快眠できる布団の中の温度と湿度|睡眠の質を高める寝床内気候とは?

快適快眠できるための布団の中の温度と湿度を最適に保つ「寝床内気候」という言葉をきいたことがあるでしょうか?寝具類など紡績業界で名門とされる株式会社「東洋紡」の登録商標とされています。「体にも別に異常はないのに、最近眠りが浅くて困る」「夜中に足や肩が寒かったり暑かったりで目が覚める」といった方は、一度この寝床内気候をチェックしてみる必要があります。当サイトでは、この「寝床内気候」について、また、睡眠の質を高め、快眠できるためのふとんの中の温度と湿度を最適に保つ方法をご紹介します。

トップ画像

布団の中の快適温度と湿度

快眠できる布団の中の温度と湿度とは

布団の中の温度と湿度を測る寝床内気候とは

寝床内気候とは?

快適な室温と快適な寝床内温度は異なります。そして、寝床の中では、湿度も非常に重要な要素になります。この布団の中の温度と湿度の事を、寝具内業界用語で「寝床内気候」といいます。快適快眠を得るためにはこれら2つの適正を保つことが重要になります。

布団の中の最適な温度は?

寝床内気候で一番大切なのは、やはり布団の中の温度です。人間の皮膚の温度は34℃~35℃です。もし寝床の中の温度が足の皮膚温を上回っていると、熱は体の方に移動して睡眠のためには、障害となります。逆に布団の中の温度が、足の皮膚温より低ければ、熱は体から外に放射されるのでよく眠れます。

こうしたことから、布団の中の温度は約33℃前後が快適とされています。たとえば、電気毛布を使ったり暖房をきかせたりして、布団の中の温度を上げすぎると熟睡できませんね。

最適な「湿度」は?

布団の中の最適な湿度は普通約50%くらいが快適さの目安といわれています。ご承知のように、人は寝ている間に200~300mlもの汗をかきます。これがそのまま寝床内に滞ると、布団の中は湿気が多くなりすぎて、寝ている人に不快感を与えます。これを調整してくれるのが寝具なのです。

寝床内気候

mofa cool アウトラスト寝具は寝床内気候を最適に保つ

人が快適と感じる布団内は暑い寒いの温冷感、ムシムシしたりサラサラしているなどの湿潤感によって大きく左右されます。寝苦しさを感じるだけでなく、特に更年期によるのぼせ・ほてりなどの不眠障害を招く場合が多い。

快適とされる条件:「温度:32±1℃」「湿度:50±10%RH」「気流:25±10cm/sec」が限りなく近い数値で満たされた時だといわれ、この領域から外れると不快感を感じてしまう。

布団の中の温度を最適に保つ「Outlast(アウトラスト)」

Outlastは布団の中の快適温度を常にキープする画期的な素材なのです。この機能は真夏の炎天下でも真冬の厳しい寒さの中でも、常に約33°Cへとコントロールしようとするまさにエアコン寝具。

アウトラスト快適温度

Outlastの温度調整機能の秘密

Outlastの温度調節機能のヒミツは、約30ミクロンという小さなマイクロカプセルの中に入ったパラフィンワックスにあります。その働きは、体温が上昇した時の体からの余分な熱を吸収し、逆に体温が低下して寒くなると蓄えていた熱を放出するという何とも都合のいい機能があり、体感温度を約33℃に保ち続ける快適なボディコントロール素材なのです。

アウトラスト機能パラフィンワックス

NASAのために開発した宇宙服での使用がはじまり

Outlast ロゴこのOutlast開発のきっかけはアメリカ航空宇宙局(NASA)のためにアウトラストテクノロジーズ社によって極寒である宇宙空間でも最適温度でいられるために、NASAの宇宙用手袋用途に開発されたものです。

「東洋紡フィルハーモニィ」の中綿が湿度を最適にする

寝床内気候での研究と最先端技術を誇る「東洋紡フィルハーモニィ」の中綿を配合し、特に布団の中の湿度を保つ吸汗速乾性に優れている。「mofa cool アウトラスト寝具」の素材には吸湿性の高いレーヨンと触れると冷たく感じるマイカ鉱石を蒸着させた接触冷感素材を採用し、真夏の熱帯夜でもサラサラとひんやり快適に眠ることができます。

東洋紡フィルハーモニィ接触冷感素材

寝具内気候を最適に保つ「アウトラスト敷きパッド」

最適な寝具内気候をキープし続けるOutlast素材を採用した「アウトラストひんやり敷きパッド」は既に昨年までの累計出荷枚数が35万枚を超える人気ぶり!!!2015最新版は「東洋紡フィルハーモニィ」配合で私たちの快適快眠を実現し、夏の涼感寝具の定番となっています。


TOP