副鼻腔炎・蓄膿症の原因と症状(頭痛・咳・熱)薬・手術・治療法

副鼻腔炎・蓄膿症 トップ画像副鼻腔炎 モバイル用画像

副鼻腔炎・蓄膿症について/原因と種類別症状・治療法

このページの目次

副鼻腔炎・蓄膿症について

副鼻腔とは

副鼻腔とは、人が息を吸ったり吐い たりする鼻腔に接しており、自然口という小さな孔でつながっています。

吸気や呼気の気流がこの閉口部を通って副鼻腔を通過する事はほとんどなく、空気の交換は微妙な圧力の変化によって行われています。

副鼻腔とは4つの空洞(上顎洞・前頭洞・篩骨洞・蝶形骨洞)があり、この空洞がクッションとなり、脳への衝撃を緩和したり、声を共鳴させて音色をよくする働きをします。

通常は4つの副鼻腔内には表面上を覆う「線毛」(細かい毛)により、外部から侵入して異物を分泌物とからめ、自然口を通して鼻腔へ排出する仕組みとなっています。(=線毛運動)

副鼻腔 4つの空洞 線毛運動の働き

副鼻腔炎・蓄膿症とは

しかし、風邪やインフルエンザ・鼻炎など、細菌感染した鼻汁が侵入した場合や、乾燥と低温、喫煙などにより「線毛運動」に障害がおこります。線毛運動の働きが悪くなると自然口の通気が悪くなり、中の分泌物が孔から排出されずにたまっていきます。

鼻粘膜の線毛の排泄機能が低下し、鼻腔内で停滞した細菌が副鼻腔内にまで感染し炎症が起きてしまう症状を副鼻腔炎といいます。

副鼻腔炎にはいくつかの種類があります。

急性副鼻腔炎

細菌やウイルス感染などによって副鼻腔に起こる急性の炎症を起こした症状を『 急性副鼻腔炎』といいます。副鼻腔炎の初期症状でまだ軽症の段階です。

細菌感染し、繁殖するとサラサラの鼻汁は膿を含み、黄色い粘り気のある鼻汁となります。排泄できずに溜まった鼻汁の圧力が高まることで頭痛などの症状が出ます。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

急性副鼻腔炎が長引き、膿がたまり蓄積し副鼻腔内を圧迫するため頭痛や頭重感の症状や歯痛、鼻漏が流れだし喉に流れ落ちる「後鼻漏」でのどが刺激され咳が出る、閉鼻声、嗅覚異常などの症状の状態を『 蓄膿症』(慢性副鼻腔炎)といいます。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)になると、目の腫れや耳管に侵入すると「中耳炎」に、のどの炎症から「気管支炎」などの合併症状を引き起こす可能性があります。

場合によっては濃に影響を与え、「脳膿症」「髄膜炎」、「意識障害」といった症状を患う事もあります。

好酸球性副鼻腔炎

白血球の一種である好酸球が鼻の中で増加し炎症を起こす症状を『好酸球性副鼻腔炎』といいます。

副鼻腔内に鼻茸(鼻ホリープ)と呼ばれるキノコ状の腫瘤が多発し、早い段階での嗅覚の異常、後鼻漏の症状があり、アスピリン喘息との合併の可能性が高いといわれています。

治療が極めて難しく、マクロライド系抗生物質が効かない場合もあり、手術を行っても再発性が高く、「難治性副鼻腔炎」といわれています。

副鼻腔真菌症

副鼻腔で真菌(カビ)が増殖して炎症を起こす『副鼻腔真菌症』といわれる副鼻腔炎があります。

アスペルギルス・ムコール・カンジダといった真菌(カビ)が原因となり、上顎洞に真菌の塊が形成され、鼻閉感・きつい悪臭・鼻出血といった症状が見られます。

高齢者の方や抗菌薬、副腎皮質ホルモン(ステロイド)薬、免疫抑制薬などの抗生剤をよく利用する病気のある方、糖尿病疾患の方に多くみられる病気です。

副鼻腔炎・蓄膿症とは副鼻腔炎・蓄膿症の症状

副鼻腔炎の種類と主な症状・治療法

急性副鼻腔炎

副鼻腔炎の原因は風邪や上気道感染症、インフルエンザにより、細菌やウイルスが感染し粘膜で繁殖し炎症を起こす症状です。

風邪以外にも花粉症やアレルギー性鼻炎の悪化、気圧性副鼻腔炎といって飛行機や潜水艦に乗った際の気圧が急激に変化することでも発症します。

疲れや病気で免疫力が落ち、体の抵抗力が低下している場合は特になりやすくなっています。

症状の特徴

風邪の段階や花粉症での鼻水はサラサラとした状態ですが、急性副鼻腔炎を患うと菌を含んだ膿となり、 黄色(黄緑色)いネバネバとした鼻水になります。絶えず出る事によって炎症を起こし、鼻粘膜が腫れあがる事で鼻づまりや鼻閉感があり、副鼻腔内に溜まった鼻汁が圧迫してしまう事で、軽度の頭痛や顔面痛などの症状が現れてきます。

症状が進行すると、流れ出る鼻水がのどに流れ落ちる「後鼻漏(こうびろう)」が併発し、喉を刺激してしまう事で咳や痰の症状が出てきます。

急性副鼻腔炎の主の症状
  • ●鼻水(粘性を持ち黄色がかっている)
  • ※症状が進み膿の量が多くなってくると緑色に近くなり、“青っぱな”と呼ばれる状態になります
  • ●粘膜の炎症や腫れにより鼻穴が狭くなることで鼻づまり・鼻閉感を伴う
  • ●副鼻腔内にたまった鼻汁が陰圧となり、頭痛・顔面痛・頬の圧迫感・歯痛を生じる
  • 副鼻腔炎の症状(頭痛・顔面痛・歯痛・目の腫れ)
  • ●鼻の中に悪臭を感じる
  • 副鼻腔炎の口臭の原因
  • ●匂いがわかりずらい(嗅覚低下)・食べ物の味がしない(味覚症状)
  • 副鼻腔炎の嗅覚低下・味覚障害の原因
  • ●鼻水がのどに落ちる(後鼻漏)
  • ●鼻水がのどに落ちる事による痰や咳
急性副鼻腔炎は早期治療なら自然治癒で治る
鼻の健康を支える粘液と線毛運動の低下が原因

鼻は外気から取り入れた空気を浄化する働きを持ちます。

正常の場合、吸い込んだ空気中の大きな塵や埃は鼻前提にある鼻毛がキャッチし、体内の侵入を防いでいます。鼻毛というものは毛嫌いされますが、こういった体内に侵入する異物を防ぐ大事な役目を果たしています。

鼻毛でキャッチできないような小さな塵や細菌・ウイルスは、鼻粘膜の上皮細胞にある無数の微細な「繊毛」、それを覆う「粘液層」によって、咽頭部へとベルトコンベアーのように排除・処分する生体防衛の働きをしてくれます。
(※専門用語で鼻粘膜粘液繊毛輸送機能といいます。)

副鼻腔炎は、ウイルスによる感染症(風邪)や、花粉やハウスダストなどアレルゲンによるアレルギー性鼻炎の症状が長びき、鼻づまりが停滞し、これらの細菌が感染してしまうと鼻腔内の繊毛・粘液の生体防衛、免疫力が低下してしまいます。

鼻粘膜の粘液・繊毛の働きを回復させることで治療する

つまり、線毛・粘液の鼻粘膜粘液繊毛輸送機能が低下してしまうと細菌やウイルスが鼻腔内に停滞してしまいます。
副鼻腔炎は、 排除できない原因菌が副鼻腔内に侵入し炎症を起こすことで発症します。

副鼻腔炎の発症を防止し、悪化を防ぐためには、細菌やアレルゲンを寄せ付けない生活習慣や食事等の防止策とともに、 鼻粘膜の正常な働き(浄化作用)を回復させることが大切です。

短期的に発症した急性副鼻腔炎の治療は抗菌薬等を用いなくとも、鼻粘膜の働きを正常化させることで、 人体の自己免疫力(自然治癒力の一つ)で回復するといわれています。人によっては約1か月程度で症状が回復されることもあります。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

慢性副鼻腔炎とは、急性副鼻腔炎が約3か月以上治らず悪化し慢性化した症状のことをいいます。

細菌感染での炎症により自然口が閉じられてしまい、中にたまった濃が排泄されずにたまった症状で 「蓄膿症」ともいいます。

注意しなくてはいけないのは、風邪や鼻炎の症状だと思って放置してしまい、急性副鼻腔炎を患い、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)にまで悪化している事に気付かないでいる方も多くいらっしゃいます。

急性副鼻腔炎の場合は自然治癒で完治する場合がありますが、症状がみられなくなったからといって、放置してしまうと再発することもある疾患です。

慢性副鼻腔炎になると、鼻茸(キノコ状のポリープ)が鼻の中にできたり、気管支炎や脳にも炎症をおこすなど様々な合併症を併発してしまう恐れもあります。

放置して重症化がすすんでしまうと、薬物療法でもなかなか改善しにくくなります。 おかしいと思った時は、耳鼻科での受診を優先し、正しい治療を受ける事が重要です。

鼻炎・風邪・副鼻腔炎(蓄膿症の違い)
鼻炎・風邪・副鼻腔炎(蓄膿症の違い)
慢性副鼻腔炎の症状の特徴

蓄膿症の症状は様々な部位にまで影響を及ぼし、ひどくなるとのどに落ちる 後鼻漏、後鼻漏により喉が刺激され、気管支喘息やアスピリン喘息を助長してしまう事もあります。

鼻性頭蓋内合併症、鼻性眼窩内合併症、子供や赤ちゃんにかかりやすい急性中耳炎等の合併症になる恐れがあり症状が拡大してしまいます。

  • ●鼻水(白っぽく粘りの強い鼻水が出るようになります)
  • ●激しい頭痛(こめかみ・後頭部)
  • ●めまいや吐き気・嘔吐
  • ●鼻水が出ないが頭痛や吐き気がある
  • ●悪寒・寒気
  • ●歯の痛み(特に上顎周辺)
  • ●目と目の奥の痛みやまぶたの腫れ
  • ●顔全体が痛くなる顔面痛
  • ●微熱が続く、下がらない、高熱になる
  • ●鼻閉感がひどくなる
  • ●鼻水がのどに流れる後鼻漏
  • ●喉の粘膜が刺激されて咳が止まらない
  • ●食べ物の味が分かりにくくなる味覚障害
  • ●口臭や異臭の鼻水が出る
  • ●疲労感・倦怠感・集中力の低下・不眠
  • ●止まらないくしゃみや咳や痰で眠れない
  • ●気管支炎を伴う場合は臭いが分からない臭覚異常
  • ●鼻呼吸ができず、いびき・口呼吸となり睡眠時無呼吸症候群にまで及ぶ
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の治療法

治療法には、抗菌薬の服用を中心とした治療法が主となります。その他に、膿を吸引して原因菌を除去し、副鼻腔内をきれいにする局所療法や炎症を抑えるマクロライドといった 抗生物質を細かい粒子にしたスチーム状にし、ネプライザー吸入器で粘膜の機能を回復させる「ネプライザー療法」といった治療法もあります。

しかし、慢性化した副鼻腔炎、つまり蓄膿症まで症状が悪化した場合、耳鼻科で処方される抗生剤等での治療でもなかなか完治しないものです。

それに、薬剤で治療したとしても一時しのぎで治ったとしても再発する可能性が高く、根本的に完治したとは言えません

鼻粘膜の本来の健康を取り戻すには、
線毛運動の働き・免疫力を回復し、自然治癒力を取り戻す事が大切です。

後にご紹介する『細霧吸入療法』は薬剤を使わないで鼻粘膜の治癒力の回復を目的とした治療法で、医療機関でも推奨されています。

薬剤を一切使用しない家庭用吸入器を使った『細霧吸入療法』は、病院での治療と併用できるので、子供や妊婦の方には安心の方法です。

鼻の健康・自然治癒力を高める『吸入療法』

鼻粘膜の浄化作用を回復させ急性副鼻腔炎を自然治癒力で治す方法

急性副鼻腔炎の場合、薬剤を用いないで自然治癒力を高める治療法として医療機関でも推奨される 吸入器を使用した使用した『細霧吸入療法』がが有効とされています。

吸入器による「細霧吸入療法」とは、約43℃に温められた水を超音波により微細ミスト化したスチームを口鼻から吸入することで、のどや鼻に侵入した原因菌を洗い流し、鼻の粘液・繊毛を加温加湿させることで、鼻粘膜粘液繊毛輸送機能を促進させることができます。

ここで用いる「家庭用吸入器」は、抗生物質等の薬剤を一切使用せず、生理食塩水のみを用いるため、 鼻粘膜の繊毛運動の正常な機能の回復を目的とした自然療養で、早めの処置を行う事で通常は1~2週間で症状は自然に治るとされています。

吸入器による細霧吸入療法
入浴時のスーッと鼻が通る「サウナミスト効果」

副鼻腔炎は鼻腔内の鼻づまりが停滞し、副鼻腔内にまで侵入してしまう事で発症します。

風邪や鼻炎・花粉症で酷い鼻づまりを患う方には経験があると思いますが、お風呂に入って湯船につかった時、鼻のつまりがスースーと通る様にスッキリするのを感じると思います。

その理由は、湯船には、お湯から出た温かい湿った湯気が充満しています。

その温かい湿った湯気を鼻から吸い込むことで、鼻の内部の粘膜が潤い、鼻粘膜粘液繊毛輸送機能が活発に働き始めるからなのです。

また、入浴すると、血行が良くなります。血行が良くなることで、粘膜下のたまった血液の流れを促進させることで腫れの原因を解消し、鼻の通りがスッキリするからです。

この入浴時の鼻づまり解消効果を「サウナミスト効果」といいます。

ミストサウナ機能

家庭用吸入器はダイレクトに喉鼻内部にサウナミスト効果を与えます

しっかり殺菌!洗浄効果でスッキリ透き通った心地よさを実感!!

湯船で湯気を吸い込んだ時の、「サウナミスト効果」は、鼻づまりを解消しスッキリしますが、お風呂の湯気の粒の大きさは約1ミリメートルで大きすぎるため、喉の奥まで行き届かないため、洗浄効果は期待できません。

家庭用吸入器のスチーム療法は、超音波による「5um(マイクロメートル)の細粒ミスト=0.005ミリメートル」の超細粒ミストがのどの奥の咽頭部までシッカリ行き渡り、花粉やアレルギー物質、病原菌等を洗い流します。

鼻洗浄や鼻うがいでは到底いき届かない範囲にまで行き渡るので、鼻うがいが苦手、何度やってもスッキリしない方には違いがよくわかります。

5um(マイクロメートル)の細粒ミストのどの奥の咽頭部までシッカリ洗浄
のど鼻を温め潤すことでスッキリ洗浄!不快感を解消!

温熱のスチームまたは超音波振動で水をミスト化し噴霧させ、口鼻から吸入することで、喉と鼻、下咽頭までシッカリと潤いを与え、入浴時の「サウナミスト効果」のスッキリ感を喉と鼻だけい効用させることができます。

超音波による細粒ミストで、花粉やホコリ・病原菌・ウイルスを洗浄できる「吸入療法」は、耳鼻科や治療院等の医療用としても有用とされ推進してされています。

鼻吸入療法のすすめ鼻吸入療法で鼻粘膜粘液繊毛輸送機能が活発に

鼻吸入器なら家庭で使える『A&Dホットシャワー』

おすすめ!家庭用吸入器『A&Dホットシャワー』

おすすめの家庭用吸入器は、生理食塩水が使える「A&D(エーアンドディ)口鼻両用超音波温熱方式『ホットシャワー』」です。

生理食塩水が使えるので「つ~ん」とした痛みやせき込んだりムセることもなく、スムースに吸引します。

超音波温熱方式の細霧ミストは鼻腔口腔咽頭をまんべんなく浸透させる方法なので気持ちいいスッキリ感が違います。

薬剤を使っていないので妊婦の方やお子様にも安心して使えます。

家庭用吸入器『ホットシャワー』家庭用吸入器『ホットシャワー』の効果
生理食塩水使用可能でスムーズに吸入!

A&Dホットシャワーは、吸入した時に痛みがない生理食塩水が使えます。

生理食塩水が使える家庭用吸入器生理食塩水でスムース吸入
超音波温熱家庭用吸入器『ホットシャワー』ご使用のご感想(一部抜粋)
超音波温熱吸入器 ホットシャワー使用の感想 40代男性超音波温熱吸入器 ホットシャワー 使用のご感想 30代女性

家庭用吸入器『ホットシャワー』の口コミ・感想・レビューはこちらから

家庭用吸入器 「A&Dホットシャワー」の詳しい内容は下記よりご覧いただけます。

家庭用吸入器
A&Dホットシャワー


★生理食塩水使用可能!薬剤不使用で安全!花粉症や鼻炎、後鼻漏・鼻炎治療、風邪・インフルエンザ予防におすすめ!
蓄膿症の手術療法
症状が悪化し、鼻茸といわれる炎症性増殖性の腫瘤(しゅりゅう)を発生させ、摘出手術やESS(内視鏡下副鼻腔手術)・内視鏡下鼻内整復術(鼻中隔矯正術・粘膜下下甲介骨切除術)・拡大前前頭洞手術・鼻涙管閉塞症手術(涙嚢鼻腔吻合術)などの 手術療法を行います。

副鼻腔炎と蓄膿症の違い

一般に副鼻腔炎と蓄膿症は同じだと思われがちですが、厳密にいうと、蓄膿症は副鼻腔炎の慢性化した症状のことをいいます。 上記で説明したとおり、副鼻腔の中に濃が溜まった状態(蓄膿)で、急性の場合は濃がまだ溜まっていない症状であり、蓄膿症とは違うわけです。

副鼻腔炎の原因

風邪による粘膜の炎症が副鼻腔にまで広がる

風邪や上気道感染症(かぜ症候群)、インフルエンザ等の症状を患うと鼻腔内が菌によって炎症を起こします。

風邪による鼻づまりがひどくなると、ウイルスや細菌を含んだ鼻水が副鼻腔にまで広がり溜まる(蓄膿)事で炎症を起こすのが原因となります。

アレルギー性鼻炎が悪化する

風邪による炎症と同様に花粉や部屋の中のチリや埃が原因のハウスダストアレルギー・部屋の中の ダニやカビアレルギー等により発症する「アレルギー性鼻炎」が長期にわたることによって、 鼻粘膜が慢性的に腫れ、副鼻腔炎や慢性化して蓄膿症にまで及ぶことが症状の原因となります。

アレルギー性鼻炎を患う方の半数近く(約4割)の人が蓄膿症の合併症になる可能性が高いといわれています。

蓄膿症とアレルギー性鼻炎の違い

蓄膿症とアレルギー性鼻炎は似たような症状で区別がつきにくいかもしれませんが2つは異なります。

一番の違いは鼻水です。アレルギー性鼻炎は水溶性のサラサラとした状態ですが、急性副鼻腔炎を患った場合は濃を含んだネバネバした黄色い鼻汁が、蓄膿症になると白っぽい粘性の鼻汁がでます。

アレルギー性鼻炎は、花粉やウイルス・病原菌、ハウスダストなどのアレルギー性物質(抗原)を吸い込んだ時に鼻粘膜に炎症を起こし、それらを排除しようとする粘膜の異物除去作用が働くことで 「くしゃみや鼻水がでる」といった症状がおきます。副鼻腔炎は細菌等による炎症が副鼻腔にまで広がる事で膿がたまる状態をいいます。

アレルギー性鼻炎が長引き炎症が副鼻腔内にまで広がる事で蓄膿症にまで悪化してしまうケースが多く、後述しますが、症状もくしゃみや鼻水にとどまらず、重苦しい頭痛や黄色い粘り気のある鼻汁がでて、 後鼻漏や嗅覚障害、発熱などの辛い症状が出ます。

鼻炎・風邪・副鼻腔炎(蓄膿症の違い)

カビ(真菌)が原因の慢性副鼻腔炎

真菌(カビ)が原因となり慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になる事もあり、炎症は風邪が原因の時よりもひどくなるケースがあります。

アスペルギルスやムコール、カンジダといった菌が多く、副鼻腔にこれらの菌が繁殖することで炎症を起こします。

特に、糖尿病や悪性腫瘍などで、抗生物質やステロイド剤、免疫抑制剤などを頻繁に使用して体の抵抗力が弱っていると感染しやすくなるといわれています。

片方の鼻だけ詰まる「鼻中隔湾曲症」が原因

片方だけ詰まる症状は通常左右のつまりが入れ替わる「ネーザルサイクル」といわれる生理作用で病的なものではありません。

しかし、常に詰まった状態が続く場合、鼻中隔が曲がっているために起こる「鼻中隔湾曲症」による鼻づまりが考えられます。

鼻中隔は軟骨であり大人に成長する段階で何かしらの原因で歪みを生じやすいと言われています。

また、事故やケガ等での骨折が原因となる場合もあります。 鼻中隔湾曲症は副鼻腔内の炎症を起こしやすく、慢性化して蓄膿症のリスクが高くなってしまいます。

虫歯・歯周病・歯槽膿漏・抜歯による原因

副鼻腔炎の原因には歯や歯周組織の炎症などが原因になる事もあります。

上顎洞(頬の左右にある副鼻腔で最も大きな空洞)は歯の根の先の近くにあるため移行しやすく、「上顎洞炎」にとよばれています。

上顎洞炎は奥歯の虫歯や歯槽膿漏を治療せずに放置した場合に発症しやすくなります。

また、虫歯治療で抜歯した場合、抜歯した穴と、上顎洞がつながってしまい、細菌が侵入してしまう事もあります。

上顎洞炎の症状

急性と慢性があり、急性の場合は、歯の痛みに続いて、悪臭の強い膿性の鼻汁や、頬部痛がでます。

慢性の場合は、歯の痛みは比較的少ないようです。

上顎洞炎(歯の炎症による副鼻腔炎)の治療方法

治療方法は、原因となる歯の治療または抜歯が必要です。

次いで上顎洞を洗浄し、中の膿を洗い出し、抗生物質を投与します。

上顎洞と原因歯の周囲の骨に強い炎症が及んでいる場合、抜歯した後、虫歯の部分に穴があき、口の中と上顎洞がつながってしまう事があり、手術での閉鎖が必要になる事もあります。

これらの治療でも改善しない時は、内視鏡下で上顎洞と鼻腔をつなぐ自然口を大きく広げ、膿を除去する手術を行います。

気管支喘息・アスピリン喘息による原因

慢性副鼻腔炎に関与していると考えられる病気として、気管支喘息、アスピリン喘息、副鼻腔気管支症候群などがあります。

  • ◆気管支喘息:空気の通り道である気管支がアレルギーなどで炎症を起こして過敏になり、何かの刺激で腫れたり痰がでたりして狭くなり、呼吸が呼吸が苦しくなる病気です。
  • ◆アスピリン喘息:気管支喘息のうち、アスピリンに代表される非ステロイド性抗炎症剤( NSAIDs)や解熱鎮痛剤により誘発される喘息

症状は、鼻炎が先行し、数年後に喘息を起こす事が多く、患者の多くの方が、慢性副鼻腔炎などの鼻症状を併発しているといわれています。アスピリンだけが原因物質ではなく、アスピリンと同じような作用がある解熱薬・頭痛薬・風邪薬・坐薬や、食品に転嫁される化学物質が原因になるともいわれています。

副鼻腔気管支症候群について

副鼻腔炎があると、睡眠時などに鼻汁がのどに落ちて気管支炎になる可能性があります。咳や痰、呼吸困難といった呼吸器症状と膿性鼻汁などの副鼻腔炎を併発した副鼻腔気化支援症候群といいます。免疫力低下や気道感染防御機能の低下がみられ、慢性の細菌感染をきたし、鼻と気管支の両方に様々な症状が現れるようになってしまいます。

副鼻腔炎の症状

頭痛・顔面痛・歯痛・目の腫れ

副鼻腔炎による頭痛の特徴は?いつまで続くの?

副鼻腔炎の最も多くみられる症状は頭痛です。目の奥やこめかみ、おでこ、後頭部にかけて頭全体が重くるしい痛み(頭重感)の症状がでます。

これは、副鼻腔内に濃が溜まり、排泄されないまま圧迫し熱を持ち始め、ボーっとした重たい感じの頭重感や場合によっては激しい頭痛にあることもあります。

頭痛の特徴
  • ●朝起床時に痛みがある
  • ●顔を下に向けたときに痛む
  • ●階段の昇降時など振動を与えたときに痛む
  • ●1日中頭重感がある

この辛い頭痛は副鼻腔内の圧迫感を緩和するには、副鼻腔内の圧迫を解消しないと場合によっては悪化してしまいます。

痛みを和らげるために病院では通常痛み止めを処方されます。約2~3日で痛みは緩和されます。

副鼻腔炎での痛み止め(鎮痛剤)の服用について

副鼻腔炎の酷い頭痛や顔面痛の症状を緩和させるために耳鼻科で痛み止めを処方されることもあります。

鎮痛薬に多くの耳鼻科では「カロナール*」を処方されるのがほとんどです。

  • *カコナール:抗生物質や他の薬と併用しても副作用のリスクがない安全性があり、腎臓の負担がなく、発熱時の解熱の効用もある薬。

カロナール錠で痛みの症状が治まらない場合は消炎鎮痛作用の強い「ロキソニン」を服用します。

薬局等の「イブプロフェン」等の市販薬でも痛みを緩和させることはできますが、あくまで一時的な効用にすぎず、自身の勝手な長期の服用は避け、耳鼻科での治療を優先させましょう。

また、治療中の方で抗生物質を用いている場合、痛み止めの服用では肝臓や腎臓の負担が大きくなってしまうので、必ず病院で処方された薬の服用にとどめるようにしてください。

副鼻腔の種類と炎症による痛み

副鼻腔には4つの空洞があり、頭痛・顔面痛・歯痛・目の腫れなどは各部位の炎症により痛みの症状は違ってきます。

上顎洞

一番大きな副鼻腔で上の歯の奥歯の根の近くにあります。12~15ミリリットルもの用量があり、開口部は中鼻道に面しています。

奥歯の虫歯や歯周病の細菌が上顎洞に侵入すると上顎洞炎(歯性上顎洞炎)をお越し、そこに膿がたまる事で副鼻腔炎(蓄膿症)になります。

症状は軽度の偏頭痛や頭重感、鼻づまり、歯牙の違和感や痛みがあります。

前頭洞

鼻の上、額(おでこ)の中にあり、ここに膿が蓄積することで急性前頭洞炎をおこします。

副鼻腔炎や蓄膿症での頭痛の原因はおもに急性前頭洞炎であることが多く、 症状は目の後ろの圧迫感、口臭が気になる、倦怠感、疲労感、発熱等がみられます。

篩骨洞

頭蓋骨と顔面骨内(鼻の付け根)に位置する空洞でハチの巣に似た構造をしています。

この空洞内に炎症(篩骨洞炎)が起きると前頭洞と上顎洞へと流れ出て症状が広がる恐れがあります。

症状は目と目の間の痛みや歩行中に目の腫れを伴う場合もありますが、人によっては篩骨洞の感染だけの場合痛みを感じないこともあります。

蝶形骨洞

頭の中心、脳のすぐ下にあり、篩骨洞に奥に位置します。開口部が大きいため比較的炎症が起きにくいのですが、蝶形骨のみ炎症を起こすといった症状もあります。

膿がたまると喉の奥に落ちる後鼻漏になりやすく、脳に近いので激しい頭痛になる事もあります。

稀ですが、膿の中に貯蔵のう胞(嚢胞)ができると、 視野障害、視力障害、眼球運動障害などの症状がみられ、早急に嚢胞を全て摘出する摘出術または、嚢胞を鼻腔内へと開放する開窓術のどちらかの手術治療が必要になります。

副鼻腔炎(蓄膿症)による咳や痰、喉の痛み・口臭

膿(鼻水)がのどに流れ落ちる「後鼻漏」で咳や痰がでる

咳や痰がでる、口臭が気になり人と接することができないなどの悩みを伴う事があります。

これらの症状は、主に副鼻腔内のなかでも蝶形骨洞に膿がたまり、のどの奥へとながれてしまう「後鼻漏」が原因です。

膿は炎症しやすく、絡んだ鼻水・痰を除去しようとする喉粘膜の防衛反応により咳の症状が出ます。特に咳や痰の症状による後鼻漏になると、特に睡眠中に気管支に入り気管支炎に合併することでのどの痛みを伴います。

後鼻漏になると鼻づまりがひどく鼻呼吸ができない状態で口呼吸になる症状も気管支炎の原因です。

また、副鼻腔炎の濃を含んだ鼻水は非常に不快な悪臭がするため、後鼻漏を患うと、口や喉、胃の中に流れることで口臭の原因となってしまうのです。

咳や痰の絡み・口臭を治すには、喉に流れ落ちる鼻水を洗浄することで炎症を抑えることができます。

一般的な口うがいやのど飴では、喉の奥の咽頭部まで行き渡る事が出来ないので、ピンポイントで洗浄することができません

おすすめは、喉の奥の咽頭部までミストがいきわたり、シッカリ洗浄できる「家庭用吸入器」での吸入療法です。

超音波による約5ミクロンの微細ミストが、口うがいでは届かない痛みやかゆみを感じる喉の奥まで洗浄することができるので、スッキリ感が違います。

家庭用吸入器での喉の治療効果
口呼吸はトラブルを招く
口呼吸と鼻呼吸の違い

口呼吸はトラブルを招く鼻が詰まったりして鼻呼吸ができなくなると、変わって口で呼吸することになります。 口の加湿・加温機能は低く、防衛機能が落ち風邪をひきやすくなり、喉がいがらっぽい状態が続き、扁桃炎などの合併症状が出やすくなります。

口は鼻腔に変わって加湿・加温を補うため、上下の唇や歯をわずかに開けて、舌を口の上の方に近づけて吸気の加温・加湿をはかります。 そのため、吸気に水分をとられて、口から咽頭、喉頭まで乾燥してしまいます。 すると、粘膜に湿り気を与えようとして、何度も唾液を飲み込むという煩わしさに悩まされることになります。

口呼吸では鼻粘膜のような殺菌作用が働かないため、気道が菌に感染する可能性が高まります。 浄化されていない冷たい乾燥した空気を吸入するため、気道が傷む恐れもあります。 さらに、低温で乾燥した空気を吸い込むことによって、気道の狭窄が生じます。

気道の粘膜が乾燥すると、運動が誘発する喘息になりやすいとも言われています。 激しい運動では口呼吸は運動誘発性喘息を起こしやすくなるのです。 鼻の持つ防衛機能は、口呼吸で代用するわけにはいかないのです。

副鼻腔炎(蓄膿症)の嗅覚低下・味覚障害

鼻腔内の気流障害が原因

鼻からニオイを嗅いだ時、ニオイ分子を含んだ空気とともに、鼻腔最上部の嗅上皮と呼ばれる粘膜で感知されます。

嗅上皮にある嗅細胞が電気信号を発生し、嗅神経→嗅球→脳へと伝達されることでニオイを感じる仕組みとなっています。

しかし、副鼻腔炎や鼻茸などにより、鼻粘膜の炎症や、鼻水(膿)の増加により、鼻腔内の気流障害(空気の流れが悪くなる)により、ニオイ分子を含んだ空気が嗅粘膜に届かないため、ニオイが感じられないといった事が起こります。

これを、「呼吸性嗅覚障害」といいます。

嗅覚障害は主に、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を患った場合に多く発症するといわれています。

また、嗅覚の障害は味覚にまで影響を及ぼし、食べ物の味かわかりずらいといった症状も見られます。

副鼻腔炎・蓄膿症の呼吸性嗅覚障害

副鼻腔炎(蓄膿症)・後鼻漏による耳の痛み・めまい・吐き気の原因

子供に発症しやすい中耳炎

耳は耳管と呼ばれる管によって、上咽頭とつながっています。後鼻漏で咽頭部に流れた細菌を含んだ大量の鼻水や膿は、耳管に侵入してしまう恐れがあります。

すると耳の鼓膜から耳小骨までの中耳とよばれる部分にまで菌を含んだ膿が漏れてしまう事で感染し、「急性中耳炎」の症状を併発してしまいます。

急性中耳炎は耳の痛みや耳詰まりで聞こえが悪くなり難聴になったり、頭痛や発熱の症状があります。 濃がたまる事で鼓膜が破れると耳だれがあり、平衡感覚(バランス感覚)にかかわりがある三半規管に影響し、めまいや嘔吐・吐き気を生じたりする場合もあります。

急性中耳炎は赤ちゃんや子供に多く発生する理由は、子供の耳管は成人と比べ、太く短く、傾き方も水平に近いので、鼻水が耳に入りやすいために起こります。

また、赤ちゃんや子供だけでなく、大人でも中耳にたまった分泌物を上咽頭側に排出する機能が障害され中耳に液体がたまってしまう事で生じる「滲出性中耳炎」を合併する恐れがあるので 注意が必要です。

副鼻腔炎・蓄膿症のめまいの原因は頭痛から?

副鼻腔炎・蓄膿症にみられる「めまい」や「吐き気」の原因は、頭痛がつづく事でも発症しやすいといわれています。

しかし、めまいや吐き気の症状は、メニエール・突発性難聴・肩こりなど原因が他の疾患であることもあります。症状が続く場合や、不安なときは迷わず、まずは病院での診断してもらってください。

副鼻腔炎(蓄膿症)の発熱・微熱

発熱のメカニズム

風邪をひいた時などに熱が出るのは、体内に侵入したウイルスや細菌・病原菌に反応して免疫活性食細胞といわれる白血球やマクロファージがそれらを撃退する時、病原体を攻撃する様々な炎症性サイトカインが産生されます。

サイトカインが脳の血管内皮細胞からプロスタグランジン(発熱物質)を出させて視床下部にある体温中枢を刺激することで、全身が感染に対応するために発熱が生じる仕組みとなっています。

つまり、発熱は細菌感染による生理的な免疫反応(防衛反応)で、体を守るための症状なのです。

発熱のメカニズム
副鼻腔炎・蓄膿症の発熱の原因

副鼻腔炎は、風邪やインフルエンザなどのウイルスや病原菌により鼻腔内で感染し、線毛運動(のどや鼻内の線毛といわれる細かい毛がベルトコンベアーのように異物を除去する働き)の機能低下により副鼻腔内まで繁殖することで膿がたまり炎症を起こす状態をいいます。

風邪による感染で発熱を起こすケースがほとんどで、直接、副鼻腔炎や蓄膿症が発熱症状の原因ではないと考えられます。

微熱がいつまでも続く場合は、細菌感染した膿が副鼻腔に停滞し、風邪から副鼻腔炎を患っている可能性が高いので早めの治療が必要です。

高熱が続く場合は症状がかなり進行していると考えられます。場合によっては副鼻腔にたまった濃が他の部位に漏れてしまうケースがあります。 耳に流てしまう事による「中耳炎」や「突発性難聴」、目の奥に入り込むことで「結膜炎」になると目やにが多く出るなどの症状が出ます。

また、発熱の原因はこれといった特定はしかねないこともあり、副鼻腔炎・蓄膿症に併発する「後鼻漏」により喉に炎症がおきる事でも発熱する可能性があるといえます。場合によっては、気管支炎等の合併症の疑いが考えられます。症状が悪化しないように早期治療が何よりも大切です。風邪等により発熱がおきた場合は早めに医療機関に受診してもらってください。

鼻腔内の細菌洗浄が副鼻腔炎・蓄膿症の予防になる

発熱を起こした場合に注意しなくてはいけないのは、ただの風邪だと思い、副鼻腔炎にまで症状が悪化していることに気付かないでいることです。

侵入した細菌を除去しない限り、いくら解熱剤で処方してもぶり返し発熱を起こす可能性が高いといえます。

風邪やインフルエンザ等による鼻腔内の細菌感染を副鼻腔内にまで繁殖させないためにも、初期の段階で病原菌や細菌を洗浄し、粘膜の乾燥を防ぎ、線毛運動を正常に機能させることが大切です。

家庭用吸入器による吸入療法は、喉や鼻粘膜の細菌をシッカリ洗浄し、温めたミスト洗浄の効果でのど鼻の乾燥を防ぎ、喉鼻粘膜の繊毛運動を回復させる優れた医療器具です。

吸入器を使った喉鼻洗浄と粘膜の加温加湿を普段から習慣として行う事は、風邪やインフルエンザの予防に最適なのです。

吸入器による細霧吸入療法

赤ちゃんの副鼻腔炎について

鼻腔が小さい赤ちゃん(新生児・乳幼児)は鼻水がたまりやすく、すぐに鼻詰まりになってしまします。

また、副鼻腔内に侵入しやすいため、風邪やアレルギー性鼻炎、咽頭炎の炎症が広がりやすく、副鼻腔炎や蓄膿症になる可能性が高くなります。

鼻をかむことができない赤ちゃんの場合はスポイトや「ママ鼻水トッテ」など新生児から使える鼻吸い器で鼻水を吸引するなどのこまめなケアが必要です。

赤ちゃんの副鼻腔炎の疑いがある症状
  • ●黄色い粘り気のある鼻水が出て異臭がする
  • ●風邪の後もいつまでも咳と痰がつづく
  • ●元気がなくボーっとしている
  • ●母乳やミルクを飲みにくくしているなど
  • ●微熱が続く・下がらない

早期発見早期治療の対処なら約1,2週間程度で症状は完治しますので直ちに小児科または、耳鼻科に連れて行って受診するようにしましょう。

悪化が進むと耳管に膿が流れ込みやすい赤ちゃんは「急性中耳炎」の合併を引き起こす可能性が高いため、早めの処置が大切です。

主な治療法は鼻水を吸引するネプライザー治療や抗生剤を投与する治療を行う事もあり、鼻茸(鼻ホリープ)ができたしまった場合は摘出手術を行う事もあります。

いつ治るか治療期間に関してはお子様の症状によって異なりますが、医師に指示に従った薬の服用、親御さんのこまめなケアをし続けることが大切で、焦らず根気よく治療に臨む事を要します。

副鼻腔炎・蓄膿症の予防と悪化防止

副鼻腔炎の予防と蓄膿症の悪化防止対策

何よりもまずは予防が大切です。鼻粘膜の炎症を防止し、悪化させないように普段の生活習慣から風邪予防、免疫力の強化、環境整備が必要です。

風邪予防や鼻炎を悪化させないように心がける

原因となる感染ルートをなるべく遮断する

副鼻腔炎の予防で大切なのはまず、風邪をひかないように普段から気を付け、ウイルスの感染を防ぐことが第一です。 風邪ウイルスは「接触感染」・「飛沫感染」・「空気感染」とあらゆるところから口や鼻から侵入し感染する可能性が高いため、

マスクの着用や外出した際には手洗いやうがいを行い、衛生面に気を配ることが予防となります。

風邪の感染ルート風邪予防
マスクの効用と予防効果
  • 温かい空気の吸入で喉鼻の異物除去機能を正常化し、病原菌の排泄を促進する
  • 喉鼻粘膜潤す加湿効果で線毛の働きを高め、ウイルスや細菌が体内に侵入してしまうのを防ぐ
  • 回りの人に移す飛散感染を防ぐ
  • 大き目のマスクで紫外線を防ぎ、保湿効果が高いことで美容効果もある

室内の温度と湿度に気を配る

感染ルートを遮断するだけでなく、日頃から感染しにくい環境づくりや自らの体の防御機能・免疫力を低下させない生活習慣を心がける事が大切です。 部屋の空気が乾燥していると粘膜が乾燥し、体の防御機能が低下してしまうためウイルスに感染しやすく風邪をひきやすくなります。

特に冬場は暖房器具で空気が乾燥しがちで風邪ウイルスの繁殖を促してしまいます。室内のウイルスや細菌を充満させないように定期的な換気を行い、空気清浄機や加湿器を上手に使って低温・乾燥状態にならないように気をつけましょう。また、エアコンのフィルター清掃も定期的に行なう事も大切です。

ハウスダスト、ダニ・カビのアレルギー対策で鼻炎を防止

室内のホコリや塵、ダニの死骸などのハウスダストやカビ胞子などのアレルギー物質を繁殖させないことが予防にとって重要であり、副鼻腔炎や蓄膿症の悪化を防止します。

アレルギー性物質(アレルゲン)の繁殖、充満させないように部屋の空気の換気や、まめな掃除を怠らないようにしてハウスダストによるアレルギー対策を施す事が大切です。

免疫力を低下させない食事・運動・睡眠

食事の食べ物においても、体の免疫力を司るビタミンCや粘膜を強化する働きのあるビタミンB2・B6を積極的にとり、糖分や資質に偏った食生活は避け、 アミノ酸を多く含んだバランスの良い食生活を心がけることがポイントです。

また、疲れやストレス、睡眠不足になると体の免疫力が低下し、細菌やアレルギー物質等を除去する防御作用を低下させてしまいます。

風邪予防・鼻詰まり解消には有酸素運動が効果的

風邪予防には適度な運動を日常に取り入れることで体を鍛え、抵抗力や免疫力を高め、風邪が引きにくくなり、鼻炎の予防効果になります。 また、運動をすることで血行が良くなり、交感神経が優位になるため、鼻腔内の血管が縮小することで腫れが引き、鼻づまりが解消されるといわれています。

心肺機能を高める「有酸素運動」は、粘膜の異物除去作用を高め、上気道の炎症による感染を防止するといわれています。 実際、ウォーキングや自転車漕ぎ、エアロバイクエクササイズなどをした後、鼻の通りがよくなる経験は多くの方が経験しています。

オススメは、歩行やジョギング、自転車漕ぎなど、無理をしすぎない適度な有酸素運動が効果的です。

「鼻うがい」・吸入器を使用した「鼻スチーム吸入療法」の予防・治療効果

鼻粘膜・喉の奥までシッカリ洗浄する

風邪や鼻炎の原因菌を完全に遮断するのは不可能です。少なからず侵入するのは仕方ありませんが、素早く除去し体内に侵入するのを防止することが重要です。

一般的なガラガラうがいは喉に付着した細菌を除去する効果がありますが、喉の奥まで洗浄が届かず菌が体内に侵入してしまう可能性が高いといえます。また、粘膜に付着したアレルゲンや原因菌を除去できないため、予防効果が高いとは言えないのが事実です。

そこでおすすめは生理食塩水で喉鼻を洗う「鼻うがい」(鼻洗浄)や吸入器を使用した細霧ミスト・スチーム方式の「鼻スチーム吸入療法」です。

鼻うがいは危険は伴う恐れもある

鼻うがい」はその名の通り鼻腔内の洗浄です。普通の水道水では鼻に水が通ると、浸透圧の差でツーンとした痛みがありますが、人体の体液に近い塩分濃度で作る“生理食塩水”を使用することでむせたり、咳き込んでしまったり、ツンとした痛みのない洗浄を行う方法です。

やり方はスポイト、鼻うがい用のネティポット、「ハナクリーン」等の専用の市販品などさまざまですが、正しいやり方と注意点を知っていないと中耳炎を併発するなど危険な事にもなりかねません。特に初めてする方は注意が必要です。

鼻うがいの方法/正しい仕方とコツ・ハナクリーン(鼻洗浄器)の効果

吸入器を使った鼻スチーム吸入療法で副鼻腔炎の予防と治療

吸入器を使用した吸入療法の特徴は、鼻うがいでは届かない喉の奥までミスト(スチーム)がいきわたるので医療機関でも有用化されている最も注目されている治療法です。喉鼻を吹き出し口に当てるだけなので鼻うがいよりも簡単なので、子供にも容易に治療ができます。

耳鼻科での治療だけでなく、自宅で治療できる家庭用吸入器なら、お手入れも簡単で薬の使用がないので誰にでも使えて非常に便利です。

加温加湿で喉鼻にキャッチした原因菌をシッカリ洗浄します

鼻スチーム吸入療法とは温熱湿潤療法といって、生理食塩水を吸入器で温め、細霧ミスト(スチーム)状にしたものを吸入することで喉鼻粘膜を温めることで血行が良くなり線毛の異物除去作用を促進し、キャッチした病原菌やアレルゲン等シッカリ洗浄させることで風邪や鼻炎の原因菌の除去、鼻水鼻づまりを解消し、後鼻漏や副鼻腔炎の治療を促進します。

鼻うがいよりも洗浄効果に優れ、簡単にできる

吸入器ので喉鼻洗浄は超音波による細霧ミストまたは細かい粒子のタップリスチームが鼻洗浄や鼻うがいでは届かない喉の奥(咽頭)までシッカリ行き渡るため、洗浄効果が違います。また、スチーム排出口に鼻と口に当てるだけなので、鼻うがいや鼻洗浄が上手に出来ない方での簡単にできるのでおすすめです。

薬剤を使わないので子供や妊婦の方でも安心して予防治療ができます

副鼻腔炎の治療で抗生物質の副作用が心配で薬剤を使用したくない方、薬局等での市販薬を子供に飲ませるのが抵抗あると思われる方、妊娠中で薬の使用に制限がある方には、薬を使わない家庭用吸入器がおすすめです。

吸入器による喉鼻吸入治療は鼻や喉の粘膜機能を促進させ、自然治癒力を回復させる安心安全な自然治癒で、妊娠中の方やお子様でも安心して使え、毎日何回使用しても副作用の心配は一切ありません。

副鼻腔炎の予防と治療だけでなく、鼻のムズムズ感や乾燥によるのどのイガイガなど、のど鼻の不快感をスッキリさせ、のど鼻のあらゆる病気予防として普段から日課として使用される方も多くいらっしゃいます。

小さなお子様からお年寄り、ご年配の方まで家族全員使える家庭用吸入器は手軽でコンパクト、お手入れ・使い方も簡単。一家に一台あると非常に便利でおすすめです。

おすすめ家庭用吸入器(安心安全!薬剤不使用タイプ)

生理食塩水が使える家庭用吸入器

ホットシャワー un-135【A&D】

  • ☆楽天・アマゾンでの家庭用吸入器の売上ランキング1位を獲得!!
  • ☆超音波による細粒ミストで咽頭まで行き渡り、後鼻漏や副鼻腔炎、蓄膿症の症状を緩和します
生理食塩水の使用ができない家庭用吸入器

吸入器 スチームサワ NE-S19【OMRON(オムロン)】

  • ☆優れた医療器具で有名なオムロン製の吸入器で、タップリスチームでシッカリ喉鼻を洗浄します
  • ☆自動電源オフ・空焚き防止・傾きを検知機能など、安全性に配慮されたオムロン製ならではの家庭用吸入器

吸入器 EW6400P-W【Panasonic(パナソニック)】

  • ☆スチーム量切り替え・症状に合わせた3つのモード選択など、お子様からお年寄りまで誰にでも使える微細スチーム吸入器
  • ☆第5回キッズデザイン賞を受賞したパナソニック製吸入器でスチームうがいの新習慣を!!

副鼻腔炎・蓄膿症の市販薬・漢方薬での治療効果について

軽症の副鼻腔炎なら効果はある

薬局やドラッグストアでは様々な副鼻腔炎・蓄膿症の市販薬がありますが、軽症(急性副鼻腔炎)の場合であれば、,チクナイン(小林製薬)・ベルエムピL(クラシエ薬品)等の市販薬や吸入器、鼻うがいでの治療効果はあります。

市販薬の服用方法は購入の際、薬剤師の説明をよく聞き、1週間ほど服用して様子を見るのも有効です。中には市販薬のみで完治される方もいます。服用を続けても改善が見られない場合は必ず専門医に相談するようにしましょう。

主な副鼻腔炎治療の市販薬・漢方薬
  • ●チクナイン(小林製薬)
  • ●ベルエムピL(クラシエ薬品)
  • ●葛根湯加川辛夷:かっこんとうかせんきゅうしんい」(ツムラ漢方)

耳鼻科での受診が優先です

副鼻腔炎を疑う症状がある場合、一刻も早くウイルスや病原菌などを鼻から侵入を防止し、風邪やインフルエンザ、アレルギー性鼻炎を悪化させないようにする事が大切です。個人の判断での治療はかえって悪化を招く恐れもあります。まずは早急に耳鼻科へ受診することが大切で、専門医による治療が優先で、早期発見、早期治療が何よりも大切です。

市販薬の主成分のほとんどは非ステロイドの医療用漢方薬となっており、倦怠感や眠気がなく比較的安全ではありますが、長期にわたる治療効果で即効性に劣り、なかなか治らないと聞きます。特に慢性化した場合は市販薬での治療は難しく、抗生物質を要する治療薬を用いることで改善させる治療を要します。

点鼻薬・鼻スプレーの乱用に注意!!

副鼻腔炎の鼻水鼻詰まりを緩和させたいあまり、薬局等の鼻スプレーや点鼻薬の市販薬で症状を緩和させる方が多くいますが、これらの治療効果は鼻粘膜の血管を収縮させ、鼻詰まりを解消させる一時的なもので、副鼻腔炎の治療効果はありません。何度も使用し乱用すると依存症となり、次第に効き目がなくなってくるばかりでなく、「点鼻薬性肥厚性鼻炎」といってさらに鼻詰まり悪化させる副作用を招く恐れもあります。

使用に関しては医師の指示に従い、使用する場合も必ず長期投与にならないようにし注意しなくてはいけません。

副鼻腔炎治療時の飲酒(アルコール)摂取は控えましょう

副鼻腔炎を患い、治療されている方は飲酒(アルコール)はなるべく控えるようにしましょう。アルコールは体内の水分を排泄する作用があるため、水分の代謝に影響し、鼻詰まりを悪化させてしまう事で治療を遅延させてしまいます。

また、抗生物質(セフェム)で治療の際は飲酒などのアルコールは副作用を起こす恐れもあります。耳鼻科で処方される薬によっては飲酒で悪酔いすることもあります。飲酒に関することは、必ず医師の指示に従いましょう。

TOP