赤ちゃんの熱中症|症状と応急処置・対処法、予防・暑さ対策法

赤ちゃんは体温調整機能が未発達なため、放熱・発汗能力が上手にできず、大人よりも外気の影響を受けやすく、すぐに高体温や低体温になってしまいます。日差しの強い炎天下や直射日光の下にいなくても高温環境下の室内等にいると、体に熱がこもったり、多汗による水分不足に陥り脱水症状などで、熱中症をおこしやすくなるため暑さ対策が必須となります。また、湿度の高い家の中などの室内では大人も同様汗の蒸発がしにくく、気化熱作用が働きにくく生理的な冷却能力が低下し熱中症になるリスクが高まります。赤ちゃんや乳児は体の不調を言葉で伝えることができません。大人がしっかりと観察し発熱があるなどの疑うべきサインを見逃さないようにしなくてはいけません。軽症の場合は涼しい場所で休ませ、水分・塩分補給等の応急処置で回復し治まってしまうのもありますが、場合によっては短時間のうちに重症化し、早急に救急車を呼び病院へ搬送しなくてはいけない場合もあります。特に猛暑となる夏場では通常でも大人の約3倍近くの汗をかく乳幼児は、水分不足に陥りやすくなります。また、暑さの中で活動することの多い幼児や小児、自覚症状の感覚が鈍くなっている高齢者の場合は、周りの人がそのサインに気付き様子をよく見ることが大切です。何よりも、熱中症になってしまってもあわてないで、正しい暑さ対策と対処法をとる事で危険な状態を回避することができます。当サイトでは赤ちゃんの熱中症の症状と授乳中の完母の場合の母乳以外での水分補給、室内のエアコン・クーラーの使用、最適な温度と湿度設定方法、チャイルドシート・ベビーカー使用中の注意事項、下痢や嘔吐時の対処、熱中症になった時の応急処置と予防対策、アイスノン等の暑さ対策グッズ、ガーゼケット等のおすすめ寝具についてご紹介します。

赤ちゃん熱中症 トップ画像

赤ちゃんの熱中症予防・暑さ対策|脱水症状・下痢・母乳以外での水分・塩分補給、室内のエアコン・温湿度管理、症状別対処法と応急処置

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状・室内温湿度・エアコンの使用・水分補給法

赤ちゃん熱中症 症状

赤ちゃんの熱中症の症状

赤ちゃんは、体に占める水分量の大人よりも多いうえに、新陳代謝が盛んでたくさんの汗をかくため、体の水分が蒸発しやすくなっています。周囲の大人が環境や布団などの寝具や衣類、水分補給に気を配り暑さ対策と予防が大切。また、「熱中症」のサインを見逃さないようにおかしいと思うような症状がないかをしっかり観察しなくてはいけません。

赤ちゃんの熱中症の疑いがある症状・サイン
  • 初期症状(軽症)
  • ・顔の皮膚が赤い
  • ・ぐったりとして元気がなく、ふらふらしている
  • ・泣き声が弱々しい
  • ・普段より母乳やミルクを飲みたがる
  • ・たくさん汗をかいている
  • ・おしっこの色が濃い
  • 重症になる手前(中症)
  • ・顔色が悪く(青白い)、脈が弱い
  • ・熱が出た
  • ・泣いているのに涙がでていない
  • ・汗をかかなくなる
  • ・おしっこやうんちの量が少ない、またはでなくなる
  • ・母乳をあげても吐いてしまう
  • ・手足が冷たい
  • 危険な状態の症状(重症)
  • ※至急救急車を呼んでください!!
  • ・意識が朦朧としている
  • ・失神している
  • ・呼びかけても反応が鈍い
  • ・体が熱く発熱がある
  • ・呼吸が速い
  • ・けいれんを起こしている
普段から体調をよく観察し「熱中症」のサインを見逃さないようにする

赤ちゃんは、自分の体調を言葉で伝えることができないので、体調に関しては大人の目配りが不可欠です。大人の場合なら、頭痛やめまい、立ちくらみや吐き気などの自覚症状を感じることができますが、新生児・乳幼児の場合は大人が察知するしかありあません。

赤ちゃんに熱中症の疑いがある場合は、その症状によって、重症度が違ってきます。大人の方特に親御さんが赤ちゃんの熱中症の初期症状のサインを見逃さずに、早めの対策をとることが重要です。

子供が熱中症で重度の症状になったら、あせらず落ち着いて早急に病院に行く、または救急車を呼ぶなどの対応が必要になります。

赤ちゃんに快適な部屋の室温と湿度は?

  • 【赤ちゃんが快適と感じる温度】
  • 夏場:18~26度
  • 冬場:20~23度
  • 【快適な湿度】
  • 約40~60%(約55%が最適)
  • 【成人が快適と感じる温度】
  • 夏場:20~26度
  • 冬場:21~23度
  • 【快適な湿度】
  • 約40~60%(約55%が最適)

赤ちゃんは体温調節機能が未発達でしかも可能域が狭いため、室内等の周りの温度の影響を受けやすく、低体温や発熱をきたしやすいという特徴があります。特に猛暑となる高温環境下にいると放熱・発汗機能が未熟な乳幼児の体は体内に熱をこもらせてしまいます。そのため体温が上昇し室内熱中症となってしまうのです。また、梅雨時期など湿度が高い状態の室内でいると、汗をかいても蒸発しにくく(※通常汗が蒸発することで気化熱作用が働き体温の熱を奪い体温上昇を防止する)体の冷却機能が働きません。

また、温度に関しては大人に比べて基礎体温が高い赤ちゃんは大人が快適と思う温度に比べて低くなります。我々がちょうどいいと思っている室温は赤ちゃんにとっては少し厚いと感じていると思っていいでしょう。冬場に寒そうだと思って厚着させても着すぎとなってしまいかえって熱をこもらせた体温を上昇させてしまう場合もあります。

赤ちゃんの熱中症・暑さ対策と予防法

熱中症予防・暑さ対策グッズは積極的に利用する!!

熱中症予防・暑さ対策グッズは今ではたくさんあります。中でもおすすめは、ベビーカーやチャイルドシート、抱っこひもやベビーキャリア使用中での背中の汗、こもる熱を冷やすための専用の「保冷・保温やわらかシート」やアイスノンや保冷剤、寝苦しい夜におすすめ吸湿性に優れた綿100%の「ガーゼケット」。

赤ちゃん 熱中症・暑さ対策グッズ

暑い車中、特に後部座席にいると冷房をつけても効き目が足りなくて困りますね。そんな時に役立つ「熱さまシート 強冷感タイプ こども用」「カーファン」「わきアイス幼児・小児用」、その他にも「帽子ひんやりシート」・「ミスト クールファン 携帯用ミニ扇風機」など暑さ対策・熱中症予防に有効なグッズは上手に使えばとても便利です。

赤ちゃん 熱中症・暑さ対策グッズ

赤ちゃんだけでなく、暑さ対策や熱中症予防グッズは大人も同じで特にスポーツ時や過酷な環境で働く工事現場の方にはこれらの暑さ対策グッズは有効です。

最近では"魔法の服"と呼ばれメディアでも話題となっているファン付き作業着「空調服」などが開発され、今もなお進化を遂げています。これらの熱中症予防・暑さ対策グッズや商品を上手に利用する手はありません。

熱中症対策グッズ

熱中症予防・暑さ対策グッズの定番「温湿度計」は必須!!

優れた商品や暑さ対策のグッズがある中忘れてはいけない欠かせないものがあります。それは環境測定できる「温湿度計」です。いくら体を冷やしたり塩分や水分を補給しても最適な温湿度を保つ環境が整っていなければ意味がありません。

今なら「WBGT(湿球黒球温度)」(湿度、日射・輻射など周辺の熱環境、気温の3つを取り入れた暑さ指標)を測定して暑熱の程度を知ることができる温湿度計もあります。出来る事なら部屋ごとに設置して最適な環境を維持したいものです。

温湿度計

湿度計の設置場所も考慮しなくてはいけません。というのも部屋の上部と下部では湿度に差があり、場合によってはわずか数センチの高さの差で計測数値は変わってきます。最適な設置場所と高さは部屋に温湿度計を設置するならドアと窓の中間くらいの位置で、普通に過ごす姿勢の顔の高さに合わせるのがいいでしょう。

体の熱を逃せるように、衣類の調節をこまめにしてあげましょう

体温調節の機能が未熟な赤ちゃんや小さな子供は、寒さより暑さが苦手。暑いところでは外気の熱を吸収しにくく体の熱を放散しやすい服を着せるなど環境に合わせて衣服の枚数を調整してあげましょう。夏場はもちろん冬場であっても着せすぎには注意が必要です。熱中症のリスクを高めるばかりでなく、汗によるあせもや場合によってはアトピー症状の原因となってしまいます。目安は「大人よりも1枚少なめ」がいいといわれています。

赤ちゃんのあせも対策/薬・ステロイドの副作用・保湿・医者での治療

赤ちゃんに冷房(クーラー)はよくないのか?

エアコンの使用について赤ちゃんにとって冷房(クーラー)はよくないといわれています。その理由は冷房によって汗をかきにくくなり、体温調整機能の発達の妨げになるからとされています。汗をかく行為は大切な成長過程の一つでもあります。

しかし、30度を超える猛暑となると最適な室温(約18度~26度)を保つことが困難になります。暑さ対策にクーラーの効いた部屋にずっといるのはもちろんよくありませんが、よくないからといって全く使用しないのはかえって危険です。要は使い方次第です。

また、現代人は節電意識が高いため、我慢してでも極端にエアコンの使用を断ってしまう事で引き起こす「節電熱中症」になる方が増えています。くれぐれも過度な事は避けるようにして適切な暑さ対策をするように心がけましょう。

赤ちゃんがいる部屋での冷房(クーラー)の使い方
●空気の入れ替え・換気を行う

赤ちゃんがいる部屋で暑さ対策にクーラーを使用するときはずっとつけっぱなしにしないで、定期的な換気をこまめにしましょう。室内熱中症は、部屋の気温や湿度が高く、通気性が悪い環境で発症し安いため換気をして空気の入れ替えは基本であり必須条件です。

●扇風機やサーキュレーターを利用する

エアコンから出る冷気は、室内の下の方にたまる傾向があります。大人に快適な設定温度にしていると、床に敷いた布団やベビーベッドにいる赤ちゃんには冷たくなりすぎることもあります。また、直接冷気をあてないように注意しなくてはいけません。直接当ててしまうと体が冷えきって体温低下を招いたり、脱水症状をおこしてしまう可能性もあり注意が必要です。

対策として風が直接当たらない場所に寝具を置く、設定温度をやや高めにし、扇風機やサーキュレーターで部屋全体の空気を循環させる、などの工夫をしましょう。

●「除湿機能」を稼働させる

湿度が上昇することで発汗による体温調節機能が低下することも熱中症の原因となります。梅雨時に窓を閉め切り、温度と湿度の高い部屋で発汗すると、体温調整機能が働きにくくなります。エアコンで室内の温度を下げる場合にも、除湿した上で温度を下げると発汗による自然の体温調節も維持され室温が下がりすぎることなく快適な体感温度を感じることができます。

また、エアコンの除湿機能は赤ちゃんにとっても悪影響がないので暑さ対策として上手に利用して最適な温湿度を保てるようにしましょう。

●温度設定は外気温との温度差5℃程度が目安

一般に冷房の温度設定は屋外の外気温との温度差を5℃に設定しておくのが望ましいとされています。夏場に流行る「冷房病(クーラー病)」や夏バテは40度近い猛暑の屋外と20度以下の冷房が効いた部屋の温度差があり過ぎると出入りした時に自律神経のバランスを崩してしまうのが原因です。

大人でも夏バテしてしまうのですから当然自律神経の未発達、温度調整機能が未熟な乳幼児には大人以上に負担は大きくなってしまいます。最近のエアコンは機能が優れていて冷却能力も向上しています。赤ちゃんがいる部屋での冷房(クーラー)は除湿をして大人が少し暑いかなと感じる程度の温度設定にしておきましょう。

睡眠時の「夜間熱中症」に注意!!

室内熱中症の中でも、とくに気を付けたいのが就寝時に引き起こす「夜間熱中症」。気密性が高い最近の住宅設計は、日中の日差しで室内に熱がこもり夜になっても室温が下がりにくいうえ、睡眠中の多汗で水分が多量に失われることなどが原因です。

特に赤ちゃんは外気温の影響を受けやすいうえ、放熱機能が未熟なため、昼間の散歩等でのアスファルトでの照り返し、公園での砂場の温度、長時間での抱っこやおんぶで密着したままの状態で体内の熱がこもったままになっています。そのため夜間に脱水症状になってしまうケースがあります。

就寝前の水分補給は必須です。また、暑さ対策にエアコンは使用されることをおすすめします。上記で説明しましたとおり、除湿機能や扇風機等を上手に使って最適な温度調整を保っていれば一晩中つけたままでも大丈夫です。エアコンをつけたり消したりするのは体温調整機能が未熟な赤ちゃんにはかえってよくありません。

服装は吸汗性のある綿素材のスリーパーやベストなどがおすすめです。夜間の授乳時に汗をかいていれば着替えさせるなどもこまめにしましょう。

赤ちゃんの真夏での水分補給について

成人の体の約70%は水分で成り立っているのはご存知かと思いますが、実は赤ちゃんの体は全体の約80%以上が水分だといわれています。新陳代謝が盛んで汗をかきやすく、真夏の猛暑となるとたくさん汗をかくため、脱水症状を起こさないようにするためにも十分な水分を与える必要があります。

赤ちゃんの母乳以外の水分補給はいつから?

赤ちゃんの水分補給は基本的には授乳中は母乳かミルクで十分です。母乳は完全食品なので十分な栄養源となります。母親のおっぱいが十分に出ているなら他の飲み物を飲ませなくても大丈夫です。しかし、母親の母乳が不足したり、猛暑となる夏場では必要以上に欲しがる場合は、母乳以外の飲み物で水分補給します。

新生児から飲ませるのであれば、いちばんいいのが「白湯(湯ざまし)」です。白湯(湯冷まし)は胃腸に負担がなく、成分やカロリーなどを気にせず安心して飲ませることができ、新生児から与えても大丈夫です。

白湯(湯ざまし)の作り方
  • ・水を沸騰させます。
  • ・そのまま冷します。(急ぐ場合は氷水を用意してその中につけると早く冷めます。)
  • ・温度は30~40度くらいの人肌程度にするのが最適温度です。
  • ・哺乳瓶に入れて完成です。

※赤ちゃんに与える飲み物の温度は人肌程度の30~40度くらいが最適です。母乳は年中同じ温度を保っているため、夏場だから冷たいもの・冬場だから少し暖かいものにする必要はありません。かえって未発達な胃腸を刺激しすぎてしまい下痢を起こす原因となります。

哺乳瓶で飲まない、飲みたがらない時は?

完全母乳で授乳させている場合、赤ちゃんは「乳頭混乱」といって、おっぱいの形状や吸い方が哺乳瓶と違うため、嫌って飲まない子もいます。しかし、飲まないからといって必ずしも「乳頭混乱」であるとは限りませんし、哺乳瓶を受け付けなくとも母乳が十分に出ているのであればそれで大丈夫です。万が一母親の母乳が不足してしまう時は焦らず他の方法を試すのもいいでしょう。

哺乳瓶以外にもスプーン授乳とコップ授乳といった方法があります。この授乳方法はもともと災害時に哺乳瓶がない時の方法で一度試してみる価値はあります。

スプーン授乳・コップ授乳の仕方

水分補給の頻度とタイミング

水分補給の頻度は基本的には制限はなく、1日の回数も厳しく決めないで欲しがるだけ飲ませてあげましょう。ムリヤリ与える必要はありませんが、特に夏場など気温が高い炎天下で公園に連れていったり、一緒に散歩などたくさん汗をかき水分不足になりがちです。

赤ちゃんは一度にのめる量も多くなく、胃に負担がかかるので注意が必要です。数回に分けてこまめに水分をとらせる必要があります。一度に飲む量は、50~100ml程度にします。まだ欲しがる場合は与えても大丈夫です。

水分補給のタイミングは外出前と帰宅後、入浴前後、就寝前は汗をたくさんかきます。ポイントは汗をかく前に水分補給をしておくのが脱水症状予防のポイントです。

赤ちゃんの水分補給に母乳・ミルク以外に適した飲み物は?
健康なとき

通常赤ちゃんの水分補給は母乳かミルクで十分ですが、それ以外に与えて大丈夫な飲み物をご紹介します。

  • ●湯ざまし
  • ●ノンカフェインのお茶(麦茶・ルイボスティーなど。ほうじ茶や緑茶はカフェインが含まれているのでNGです。)
  • ●ミネラルウォーター(軟水でミネラル成分が少ない物なら可。軟水とは硬度100(mg/L)の事です。成分を確認しましょう。おすすめは「ナイアガラ ドリンキングウォーター 」「サントリー 南アルプスの天然水」「アサヒ飲料 六甲のおいしい水」「クリスタルガイザー」「コカコーラ社 いろはす」など)

赤ちゃんに適した飲み物

発熱時の下痢や嘔吐・脱水症状がみられる時

発熱時の発汗や下痢・嘔吐してしまう時は大量の水分が失われるほか、体内の電解質濃度(塩分)が減少しています。この時だだの水を与えたばあい、「自発的脱水」といって水で薄まった体液を戻そうとしてかえって体内の水分を排泄させようとする生理反応を起こし、水分不足を悪化させ熱けいれんの原因となってしまいます。

自発的脱水とは

  • ●ベビー用イオン飲料(おすすめは和光堂の「アクアライト」。下痢や嘔吐する赤ちゃんに素速く水分補給ができるようになっています。)
  • ●経口補水液(夏場の塩分補給に最適です。大塚製薬の「オーエスワン(OS-1)」なら乳児(1歳未満)から飲むことができます)

発熱・下痢がある時の水分補給

チャイルドシート・ベビーカーでの熱中症に注意!!

車で赤ちゃんと外出するときには必ずチャイルドシートに乗せますが注意が必要です。背中が密着しているので熱がこもり、知らない間に背中から大量に汗がでて、脱水症状になる恐れもあります。

また、ベビーカーに乗せて屋外に外出する時も同じで、気持ちよさそうに眠っていても気づかないうちに大量の汗をかいています。あせもになるばかりかこれが熱中症の原因になる場合もあります。長時間のせたままにしておかないで、背中の汗をこまめに拭いてあげたりして、水分補給等でシッカリケアしてあげましょう。

短時間でも自動車の車内に残したまま車を離れるのは厳禁です!!!

「ちょっとの間だから」と赤ちゃんを自動車に残して離れ、戻ってきたら熱中症で死亡という痛ましい事故が数多く起こっています。

車のような狭い空間ではわずかな時間でも温度が急上昇するため、体温の調節機能が未発達な乳幼児にはとても危険です。エアコンをつけていても、何らかの理由で切れることも考えられます。絶対に子供を車内に置き去りにしないようにしましょう。

※車内の温度がどれだけ高くなるかという実験では、屋外の気温が23℃前後の時、密閉した車の中は50℃近くになるという結果が出ています。

熱中症になったら━症状別対処と応急処置━

涼しい場所に移動して一刻も早く体を冷やす対処が基本

熱中症になったときの応急処置(イラスト図解)

熱中症の治療で大切な事は高まった体温をいかに早く下げるかが問われます。正しい対処法や応急処置を大人が知っていなければ緊急事態に対応が遅れて取り返しのつかないことになってしまいかねません。そうならないためにも、あわてず、焦らずに素早く対応できるようにしておきましょう。

赤ちゃんが熱中症になった時の応急処置

赤ちゃんに熱中症の疑いがある時、軽症段階なら早急に応急処置をすればすぐに回復します。また、救急車を呼ぶ場合にも到着までの時間にできる限りの対処が必要になります。

頭を低くして衣類を緩める

血圧の低下で脳への血流不足になってるので、タオルなどで脚の位置を高くし、頭を低くした状態でクーラーの効いた部屋(設定温度は20度まで下げる)で寝かせます。体の熱を放熱させるために衣類を脱がせるか、ボタンをはずして緩めるなどしてください。

足の付け根・脇の下・うなじの冷却

一刻も早く体を冷却させるためにはクーラーや扇風機、うちわで仰ぐなどのほかに、氷のうをいくつか用意して、足の付け根・脇の下・うなじなどの動脈が集中する部分を冷やすと効果的です。

水分・塩分の補給

吐き気がおさまったら少しづつ数回に分けて水分を補ってあげます。この際ただの水よりも「ベビー用イオン飲料」か「経口補水液」がおすすめです。緊急の時に備えて特に夏場は用意しておくといいでしょう。

また、熱中症の症状は軽度の症状から危険な状態の症状があります。詳しく言うと「熱失神」「熱疲労」「熱けいれん」「熱射病・日射病」の4つに大別され、それぞれ対応と処置が違います。

軽症なら早急にセルフケアをして回復させることが可能ですが、重症化してしまった場合は一刻も早く救急車を呼び、到着までの間の応急処置を即実行しなくてはいけません。

詳しくはこちら⇒ 熱中症━症状別応急処置・対処法━

熱中症での後遺症について

熱中症になってしまっても軽症であれば正しい対処と治療をすることで回復し、後遺症になる事はほとんどありません。しかし、症状が重症化してしまった場合最悪、一部の方には高熱により体温調節機能が失われ多臓器障害を起こし、脳障害や腎障害などの後遺症になる恐れもあります。

後遺症の疑いがある症状には回復後2週間から1か月の間に「頭痛が続く」「怠さが続く」「耳鳴りがする」「体に熱のこもりがある」「食欲がない」「筋肉や関節に痛みがある」などの不調がでます。治療後もこのような異変がある場合は放置しておかないで、一刻も早く病院で診てもらうようにしてください。

しかし、赤ちゃんの場合はこういった不調を伝えることができません。軽症ですぐに回復したとしてもまれに障害を引き起こしている可能性もあります。回復後もしっかりと様子をみて、悪化しないうちに病院で診断してもらうようにしてください。

【おすすめ関連記事】
TOP