高齢者の熱中症の症状と原因/予防対策グッズ活用法・パンフレット

加齢とともに食事や運動の量が減り筋力や体力の低下が著しくなってきます。また、高齢者が熱中症になりやすい原因の一つに脱水症状が多くみられます。特に真夏の猛暑となり汗をかいて体の水分量が低下していても喉の渇きに気付かず、水分補給が足りないことや腎機能の電解質再吸収能力の低下、食事量が減る、筋肉量の減少、便秘薬や心臓や腎臓病などの持病があり利尿作用のある治療薬を服薬しているなどが原因とされています。また、高まった体温の放熱、汗腺の数が減るため汗をかきにくくなるため発汗による気化熱作用での体温調整能力が鈍るせいで体内に熱がこもり高温状態となり熱中症になるケースがあります。毎年熱中症により病院に搬送されるニュースが目立ちますが、その患者のほとんどが65歳以上の高齢者です。近年では都会暮らしの方も増え、都心でみられるヒートアイランド現象での影響もあります。田舎暮らしで田畑の農作業とくにご年配の方に多い専業農家にとって真夏での体力の消耗、が激しく熱中症になってしまったという事をよく聞きます。気づきが遅れ自力で予防対策がしにくくなってしまうため、同居人や家族の方など他の人が日頃から声掛けをして気配りをしなくてはいけません。高血圧や糖尿病など持病がある方は重症化しやすいとされているので注意が必要です。また、お年寄りだけでお住いの方や一人暮らしのご年配の方はご自身での判断や思い込みを捨て、介護やサポート、周りの方との接触を心がけ、熱中症対策グッズを積極的に活用することが大切です。当サイトでは高齢者の方のが熱中症になりやすい原因と症状、なってしまった時の対処と応急処置・治療、予防法、熱中症対策グッズの効果的な活用法、パンフレットのダウンロード等をご紹介いたします。

赤ちゃん熱中症 トップ画像

高齢者の熱中症の症状と原因、対処と応急処置、予防、対策グッズ活用法・パンフレット(イラスト画像)

高齢者 熱中症 イメージ

高齢者が熱中症にかかりやすい原因

高齢者が熱中症にかかりやすい原因

熱中症ときくと屋外の炎天下でスポーツされる方や外出することが多い子供や若者になる事が多いように思われがちですが、実際では高齢者の方の患者数が多いのはなぜか?その原因についてみてみましょう。

体温調整コントロール能力の低下

人間の体は通常、体温が高くなりすぎないように放熱や発汗を行う生理的な機能が備わっています。しかし、加齢とともにこの体温調整機構が低下し、発汗量が少なくなること気化熱での冷却作用が働きにくく体に熱がこもったままになってしまいます。

脱水症状が引き金となる可能性が高い

お年寄りの方が熱中症になる原因のほとんどが体の体液が急激に減少してしまう事で引き起こす脱水症状です。体内の体液が低下すると汗をかきにくくなり、発汗による体温上昇抑制、気化熱による冷却効果ができなくなります。通常成人の体液は約60%~70%ですが、高齢者の方は約50%だといわれています。のどの渇きに対する感度が鈍るうえ、真夏の発汗が加わる事で脱水症のリスクが高くなってしまいます。

加齢に伴い体内水分量が減少する理由

年をとると体液率が若い時と比べて減少する理由は以下のことが言えます。

  • ・体の水分の大部分を筋肉中に保持されているが、筋肉量が減る事で水分保持量も減少する
  • ・腎機能が低下することで、老廃物を排出するための尿量が多くなる
加齢による体液(体内水分量)の推移

食事量の減少・腎機能の低下

高齢者は加齢とともに活動量が減るなどで食事量が若い時と比べて徐々に減っていきます。食べる量が減ると失った水分や塩分を補う量が足りなくなってしまいがちです。また、腎機能が低下していると電解質の再吸収する機能が働きにくくなることも熱中症の原因となります。

暑さ対策が遅れがち

高齢者の方は知覚感覚が低下するため、暑さに対する感度が鈍ります。そのためエアコンで室内の温度を調整したり、水分補給でのどの渇きをいやすなどの行為など暑さ対応が遅れがちになります。すでに体の体温上昇・水分不足などSOS信号が進行していることに気づかず、すでに重症化していたというケースが多くあります。

心臓・腎臓に持病があり利尿薬など服用している

循環器系に持病があり、利尿作用のある薬の服用も水分排泄量が増えてしまいます。また、高齢者は便秘症の方が多く便秘薬を常用さえる方は注意が必要です。

自ら我慢してしまう

体が不自由になると動き回るのが億劫になります。水を飲みすぎるとトイレに行く回数が増え面倒頻尿の心配があるなど。また、節電意識が高い方がふえていますが、すぎると危険な事にもなりかねません。節電熱中症といわれており、我慢しすぎてかえって体を壊す方もいます。

高齢者の熱中症の症状

熱中症の疑いのある症状は気付くことが遅れてしまう高齢者の方は症状がかなり進行してしまっている恐れがあります。自身でおかしいと思った時は我慢したりしないですぐに家族の方などにその状態を知らせることも大切ですが、周りの方たちが注意してサインを見逃さないようにしなくてはいけません。

高齢者の熱中症の症状

  • 【自身で感じる不調と症状】
  • ●頭痛が続く
  • ●めまい、立ちくらみがよくある
  • ●まっすぐに歩けない
  • ●手足のしびれ・けいれん(こむら返り)がある
  • ●脱力感・怠惰感がある
  • ●トイレの回数が減るまたは、いっていない
  • ●汗をかきにくくなった
  • ●血圧が今までよりも低くなった
  • 【他の方が気付く症状とサイン】
  • ●頭痛を訴える
  • ●ふらふら朦朧としている
  • ●動きが鈍く反応が悪い
  • ●汗をかいても水分をとっていない
  • ●声をかけても返事が遅い・鈍い
  • ●トイレに行く回数が少ない・いっていない
  • ●汗が出ていない、乾燥している
  • ●手足がけいれんしている
  • 重症度により対処・応急処置・緊急対応が異なる

    熱中症の種類と症状別対処法

    熱中症には熱失神・熱けいれん・熱射病・日射病の4つの症状に分かれます。早期発見して軽症であれば、直ちに応急処置すれば、すぐに回復しますが、進行が進んでいるにもかかわらず発見が遅れて重症化してしまった場合は一刻も早く救急車を呼び病院に搬送しなくてはいけません。

    危険な状態のままにしてすぐに対処しなくては場合によっては重症化がすすみ死に至る恐れもあります。自分で気づきにくい高齢者の方の場合は周りの方が症状の異変に気づき、正しい対処法を知っておく必要があります。

    詳しくはこちら⇒ 熱中症━症状別応急処置・対処法━

    おかしいと思ったらすぐさま病院へ/緊急連絡先の確認

    頭痛やめまい等があり、おかしいと思ったら重症化しないうちにすぐさま病院で診断してもらいましょう。また、緊急の連作先を必ず確認しておくことは必須です。

    高齢者の熱中症予防対策

    高齢者の熱中症予防対策チェックリスト

    高齢者は加齢によって、汗をかいたり、血液循環によって体内の熱を外へ逃がすといった体温調整の働きが低下しています。また体の水分量が少ない、暑さやのどの渇きを感じにくい、といった特徴もあります。暑さによる負担に気が付かないことが多いので、周囲の人に気配りが必要です。

    室内の温湿度に注意する(温湿度計の設置)

    熱中症ときくと、日光の当たる屋外の炎天下で発症するイメージがありますが、部屋の中でも注意が必要です。特に外出する機会は減った高齢者の方の室内での発症がほとんどだといわれています。

    部屋の温度や湿度が高くなると放熱や発汗で体温を下げる生理作用が働きにくくなり、体内温度が上昇しがちになります。体温調整機能が衰え、気づきが遅れる高齢者の熱中症発症リスクが高いのはそのためです。

    家族の方が室内の風通しに気配りを

    建築技術が進化し、密閉度が高くなった現代の住宅環境は室内の温度や湿度がよりこもりやすくなっています。窓から差し込む直射日光や室内のテレビ等の電気機器の熱、都会でみられるヒートアイランド現象なども室内の温度を高める要因となっています。

    高齢者は皮膚の感覚が低下しており、気温の上昇を察知しにくくなっています。家族など周囲の人が気温の変化に配慮し、窓を開けて風通しを良くしたり、すだれやカーテンを利用して直射日光を遮り、室内の温度が上がらないような工夫をしましょう。

    温湿度計を各部屋ごとに設置して確認予防が必須

    高齢者は、温度変化に対する皮膚の感受性が低下して、暑さを感じにくくなっています。そのために衣服を替えたり窓を開けるなどの行動が遅れがちになります。

    そのため、周りの方の気配りが必要なのですが、一人で留守番の時やご年配だけ、一人住まいのお年寄りの方などは、各部屋ごとに温湿度計を目の見える高さに設置して、いつでも目で見て確認する習慣を身につけ、予防することは必須です。室内での熱中症予防の対策グッズの中でも唯一の指標となり、高齢者の方に限らず欠かせないものです。

    温湿度計

    エアコンや扇風機を積極的に使う習慣を

    高齢者の中には、クーラーが苦手、エアコンの冷風が体によくない、夏は暑いのが当然で我慢するものと思い込んでいる人や、長時間の使用によって電気代がかかるのではないかと考えるあまり、エアコンの使用を控える人が多くいます。

    ところが、熱中症が重症化して救急搬送されるケースの多くは、室内でエアコンを使用していなかったことによるものなのです。しかし、ご自身の思い込みとご老人に方にありがちな頑固さがほとんどです。家族や身の周りの人が、熱中症は死に至る危険性があることを十分に認識し伝え、高齢者の人に強制的にでもエアコンや扇風機を使うようにしなくてはいけません。

    エアコンの設定温度は28℃を超えないようにし、風が直接あたらないように扇風機やサーキュレーター等で風を循環させたり風向きを調整しましょう。また、除湿機能を積極的に稼働させ、室内の湿度調整にも気を配るようにしましょう。

    効率的な水分補給で脱水症状を予防

    高齢者の熱中症リスクが最も高い脱水症状を予防するには水分補給は欠かせません。しかし、ただ単にたくさん飲んでいればいいというと、実はそれはまちがい。どのタイミングでどのような飲み水をどのくらいの量を摂取すればいいのかが大切になってきます。

    水分補給は「のどが渇く前」が基本

    水やスポーツドリンクは汗をかいた後にしっかり飲むことが大切と思われがちですが、確かに汗をかいた後も重要で大切ですが、のどが渇く前に補給しておくことがポイントになります。飲み水を摂取した水分は体内に吸収されなくては意味がありません。のどが渇いている状態ではすでに体内の水分量が低下しています。

    ましてや高齢者になると、汗をかいた後も喉の渇きに対する感度が低下しているため、危険な状態になりやすくなってしまいます。このため若者と同じくらいの量の汗をかいた場合、脱水状態になりやすく、回復しにくいとされています。

    水分補給の頻度と量

    熱中症予防に限らず水分補給は毎日常日頃から意識して1時間に1回は摂取するようにしなくてはいけません。ただ高齢者はのどの渇きを感じにくくなっていますので、自発的に忘れないで摂取することが出来ずらくなっています。家族や周囲の人がしっかり見守って声をかけて、水分補給を促すようにしましょう。

    高齢者の方の水分補給の頻度と量
    • ・高齢者の場合、のどが渇いたと感じるころにはすでに脱水症状が始まっています。乾かなくても1時間に1回を目安に飲むようにします
    • ・1回にのむ量は、コップ半分(約100ml)~1杯(約200ml)程度でも大丈夫です
    • ※一度に大量に飲むと、吸収が悪く、水が胃にたまって食欲不振の原因となります
    脱水症状を予防するため入浴は低温、短時間で!

    入浴すると、汗をかいて水分が失われます。一般的に40℃のお湯に10分間つかると、約500mlの水分が失われるといわれます。高齢者の中には、熱めのお風呂を好む方もいますが、湯の温度は40℃以下にして、つかる時間も短めにしましょう。

    さらに、脱水を予防するために入浴の前後にコップ1杯(約200ml)の水分をとるように進めましょう。

    就寝前にも忘れずに水分補給を!

    人は寝ている間も汗をかき、通年平均では約180ml、夏場はその2倍以上の水分を失うとされています。高齢者の中には、夜中にトイレに行くのを避けるために、水分を控える人が多くいます。家族や周囲の人が就寝中にも熱中症を起こす可能性を伝え、寝る前にコップ1杯(約200ml)の水を飲むように進めましょう。

    また、いつでも水分補給ができるように、枕元にも水差しを準備しておくとよいでしょう。朝起きたときにも、寝ている間に失われた水分を補給するために、コップ1杯の水を飲むようにします。

    適度な運動は大切ですが、無理は禁物です

    健康のため、足腰の衰えを感じるため転倒予防・体力維持のために、ウォーキングやトレッキングを趣味として楽しんだり、自宅でできる転倒予防運動などに励む高齢者が増えています。暑さに負けない体づくりのためにも、日常的に運動をすることは大切です。

    高齢者の転倒予防運動|体操・ストレッチ・筋力トレーニングメニュー
    高齢者の転倒予防運動

    ただ、体を動かすと筋肉で熱が発生するので、熱中症の危険も高くなります。高齢者の体内の水分量は若い人に比べて少なく、のどの渇きにも鈍くなっています。脱水症状を予防するため、運動するときには意識的に少量の水分をこまめに補給するようにしましょう。

    介護が必要な人ほど熱中症のリスクは高まります

    体の衰えがすすんでいたり、病気で体力が著しく低下して介護を必要としている高齢者は、なかなか自発的に、熱中症予防の行動をとることができません。また食べ物を飲み込む機能が低下している場合、食事量とともに水分の摂取量が減少しがちです。

    さらに脳梗塞や脳出血、関節痛や骨折、認知症の治療を受けている場合、処方される薬の中には、利尿作用を高めるものも含まれます。介護が必要な高齢者ほど、熱中症にかかるリスクが高まります。介護者は体調や食事、水分摂取の状況をしっかり把握するようにしましょう。

    • ・体温が高くなっていないか
    • ・汗の量はいつもと同じか
    • ・口やのどが渇いていないか
    • ・顔色はいつもと同じか
    • ・ぐったりしていないか
    • ・水はきちんと飲んでいるか
    • ・尿は出ているか

    暑い日の外出は控える

    真夏の炎天下での外出はなるべく避けるようにしましょう。やむを得ず外出しなくてはいけない時は帽子の着用、日傘などを持参し、濡らしたタオルや冷却剤で体温を下げる工夫しましょう。服装も吸汗・速乾性のある素材を選び熱がこもらないようにしましょう。

    屋外での農作業や建築業など体力仕事される方

    高齢者の方でもまだまだ元気に働いておられる方は多くいます。特に農作業や建築業、林業など、屋外で長時間の体力仕事される場合、室内の冷所で休憩をとることが難しいケースが多くあります。効果的に体温を下げるために、頭や首回り、脇の下に濡らしたタオルや市販の冷却剤をあてたり、定期的に体に水をかけるなどして、体温を下げるようにしましょう。

    • ・濡らしたタオル、市販の冷却剤で頭、首回り、脇の下を冷やしましょう
    • ・スポーツ飲料などでこまめに水分を補給しましょう
    • ・ヘルメットなどは定期的に外し、頭部を風にさらして冷却しましょう
    • ・大量の汗をかいた場合はこまめに着替えを行いましょう
    • ・吸汗性、速乾性に優れた下着を身につけましょう
    屋外作業におすすめ!『空調服』

    真夏の屋外作業で涼しく過ごせるファン付き作業着「空調服」。灼熱の炎天下での作業現場で活用され人気急上昇中!小型ファンから取り組んだ空気が空調服内に流れ、汗を気化熱されることで体を冷却させる画期的な作業着です。

    仕事着としてだけでなく、田畑の農業やガーデニング、買い物時などでも活躍します。売り切れ必至の空調服は昨年の販売枚数25万枚を突破した大人気商品!熱中症対策に多くの企業から注文が殺到しています。もちろん一般の方、高齢者の方にもおすすめです!

    空調服
    ファン付き作業着 空調服

    家事は日中の暑さのピーク時をさけ通気性に気を配るなどの工夫を

    日常の家事を行う時も、暑さを避ける、通気に気を配る、高温・多湿の状況での長時間の作業は極力避ける、などの熱中症対策をおこなっていきましょう。

    • ・食事の準備は火を使うため高温になりやすいので、常に換気扇を回しましょう
    • ・バスルームの掃除では、換気を行い、洗剤は冷水で流すなど室温が上がらない工夫も
    • ・買い物は正午から午後3時の時間帯を避け、歩くときは日陰を選んで歩きましょう。
    • ・暑さのピークを避けるとともに、こまめな休養と水分補給を忘れずに
    【おすすめ関連記事】
    TOP