熱中症とは何か?(図解)頭痛・吐き気・寒気・下痢の症状、食事・水分補給・服装・子供の予防対策法

トップ画像

熱中症とは何か?(図解)熱失神・熱疲労・日射病・熱射病の症状と処置、食事・水分補給・服装・室内の温度湿度管理・赤ちゃんや子供、高齢者の予防対策法

熱中症とは

熱中症とは、分かりやすく言うと、体温調整コントロールがうまくいかずに体の温度が上昇しすぎてしまう事で起こる症状です。人は、暑い環境では、放熱や発汗により、身体の温度が上がりすぎないように調整します。また、寒いときには産熱によって体温が下がりすぎないように、視床下部の体温を正常に保とうとする機能が働くようになっています。

しかし、日差しが強い高温環境下や湿度の高い屋内等に長くいると、体温調整バランスが崩れてしまいます。熱中症とは、猛暑環境での放散や発汗機能が低下し、体内に熱がこもり、体温が上昇しすぎることで様々な異常をきたす症状のことをいいます。

特に、体温調整機能がまだ未発達な赤ちゃん、乳幼児は外気のの影響を受けやすく熱中症になるリスクが高く、また、加齢とともに機能が低下し始める高齢者の方もも多くみられます。

熱中症が起こるメカニズム(図解)

熱中症が起こるメカニズム(図解)熱中症が起こるメカニズム 異常時

体温よりも外気温が低いと皮膚からの体温を放散しても空気中へ移りやすく、体温の上昇を抑えることができます。しかし、真夏日のような気温が体温よりも高い状態では、暑いものから冷たい所へ移るといった原理がなりたちにくく、移りにくい状態となり、発汗のみで体温の上昇を抑えることとなります。

しかし、梅雨時期や過湿状態の室内いると、発汗しても蒸発されにくく、気化熱作用が働きません。(※気化熱とはかいた汗が蒸発するときに熱を奪うことで体温の上昇を抑え体温調整機能の働きをします)つまり、放散や発汗による体温調整コントロールがうまく働かなくなり、体温がグングン上昇してしまうためにおこる障害です。

熱中症の症状

熱中症の症状

熱中症には「熱失神」「熱疲労」「熱けいれん」「熱射病・日射病」の4つの症状に分類されます。軽度の症状から危険をともなう重症に至る場合があり早急に救急車で病院へ搬送しなくてはいけないこともあります。

熱中症になったら何をするべきか?症状別の応急処置・対応についてご説明します。

熱失神

熱失神とは、熱中症の症状の初期にみられる症状で、猛暑・灼熱の炎天下の下に長くいると皮膚の血管が拡張し、血圧低下等により脳への血流が不足する事で顔面蒼白・めまいによる立ちくらみ・頭痛・吐き気・気分が悪くなり、場合によっては失神してその場で倒れてしまう事もあります。日差しが強くて風がほとんどない直射日光や高温多湿の室内での環境等に長時間居つづけることで引き起こしてしまうのが原因。

症状

めまい・立ちくらみ・頭痛・吐き気・顔面蒼白・一過性の意識消失

処置

▶  熱中症の応急処置(症状が軽くセルフ治療できる場合)

熱失神は熱中症症状として軽症レベルです。早急に応急処置をすれば速やかに回復します。

  • ・風通しのよい日陰や冷房の効いた部屋など涼しい場所へ移します
  • ・体の熱を放散させるために衣服の襟元、ベルトやネクタイ、下着をゆるめて通気をよくします。
  • ・血圧が低下しているので足元を心臓よりも高くして寝かせます
  • ・エアコンがない場所では扇風機やうちわで風をあて、氷や氷嚢、アイスパックで、首筋・わきの下・ふとももの付け根・足首など動脈が通っている部分を冷やすと効果的です
  • ・露出させた皮膚に霧吹き等で水を少し吹きかけてあげるのもいいでしょう
  • ・少しづつ何回かに分けて水分を補給(※アクエリアスなどスポーツドリンク)をすることで通常は回復します

熱けいれん

けいれんを起こす症状の原因とは、大量に汗をかくと水分と一緒に塩分も減少します。そうなると、血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下し、ふくらはぎ・足・腕・腹部の筋肉がけいれん(こむら返り)を起こします。場合によっては痛みを発する症状もあります。水分補給が不足した時、またはナトリウム(塩分)が少ない水のみで水分補給した場合に起こる「自発的脱水」による原因が挙げられます。

自発的脱水とは

多汗等での脱水時にナトリウム(塩分)が少ない水ばかりを補給した場合、体液が薄まるため、尿で水分を排泄させることで体内の塩分濃度を正常に戻そうするため、かえって脱水状態を悪化させてしまいます。

自発的脱水とは

症状

ふくらはぎのこむら返り・手足がつる・筋肉痛・けいれん

処置

失われた体内の塩分を補うために「生理食塩水」を摂取します。

生理食塩水の作り方

水1リットルに9グラムの食塩を入れて混ぜ合わせた塩分濃度0.9%の塩水をつくります。生理食塩水とは体液の浸透圧と同じ塩分濃度でのど鼻治療で使用されるスチーム方式の「家庭用吸入器」や輸血・手術等でも使用されます。

熱疲労

熱疲労とは大量の発汗により、熱けいれんよりも水分・ナトリウム等の電解質が過剰に失われた脱水症状になる状態をいいます。熱失神の症状同様、高温の日差しにより、皮膚の血管が拡張し、血圧が低下し脳への血流不足になる事で、全身に倦怠感があり、頭痛・めまい・吐き気による嘔吐などの症状が出ます。

症状

めまい・立ちくらみ・全身倦怠感・頭痛・眼のかすみ・筋肉の痛みやこむら返り・吐き気・嘔吐・下痢

処置

▶  熱中症の応急処置(症状が軽くセルフ治療できる場合)

  • ・風通しのよい日陰やクーラーの効いた部屋など涼しい場所へ移します
  • ・上昇した体温を放散させるために衣服をゆるめてあげます
  • ・血圧が低下しているので足元を心臓よりも高くして寝かせます
  • ・冷房設備のない場所では扇風機やうちわで風をあて、氷や氷嚢、アイスパックで、首筋・わきの下・ふとももの付け根・足首など動脈が通っている部分を冷やすと効果的です
  • ・霧吹き等で水を少し吹きかけてあげるのも効果的です
  • ・水分補給は「経口補水液」がいいでしょう(なければ生理食塩水またはイオン飲料・スポーツドリンクでもいいでしょう)
経口補水液の作り方

経口補水液とは下痢や嘔吐、発熱時、激しい発汗、経口摂取不足による脱水症状等に適した水分補給液です。スポーツドリンクよりも電解質の吸収を速やかにできるよう調整したものです。

作り方は水1リットルに、塩3グラム・砂糖5グラムを透明になるまで混ぜ合わせて作ります。経口補水液は薬局やスーパーなどで市販されています。大塚製薬の「オーエスワン(OS-1)」がおすすめでゼリー状になったものもあります。

大塚製薬 オーエスワン(OS-1)

熱射病・日射病

熱射病や日射病は熱中症の症状の中でも最も重症度が高く危険な症状です。場合によっては体温が40℃以上に達すると生命の危険を伴う可能性もあります。直ちに119番救急車を呼び集中治療できる病院へ一刻も早く搬送するなど緊急に対処する必要があります。

熱射病と日射病・熱中症の違い

熱射病・日射病とは熱中症症状の一つで危険性が高い症状です。それぞれの違いは以下の通りです

熱射病とは

高まった体内温度を放散しきれず熱が体内にこもってしまい、脳の体温調節中枢の機能が異常をきたした状態です。冬場、暖房の効いた部屋で厚着をしたりするときに起こりやすい症状です。

日射病とは

日射病とは、炎天下でのスポーツや労働等を長時間し続けた場合に起こりやすく、大量のにより体が脱水状態となり血液減少し血圧低下し、脳への血流不足、心臓へ戻ってくる血液が少なくなって心臓が空打ちをしてしまう病気です。いわば、「脱水状態」と考えればよいでしょう。症状のことをいいます。

症状

めまい・吐き気・頭痛・全身のけいれん・ガクガクとひきつけがある・錯乱・昏睡・ふらつき・声をかけても反応が鈍い・おかしな言動をするなどの意識障害・歩けない

救急車が到着するまでの緊急対応処置

異常行動や意識障害がみられる、全身けいれんを起こしている、自力で水分摂取ができないなどの重症度の高い熱中症の症状は一刻も早く救急車を呼んで病院に搬送してください。救急車が到着するまでの応急処置方法をご紹介します。

重症者を救命できるかどうかは、早く体温を下げることができるかどうかにかかっています。119判救急車を要請後は、直ちに到着までの間身体の冷却をできるだけ早く行う必要があります

  • ・日陰やクーラーの効いた部屋など涼しい場所へ移し、衣服を脱がせます
  • ・直ちに全身に水をかけたり、濡れタオルを当てて身体を冷やします
  • ・足を高くし、手足を末梢から心臓部へ求心マッサージするのも効果的です
  • ・氷のうやアイスパックをすぐに用意できるのであれば、首すじ、脇の下、大腿部の付け根などを冷やしてあげます

熱中症予防対策【Q&A】

熱中症予防対策に関する様々な疑問等をQ&A形式にてご説明します。

  • Q.  熱中症対策はいつごろからはじめるのがいいの?

  • Q.  熱中症予防対策で注意したい日常生活のポイントは?

  • Q.  熱中症予防対策における効果的な服装は?

  • Q.  食生活で気を付けることは?

  • Q.  熱中症予防対策のための水分補給はどんな飲み物が最適か?

  • Q.  効果的な水分補給の方法は?

  • Q.  住まいで気をつけたいポイントは?

  • Q.  エアコンなど、空調機の使い方のコツは?

  • Q.  外出する時の工夫は?

真夏の寝具におすすめ ひんやり冷感敷パッドで猛暑をのり越える!!

熱中症予防のために屋内でエアコンは欠かせませんが、上手に使用しないと、かえって怠くなってしまったり、冷えすぎで体調をくずし、熱中症になりやすい体になってしまいます。

そこで、真夏の寝汗・熱のこもりでぐっすり眠れない方、のぼせなどの睡眠障害がある方におすすめの「アウトラスト敷きパッド」。マイカ鉱石を蒸着させた触れると冷たく感じる「接触冷感素材」と、寝床内環境の温度と湿度を最適に保つ、NASA開発のハイテク体温調整素材「アウトラスト」の2大冷感素材のダブル効果で、寝転んだ瞬間ひんやり気持ちよく、サラッとした感触で朝までグッスリと眠ることができます!!

エアコンが苦手な方必見!気化熱の力で体を冷やす「空調服」

空調服とは、小型のファンが外気の空気を取り入れ、服の中に風をとおし、汗を吹き飛ばす小型エアコン付きの作業着です。

ファン付き作業着 空調服空調服 詳細

衣類内の汗を風で蒸発させることにより、気化熱作用によって体の熱を奪い冷却させる原理となっています。汗を完全蒸発させることは「生理クーラー理論」といって、人が持つ自然な冷却作用で、人工的に体を冷やすことではないため、健康にいいとされています。

熱中症とはこの気化熱作用が低下することで体内に熱がこもる事で引き起こしてしまいます。空調服はその生理的作用の手助けをして熱中症を予防します。

炎天下での屋外作業など、空調設備のない工事現場や農作業などで使用されますが、趣味など普段の生活で使用しえも効果を発揮し便利で快適です。室内でのエアコンの使用がなくなるため、エアコンが苦手な方にピッタリです。また、節電効果、エコ対策にもなります。

▼▼▼
空調服
TOP