプルモダン・アジアンスタイルやレトロ風など様々なお部屋のインテリアにも馴染みます。

    コルクマット やさしいジョイントマット
TOP