ふくらはぎを温めるとで全身が温かくなる理由

ドクターメドマー DM-6000タイトル画像

ふくらはぎを温めると全身があたたかくなる

ふくらはぎを温める理由

体の中で“ふくらはぎを温めないかぎり冷えは改善されない”といわれるくらい体の中で最も冷えているのがふくらはぎで、それだけに、全身に与える影響は絶大です。ふくらはぎの冷えはどうして全身の冷えにつながるのでしょうか。

もともと冷えやすいのが特徴

ふくらはぎは体の皮膚の中でも薄く冷えやすくなっています。冬場にむき出しで外気にさらしてしまうとたちまち冷え込み筋肉が収縮します。熱を逃さないようにするために、筋肉を縮こませるのです。その結果筋肉がこわばって、硬くなります。筋肉と血管は一心同体で、血管は筋肉の中を通っているので、筋肉が冷えて収縮するとそれに伴って血管も収縮します。

血液・リンパ液を心臓部へ戻すポンプ機能を担う

ふくらはぎの筋肉には、もう一つ重要な役目があります。それは、下半身に流れ込んだ血液やリンパ液を心臓部へと押し戻すためのポンプ機能の役目を果たしています。冷えて筋肉が収縮してしまうと、その機能が低下し、代謝の悪化につながってしまいます。

つまり、ふくらはぎが冷えて筋肉が収縮すると、そこで血液循環にブレーキがかかってしまい、酸素や栄養が各細胞に十分に行き渡らなくなり、エネルギーを発生しなくなるため、全身の冷えにつながるわけです。

ふくらはぎ冷える理由

逆に、ここを温めるだけで、全身を温めることもできるのです。ふくらはぎを温めると血管が拡張し、下半身の血液がよくなります。筋肉もほぐれて柔軟性が高まるため、下半身の静脈血を心臓に押し戻すポンプ機能も促されます。

その結果、ふくらはぎだけでなく、全身の血行が改善されるのです。血行が良くなればむくみも解消され、体全体が元気になります。局所的な働きがけで全身に効果を及ぼすのは、おそらくふくらはぎだけでしょう。

足湯が冷えを解消するのは?

少し前から、スネから下だけをぬるめのお湯につける「足湯」がブームとなっています。足湯も同じことで、ふくらはぎを温めることで血流が改善され冷えを解消します。また、ふくらはぎを温めると、免疫力が高くなります。一説には、一週間に2回体温を上げると免疫力があがるともいわれています。

足湯

冷えを改善するふくらはぎマッサージ機 「ドクターメドマー」

ふくらはぎマッサージ機 ドクターメドマーの心地よいマッサージ効果によりふくらはぎを効果的に温めることにより冷えを解消し、全身を温めることができます。

ドクターメドマー効果
TOP