足のむくみの原因について

トップ画像

足のむくみの原因について

ドクターメドマー/足のむくみの原因と解消方法
足のむくみ 画像

足にむくみを感じる方は特に女性に多く男性や更年期、高齢者の方にもみられます。特に日本人の女性の7割以上が足にむくみを感じるといわれています。

「夕方になってくると足がむくんでつらい…」
「靴下の跡が足にクッキリついてしまう…」
「むくみがひどく痛みがある、しびれることがある…」など。

足にむくみを感じる女性の現状

当サイトでは、足のむくみの症状と原因、悪化防止策、予防法と改善方法についてまとめてみました。

足のむくみに伴う症状

原因は様々ですが、症状に見た目が気持ち悪い・ひどい腫れ、違和感を感じる、急に体重が増加した場合には病気を患っている恐れもあり直ちに病院での治療を必要とすることもあります。

朝からむくみがある

就寝前の嗜好飲料(ジュース類)の摂取過多・塩分を多く含んだ食べ物の摂取(スナック菓子等)・深酒が主な原因で就寝中の水分代謝が低下し、翌朝のむくみとなる場合が多い。

就寝前の水分摂取は、寝ている間に水分が失われ、かえって水分代謝能力を低下させ、むくみの原因となるとも言われています。就寝前の水分摂取は、塩分や糖分を含んだ飲み物は避け、コップ一杯の水を寝る30分くらい前に摂取しておくことが望ましいでしょう。

片足だけが腫れる

片方の足だけにむくみが出るのは「局所性浮腫」といって、おもに静脈およびリンパ管の輸送経路に障害が起きるために生じます。

局所性浮腫の原因には静脈血や血栓・リンパの流れの悪化で伴う下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫などの恐れがあり医師の治療を必要とします

赤い斑点のしっしんや内出血・うっ血

足のむくみとともに赤い斑点の湿疹がある場合には「うっ血性皮膚炎」が原因である可能性があります。

長時間のデスクワークや立ちっぱなし、足の筋肉量が少ない、運動不足などが原因で、下肢の血液循環が悪化し生じることが多いとされています。

治療法として、ふくらはぎを圧迫させ絞り上げるタイプの 「 足マッサージ器」を利用し、血液の流れを解消させることで、うっ血状態やむくみを改善できます。

看護師推奨の足マッサージ器はこちら

太もものむくみ

太ももやふくらはぎのむくみは、立ち仕事などで疲労が蓄積し、一時的に血液の流れが低下することによって生じる静脈の血液循環の悪化により生じることが多い。

しかし、太もものむくみの原因には脂肪・水分・老廃物をため込んでしまうセルライトの可能性もあります。

押しても戻らない

指で押した時、圧痕が残るむくみは心臓・腎臓・肝臓などの代謝機能の疾患により体内の水分やナトリウムのバランスが乱れ、間質(臓器の機能を直接担っている部分以外の組織)に水分が貯まることが原因。

圧痕の戻りが早い(約40秒以内)の場合、「低アルブミン血症」が疑われ、圧痕の戻りが遅い場合には「腎不全」「心不全」である疑いもあります。

指で押しても戻らないむくみがある場合は、直ちに内科にて受診し、水分やナトリウムの制限、利尿薬の投与などの治療が必要となります。

血管が浮き出る

足の血管が網目状に浮き上がり目立つようになってきた、だるさ・ほてり・皮膚の黒ずみなど変色を伴う場合、「下肢静脈瘤」の可能性が非常に高いとされています。

「下肢静脈瘤」とは、血液の静脈の逆流を防ぐ静脈の弁が正しく閉じなくなり、血液が逆流することによって起こる血管の病気です。

40歳以上の約半数(特に女性)が下肢静脈瘤になると言われており、加齢現象や疲労と勘違いしてしまい、治療が遅れ、重症化してしまうケースもあります。

「日帰りストリッピング手術」といって日帰り治療でほぼ改善させることができ、保険も適用できる治療法もあります。

症状が悪化しないうちに、おかしいと思った時は迷わず病院での診療を受けてみましょう。

皮膚が柔らかくテカテカしている

むくんだ皮膚やテカテカと光沢している場合の原因には血漿タンパク濃度の低下による「低タンパク性浮腫」の可能性があります

「低蛋白性浮腫」は、寝たきりの高齢者の方によくみられ、ビタミンB群やたんぱく質不足など栄養状態が悪くなると、水分を血管に取り込みにくく、薄い皮膚の下に、血管から水分が漏れて、テカテカとした光沢、ツルツルとした感じに見えます。

しびれや痛みがある

足のむくみとともにしびれや痛み、冷感がある場合には「閉塞性動脈硬化症(ASO」といって足の血液の不足により血管が細くなる疾患の恐れがあります。

動脈は、心臓から送り出された血液を臓器や筋肉へ運ぶ働きを担いますが、動脈硬化が原因で、動脈が狭くなってしまったり(狭窄)、つまってしまう(閉塞)事で起こる血管の病気を「閉塞性動脈硬化症」といいます。

糖尿病、高血圧、脂質異常症、喫煙などの動脈硬化の危険因子をもっている方に生じることが多いとされています。直ちに医師の治療が必要です

立ちっぱなしに伴う足のむくみを解消するには

看護師さんや接待業、客室乗務員(CA・キャビンアテンダント)など勤務中ずっと立ちっぱなしで帰宅時になると足のむくみが出て、痛みが生じて翌朝まで残っているなどの悩みが尽きないといわれています。

立ち仕事に従事される方だけでなく、毎日の満員電車での通勤やイベント時の待ち時間、家庭での長時間の調理など、日常生活のなかで「立ちっぱなし」になる機会は結構あります。

そんな「立ちっぱなしによる足のむくみや痛み」を解消させるための方法をまとめたおすすめの記事をご紹介しておきましょう。

立ち仕事で足が痛い・むくみの悩みにCA・看護師が推奨する対処法
立ち仕事で足が痛いときの対処法
1日立ちっぱなしでふくらはぎはパンパン!すねは痛いし足首周りはむくみがヒドい!立ち仕事で尽きない足の悩みにCA・ナースが熟知している足ケア方法を教えます。……

足のむくみ度セルフチェック

では足のむくみ度をセルフチェックしてみましょう。以下の該当項目にチェック数が多い方要注意!足がむくみやすくなっています。

足のむくみセルフチェック
  • □立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢でいることが多い
  • □冷房の効いた部屋に長時間いる
  • □歩く事がほとんどなく運動量が減った
  • □足の筋力が低下した
  • □階段の上り下りが辛くなった
  • □夕方になると靴がきつくなる
  • □朝になってもむくみがとれない
  • □夏でも足元や手指の先が冷たい
  • □足のすねを指で押すと圧痕が残り戻りにくい
  • □夏でもあまり汗をかきにくい
  • □肩コリがあり猫背になりがちである
  • □むくみと共に赤い斑点の湿疹がみられる
  • □お風呂はシャワーで済ませる事が多い
  • □便秘しやすい
  • □布団の中で足元が冷えて寝つきにくい
  • □夜更かし気味である
  • □仕事でストレスがたまりがち
  • □加工品や出来合い物・インスタント食品をよく食べる
  • □塩辛い味付が好み
  • □根菜や芋類をあまり食べない
  • □菓子やジュースなど甘いものを毎日食べる
  • □コーヒーや紅茶を飲むときは砂糖をタップリ入れる
  • □ラーメンやうどんなど麺類のスープは残さず飲み干す
  • □野菜や果物をあまり食べない
  • □サラダを毎食事にたくさん食べる
  • □夏でも冬でも、冷たい飲み物が好き
  • □付き合いなど飲酒がおおい
  • □外食が多い
  • □水分をあまり摂らないまたは摂りすぎる
  • □産後または妊娠中である
  • □リンパ切除の手術をした

足のむくみの原因を知ろう

むくみの症状には必ず原因があります。正しい対処で改善解消させることが大切です。足のむくみの原因は様々ですが主に「生理的なもの」と「病気が原因の疾患によるもの」に大別されます。

  • ●運動不足や筋力低下による血液循環の悪化
  • ●暴飲暴食・塩分過多や飲酒・深酒などの食生活の乱れなど日常生活習慣によるもの
  • ●女性の方の月経前や妊娠中、生理などが原因
  • ●内疾患等病気が原因によるの足むくみ
  • ●糖尿病の初期症状に神経へのダメージが原因で足のむくみやしびれ・痛みがでる

生理的なむくみは生活習慣や体質改善、日々のセルフマッサージ等で通常は病院での治療を必要とせず解消することが可能ですが、症状が悪化し、体調不良を伴う場合には病気が隠れていることもあり、直ちに医師の受診が必要です。

血液循環の悪化による足のむくみの原因

デスクワークや立ち仕事が多く歩くことがほとんどない

夕方になると足がパンパンになって、靴がきつくなっていたり、靴下の型がつくといった症状には比較的理由は明快です。人体の血液は重力に従って足の静脈や毛細血管にたまりやすくなります。そのため静脈圧は上昇し、血管内から細胞間質に水分が溢れだしてしまいます。細胞間質にしみでた水分は毛細血管やリンパ管に戻りにくく結果足がむくみやすくなってしまうのです。

また、混んだ電車での通勤は無理な体勢を強いられ、足の筋肉はこわばり、リンパ液や血液の流れを滞らせるような典型的なOLの生活には足のむくみの原因が多く潜んでいます。

足のむくみのメカニズム足のむくみの原因

しかし、夕方ごろにたまる足の血液は通常ふくらはぎのポンプ作用により心臓部へと送り戻されるようになっていますが、筋肉量不足や運動不足が原因でそのポンプ力が低下していると足もとに血液がのこったままになってしまいます。

ふくらはぎのポンプ作用低下が原因

ふくらはぎのポンプ作用静脈血はふくらはぎの筋肉のポンプ作用によって中枢に戻されますが、ふくらはぎが冷えて硬直していたり、筋肉のポンプ作用が低下が原因で静脈内の血液の圧力が上昇し、血管内から血管外へ血液の水分が浸み出て、細胞外に水分が貯留してしまいまうことが原因で、足にむくみが生じます。ふくらはぎは「第2の心臓」とよばれ、足先から心臓へと血液を送り戻すポンプ機能の役割をしています。

一昔と違って日本人の体型も欧米化している昨今、街中を歩いているととてもスリムで足長、美脚美人の方が多くなったように思えます。

脚痩せしたい、雑誌やメディア、憧れのモデルさんのようにスラリとした脚を手に入れたい…。そう願う女性の方が増えてきています。ふくらはぎを細くしたいと願う女性にとって、ふくらはぎのポンプ機能を活発に働させることが、むくみを解消させるために最も重要な事と言えます。

ふくらはぎを細くする方法/絶対知らないと損!本当に細くなるふくらはぎの痩せ方
ふくらはぎを細くする方法
むくみで大根足…、筋肉質なふくらはぎ…、足を細くするための方法はいろいろありますが、これを知っていないと本末転倒!
モデル・フィギアスケートの方の歩き方、痩せる足マッサージのコツなど、脚痩せ希望者必見です!
リンパ液の流れの悪化

ふくらはぎのポンプ作用の低下はリンパ液の流れにも影響します。リンパ液が流れる管はリンパ管といい、血管とは別にあります。血管と同様リンパ管も全身に張り巡らされていて、体の老廃物を回収しています。

足のむくみに伴う「赤い斑点・発疹」の原因

足にむくみが出た時に皮膚に赤身を帯びた斑点のように発疹することがあります。これは「うっ血性皮膚炎」といって、静脈や毛細血管の血流が悪化することで、その部分がうっ血し、湿疹しやすくなることから発症します。主に足首付近に現れることが多く、ひざ下あたりまで広がる可能性もあります。

原因のほとんどはデスクワークや立ち仕事の方で血流が悪くなり、くふくらはぎのポンプ作用が低下していることで、足元の静脈が圧迫されてしまうからです。また、足元を冷やしてしまう事も原因の一つです。

治療法としましては、血液循環とリンパの流れを改善させる効果の高い、「ふくらはぎマッサージ」を行ない、ポンプ効果を促すなどされると改善されるます。また、屈伸運動やウォーキング等を積極に取り入れむくみとともに血流を改善させることが大切です。

高齢者の方やセルフマッサージの継続が困難な方には、自宅で毎日できる家庭用マッサージ器をおすすめします。

足つぼ・ふくらはぎマッサージでむくみを解消
リンパマッサージのすすめ

リンパマッサージとはリンパの流れをよくし、足のむくみ解消に効果的です。リンパマッサージというとなんだか特別な方法があると思われがちですが、リンパ管には弁がついていて、自然に一方方向(心臓部に向かって)に流れやすくなっています。

簡単な運動をするだけで筋肉がリンパ液の流れを刺激しますので、椅子に座っている時や立ち仕事の合間に足首を上下したり回したりするだけでも効果が期待できます。手でマッサージをするときは、体の中心つまり心臓に向かってやさしくマッサージするのがよいでしょう。

リンパマッサージについて
血液とリンパ液の流れについて

ここで、人の血液とリンパ液の流れについてお話しすると、酸素や栄養分豊富な動脈血は毛細血管の流れ込み、ここで血液内の水分のの一部とタンパク成分などは毛細血管外に出て細胞の取り込まれ、細胞が働くために消費されます。

そして余った水分は静脈に流れ込み、心臓の右心系から肺へ行き酸素を補給し動脈血になります。この時細胞からの余ったタンパク成分などは、直接静脈に戻らず、一度リンパ管に流れ込みます。

しかし、リンパ液の流れが悪いと、タンパク成分がリンパ管に十分に流れ込めず、細胞間質にたまってしまいます。すると、細胞間質の浸透圧が上昇し、水分を引きつけ足などのむくみとなってしまいます。リンパ液には血液のような流れはなく、ふくらはぎの筋肉や内蔵の動きに伴って循環するため、血液の循環にダイレクトに影響します。足のむくみ解消には、ふくらはぎの静脈血を押し戻すポンプ機能を活発にし、血液・リンパ液の循環をスムーズにするすることが大切です。

リンパについて

リンパ浮腫による足のむくみ

リンパ管の流れが悪化することにより圧迫された状態となり、老廃物やタンパク質、水分等がリンパ管の外にしみでて人体の下部に位置する足のむくみとなってしまう症状です。詳しくは下記にてご参照ください。

むくみが原因となるセルライトについて

「セルライト」は足などのむくみによりリンパ管や毛細血管の外にしみでた老廃物が原因とされています。詳しくは下記よりご参照ください。

月経前や生理、妊娠中に出るむくみの原因

プロゲステロンの影響

月経前はなんだか体がむくんで重く感じます。実際体重も少し増える方が多いです。それは、プロゲステロンというホルモンの影響です。プロゲステロンは別名黄体ホルモンともいますが、排卵直後から増加し始めて妊娠すればそのまま高値を維持し、妊娠しなければ月経を迎える頃には減少します。

月経は周期的な女性ホルモンの絶妙なバランスで成立していますので、月経に伴うある程度の体調の変化は仕方のないところでもあります。

むくみは月経前症候群の一症状

月経前症候群(PMS)というのをご存知でしょうか?PMSとは、やけにイライラしたり憂鬱になったりなどの精神的症状や頭痛やむくみなどの身体的症状が月経の2週間前頃より出現し、月経開始とともに消失しるという、月経周期に伴って出現する症状のことをいいます。

原因は遺伝性や女性ホルモンバランスなどが考えられており、その治療法には食事療法や生活改善、ホルモン療法などがあります。PMSの症状の種類や重さは個人によってさまざまなので、このような症状で悩んでいる方は婦人科に相談されるのがいいでしょう。

妊娠中にむくみやすい理由

妊娠中に伴う足などのむくみに悩む方は多いものでその理由は、血液循環量の増加、子宮が血管を圧迫し血流が悪化する、プロゲステロンの増加などがあります。プロゲステロンには受精卵の着床に備えて子宮内膜を充実させるために、水分をため込む性質があるからです。

日常の生活習慣による足のむくみ

私たちの普段の生活の中に潜むむくみ原因についていくつか挙げてみましょう。一度ご自分で足のむくみセルフチェックして、生活の中から原因を見つける必要があります。

水分、塩分などの過剰摂取

生活の中のむくみの原因体内の電解質濃度は、細胞の内外で、一定の濃度差を保っています。塩分をとりすぎると、その濃度を保つために水分を多く必要とし、結果むくみの原因となります。

食塩、しょうゆ、味噌などの調味料やインスタント食品、加工食品には想像以上の塩分が含まれていますので注意が必要です。特に見落としがちなのが加工食品に含まれる塩分です。魚肉の加工品やチーズ、ハムなどは、製造過程で、塩分が加えられていますので、成分をチェックしたりなどの注意を払うようにしましょう。

夕飯や寝る前の味付けの濃いものや塩辛いものは避けるようにしてください。具体的には味噌汁やスープや漬物、酒の肴やスナック菓子などは控え、味付けは薄味にします。塩分を控えるだけで足のむくみが改善される事があります。

タンパク質不足が原因のむくみ

血液は赤血球・白血球・血小板・アルブミン・グロブリンなど、多くのタンパク質が水分に溶けている液体です。血液中のタンパク質の濃度は自律神経のより一定の濃度を保っています。

毎日タンパク質摂取が足りないと、血液中のタンパク質が足りない状態になります。このような状態の時には自律神経が、血液中の水分を血管外に出して、血中のタンパク質濃度を一定に保つように働きます。血管の外に出された水分は周囲の組織にしみだし、これが足のむくみとなります。

運動不足など基礎代謝の低下による冷え症

ウォーキングは足のむくみ解消運動冷え症で悩んでいらっしゃる女性は多いですね。体が冷えると血液循環が悪くなり、新陳代謝も落ちて、太ったりむくんだりしやすくなります。このように冷え症と足のむくみには密接な関係にあります。ですから冷え症を改善すれば、むくみにくい体になります。

冷えの原因は様々ですが、体を冷やす食べ物はなるべく避ける、薄着はしない、素足でサンダルをはくなど、足首を出したファッションをしたり、シャワー中心の入浴をして体の芯が冷えてしまうと血行不良を招くことにより足のむくみを伴ってしまいます。。男性に比べて筋肉の少ない女性は、一旦体が冷えてしまうと温まりにくいのが特徴です。

筋肉量を増やし基礎代謝を上げる

冷え性を改善し、むくみにくい体をつくるには足腰の運動で筋肉量を増やすことです。筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がり、自然に冷えにくい体になります。おすすめは、ふくらはぎ運動になるウォーキングです。ウォーキングは足のむくみ解消運動の代表ともいえるほど効果が期待できます。

ふくらはぎを細くする効果的な歩き方

また、普段から、ふくらはぎのポンプ機能を強化させるために、つま先をグッと伸ばしたり上に引き上げたりする「つま先上げ下げ運動」を行う事でそのポンプがよく働き、足のむくみ防止に効果があります。家事の合間、テレビを見ながらでも簡単にできますね。

エアロバイクのサイクル運動がむくみ・セルライト解消に最適

ウォーキングのほかに、自転車漕ぎやエアロバイクを使ったサイクル運動は足のむくみやセルライトの除去、血液循環促進・冷え解消などの効果があります。

サイクル運動のむくみ解消効果おすすめのエアロバイク

エアロバイク|サイクルツイスタースリム通販

ふくらはぎのポンプ作用が大きく、またウォーキングよりもカロリー消費量が多いのが特徴です。また、歩くと膝が痛むのが原因で運動がしづらいという方にはエアロバイクが最適です。膝の地面への衝撃がなく、膝痛の方にも安心してエクササイズができます。

「むくみを取りたい」「脚やせしたい」「筋肉はつけすぎたくない」とい思う方には、ここで紹介するアクセスジャパン(株)の『サイクルツイスタースリム』がおすすめです。通常のエアロバイクとは違って足だけのぺダリング運動に加え、ハンドルを動かす動作を同時に行う事で消費カロリーをアップさせ、全身の運動効果を発揮します。軽い負荷でのトレーニングでもしっかりカロリー消費し、30分のウォーキング同等の消費カロリー、つまり同じ時間でも約3倍のダイエット効果があります。

悪い歩き方と骨盤の歪みが原因

女性はヒールの高い靴やサンダル、妊娠出産などで骨盤がゆがんでしまいがちです。骨格やズレや骨盤の歪みは正常な血行循環が阻害され、新陳代謝が落ち、リンパ液や血液の流れを圧迫し、肥満や足のむくみの原因となります。体の重心がズレた状態のまま歩いていると、それをかばう歩き方に変化していき、下半身に余分な力を与えることになる。ますます足のむくみを悪化させる原因となってしまいます。

柔軟体操、ウォーキングや水泳など適度な運動を取り入れることで、骨格が矯正され足のむくみが改善されます。また、股関節あたりを柔軟に柔らかくすると足に行く血液の流れがよくなります。

日常時での正しい歩き方

女性ホルモンのバランスの異常

バランスの悪い食事や過度のストレス、また生理による周期的なホルモン分泌の変動が、主な原因とされる。女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経の働きが不安定になる。すると、排泄をつかさどる腎臓の働きを鈍らせることになり、足のむくみの原因となってしまいます。

水分はとった方がいい?控えた方がいいか?

人の体の水分量は、体重の約60%で、そのうちの3分の2が細胞内、3分の1が細胞外に分布しています。細胞外とは血管内と細胞間質を合わせたものです。

むくみは細胞間質の水分が増加した状態ですので、異常な量の水分摂取を続けた場合はむくみやすくなります。ただ健康な人であれば、過剰な水分を摂取した分、尿量も増えますから、まず大きな問題はありません。通常、水分摂取は1日1,000mlから1,500ml程度、糖分が多いものや味が濃いものは控えるようにしましょう。

時々、むくむのが嫌だからという理由で水分をとるのを極端に制限している人がいるようですが、これはよくありません。脱水状態になると腎臓の機能が悪くなることがあります。健康な人であれば、水分摂取量に応じて自然に必要な尿量を排泄しますので、安心してください。

内疾患による足のむくみと原因

慢性静脈不全 静脈還流障害による足のむくみ

現代人の特に女性の方に多い足のむくみのほとんどの原因に静脈血が下半身で滞る循環不良によるものといわれています。そのまま放置しておりますと、静脈還流障害(慢性静脈不全)といった症状に侵攻してしまう恐れがあります。もともと足の筋力のない方、冷え症に多く、血液循環の悪化で滞り、血液内の圧力が上昇し、染み出てしまう下肢浮腫症状です。

下肢浮腫の原因と症状

健康な方や、それなりに足の筋力のある方であったとしても、一日中デスクワークで座りっぱなし立ったり、冷房による身体の冷え、また逆に立ちっぱなしであっても下肢の浮腫が生じやすくなります。女性に多いのは、男性よりもふくらはぎの筋力が低いためとも言えます。

初期の症状には足のむくみとともに、しびれや痛み、だるさを感じやすくなります。

腎疾患、慢性腎炎によるもの

まずは、足にむくみがあるかどうかを判断するチェック方法として、ご自身で足のすねと甲を指で押してみてください。その時指のあと(圧痕)がしっかり残るかどうかを観察します。

もし、圧痕がしっかり残るようでしたら、その多くに腎疾患のわずらいがある可能性があります。すぐに病院に行くのに抵抗があるようでしたら、薬局で、尿タンパク、潜血などを調べられるものが売っています。脅かすわけではありませんが、もし尿に、タンパクや潜血が出ていたら、腎臓の調子が悪いかもしれません。むくみが出る代表的なものは、ネフローゼ症候群や急性糸球体腎炎といった病気が多く、直ちに病院で検査してもらう必要があります。

圧痕が残らない足のむくみの疾患

確かに原因として腎疾患は多いのですが、なかでも、むくみが出るものと出ないものがあります。病気が原因の場合も腎疾患とは限りません。中でも、甲状腺機能低下が原因のむくみは圧痕が残らないのが特徴です。

心疾患による原因

心臓の病気でもむくみが出る場合があります。心臓は全身に血液を送るポンプですから、そのポンプの機能が悪いと血液の循環が悪くなり血管抵抗が上昇し、むくみがでます。心臓の病気は循環器内科で心電図や心臓のエコー検査を行う事で調べられることができます。

貧血からくるむくみが原因

貧血とは、血管内の赤血球が少なくなることです。すると血管内の浸透圧が低下したり、より浸透圧が高い細胞間質へ水分が移動してしまい、結果むくみが出てしまいます。その他貧血があると、動悸やめまい、爪がそり返る、氷など硬いものを食べたくなるなどの症状があります。貧血の原因も様々ありますので、その原因に沿った治療を行う事が大切です。

健康診断で異常がなくても

健康診断を受けている方も多くいらっしゃると思いますが、そこで異常がないからといって病気が隠れていないとも言い切れません。病気が原因のむくみで多いのは、腎疾患や心疾患、内分泌疾患、肝硬変などがありますが、そのすべてを健康診断でチェックするのは不可能です。やはり、きちんと原因を調べる目的で検査を行うようにしてください。尚、足のむくみ即病気とは限りませんが、病気というわけではないのなら、漢方医に相談するのもよいと思われます。

足のむくみ解消サプリメント「メリロート」の効果

メリロートとはむくみやセルライト解消に効くとされるサプリメント。血中コレステロール値を抑制し、血液やリンパの流れを促進することで静脈圧のよって水分のしみでる症状を緩和します。血行促進で冷え症の方にも利用効果は得られると思います。

DHCシリーズの「メリロート」は薬局やスーパー・コンビニ等で手軽に購入できお値段も低価格なので手軽に始め継続して摂取しやすいのが人気です。ハーブの一種であるメリロートに加え、サポニン・クマリン・ケスセチンなどの有効成分を配合しています。

メリロートを飲むタイミングは既定はありませんが、昼食後に摂取するのがいいといわれています。いずれにしても用量(1日2粒)を必ず守って続けることがサプリメントの鉄則です。即効果を期待して多量摂取されますと副作用の恐れもあり、逆効果になってしまいます。日々の生活改善・正しい食生活に加え補助食として利用し、継続が必須です。

メリロート 効果

足裏湿布ダイエットはむくみ解消に有効か??

メディアで放映されて評判となった「足裏湿布ダイエット」をご存知でしょうか?足の売れに湿布を張ることで血行が良くなり基礎体温が上がることで代謝を促進し、ダイエット効果が得られるというものです。

ではこの足裏湿布療法がむくみ解消に有効なのでしょうか?残念ながら直接的な効果は薄いといえます。予防法としては有効ですが、むくみを除去しようとしても湿布を貼るだけでは、なかなか効果は現れません。しかし、足裏湿布療法疲れ解消、血行促進と効果はあるのでお勧めします。

足のむくみ解消!家庭用足マッサージ機

メドー産業「ドクターメドマー」

足マッサージ機ドクターメドマー」は足の血液循環を活発にし、ふくらはぎマッサージで温め、全身のリンパ液の流れを改善することで、足のむくみ解消をはじめ、内蔵を活発にすることを目的とした家庭用マッサージ器です。

歩いたりなど、体を動かすことが減り、血液の循環が悪い生活になってしまっている方や、また、むくみ解消はもちろん、リンパ浮腫、セルライトを患う方のセルフケアの補助具としてもいつでも手軽に行え、しかも本格的なプロのマッサージ効果を得られることができます。

医療ではリハビリの理学療法の一種としての物理療法として用いられ、整体院・整骨院・治療院で採用され、デイサービスやエステなど幅広く利用される本格派の家庭用足マッサージ器です。

ドクターメドマードクターメドマー 効果

(【医療機器認証番号】225AHBZX00015000【特定保守管理医療機器】非該当【商品区分】家庭用エアマッサージ器)

足マッサージ器/ドクターメドマー通販

TOP