畳のカビ除去

畳のカビ除去・防止対策、ダニ駆除方法について。エタノール・カビキラーやハイタ-でのアルコール除菌、防カビ剤や除去剤でのカビ取りのコツ、掃除機でのダニ退治のコツ、酢を使った方法。また、重層などでのカビ臭い部屋の消臭方法など。畳の表裏や縁側の黒カビ除去。業者の選び方。また、畳の上に布団・カーペット・絨毯を上敷きした時の防カビ対策について

コルクマット トップ画像

畳のカビ発生の原因と対策方法

コルクマット > 畳のカビ除去/エタノール等の掃除方法、臭い取りなど畳の防カビ対策

和室部屋に畳は古来日本ならではの落ち着きと雰囲気で現代での北欧、アジアンといったテイストが流行る中でも和室モダンインテリアと題して暮らしを彩る方々はたくさんいます。

しかし、畳は湿気が多く発生原因となる条件がそろってしまっているため、カビが生えやすく、ホコリが目にたまりやすいために、ダニが繁殖しやすい場所でもあります。

畳表に見られるほとんどがアオカビですが、湿気の多い梅雨時期や、換気不足、除去対策なしでそのまま放置していますと、場合によっては黒カビ、赤カビなどの繁殖も見られるようになってしまいます。

何よりも快適な暮らしをするためには健康でなくてはいけません。しかし、カビ除去やダニ駆除を怠ってしまうと、ダニ・カビで起こるアレルギーの原因となり、赤ちゃんや子供に多いアトピー性皮膚炎や気管支喘息、アレルギー性鼻炎が悪化して引き起こす副鼻腔炎・蓄膿症や後鼻漏、結膜炎などのシックハウス症候群といわれるアレルギー疾患の原因となってしまいます。

こういった悪条件であっても、畳のカビ除去、防止対策などお手入れをきちんとしていれば、快適で気持ちよく過ごすことができます。

畳のカビの原因

「い草」の高い吸湿性がかえって条件を満たしてしまう

畳表に使われている、「い草」は、それ自体がカビの栄養となるばかりか織り込まれているので、繊維に沿ってカビが根を張りやすくなっています。また、空気中の水分を吸い取る性質を持つために、湿気対策としては良好ではありますが、その性質が強すぎると畳事態が水分過多となってしまい、カビを発生させやすくしてしまいます。

張り替えたばかりの畳を使用している

上記の「い草」は新しいものほどその吸湿性が高く、古いものほどその能力は衰えてきます。つまり、新築の新しい畳や、張り替えたばかりの新品ほど、カビが生えやすく、それだけ気を付けて防止対策・除去しなくてはいけないという事です。

畳の上敷きはカビやダニが発生する原因となる

畳の傷や汚れを防止するために、絨毯やカーペットを上敷きすることがあります。冬場になると、コタツの下にマットを敷いたり、ホットカーペットを畳に上敷きする傾向が年々高くなってきています。いろいろな理由で上敷きされるわけですが、これがダニ・カビの発生の大きな原因となってしまうのです。

絨毯などを上敷きすると、吸湿性の高い畳の水分が放出されず、空気に触れないためいつまでの内部にこもった状態となります。そのせいで表面にカビが生えたりもします。さらに、コタツやホットカーペットで畳が暖められると結露が起きたり、暖められた熱によって、一層ダニなどが発生しやすい状態となり、畳も傷みやすくなります。畳の上敷きはカビやダニが発生する原因となるのです。

また、上敷きの絨毯やカーペット類は畳に比べて薄く、含水量が少ないので、そこで生息できるダニは主にごく限られていますが、畳と接して下から水分が供給されると、内部に潜むツメダニなども這い出してくることになります。このように、時としてダニの発生条件を飛躍的に高めることとなるのです。

マンションやアパートなど畳部屋が1階にある

マンションやアパート暮らしに方で1階にお住いの方は床下からの湿気や結露が多く、畳表からの吸湿、畳裏からの結露と悪い条件が整ってしまいます。それは、一軒家でも同じで、2階の方が比較的室温が高く、湿気にくいため、1階の和室だけカビが生えているなんてことがよくみられます。

部屋を閉め切ったままでの換気不足

室内を閉め切った状態が続き換気が不足しますと、部屋中にホコリがたまってきます。そのホコリが空気中の水分や人体から放出される水分などを吸い取り、部屋の湿気を上昇させ、カビを発生させる原因になります。

畳部屋での加湿器の使用について

風邪やインフルエンザ予防、肌の乾燥予防なので過湿を設置される方は多くいらっしゃいます。また、加湿器を使用し、適度な湿度を保つもとで、ホコリが舞いにくくハウスダストの飛散抑制、静電気防止効果もあり、様々なメリットがあります。

しかし、難点は湿度が高くなりすぎてカビが生えやすい状態になってしまう点です。さらに、本体のお手入れ不足でタンクの水を入れ替えなかったり、ミネラルウォーターを使用したりすると、加湿器内部にカビが生えそのまま使用してしまいますと、カビをまき散らかすこととなり、場合によっては加湿器病(過敏性肺臓炎)といったアレルギー症状を招く恐れがあります。

湿度調整が困難な加湿器の使用は畳部屋ではカビがへやすく、避けた方がいいと聞きますが、特に換気不足で湿気過多の部屋でなければ加湿器が原因でカビが発生しているとは言えません。おすすめは加湿しすぎない「気化式加湿器」を使用することです。

気化式加湿器の特徴とメリット

加湿器には「スチーム式」「気化式」の2種類がありますが、「気化式」はヒーターがないので電気代も安く、加湿しすぎないのが特徴です。

  • ●スチーム式よりも消費電力を抑え電気代の節約になる。
  • ●吹き出し口からの高温蒸気をおさえ赤ちゃんやお子様・ペットに安全
  • ●防カビ・アレルギー物質の抑制にすぐれ、細菌繁殖を防ぎ風邪・インフルエンザ予防になる
  • ●音が静かで就寝時には最適
  • ●乾燥肌を防止し、お肌の調子を整える

畳のカビ除去と正しいな取り方

畳に付着するカビは進行状況により重度を増していきます。種類によっては人体にも悪影響を及ぼします。正しいカビとり手順と対応策の知識を身につけ安全に行うようにしてください。ここでは、エタノールや酢、酸素系の漂白剤や重層も用いてのカビの取り方をご紹介いたします。

アオカビなど初期段階の軽度のカビ取り方法

消毒用エタノール(カビキラー)での除去方法

通常初期の段階ではペニシリウム属の一種である「青かび」の付着がみられます。除去方法には防カビ・除去剤にはエタノールなどのアルコール消毒剤を用います。

《用意するもの》

掃除機・マスク・ゴム手袋・消毒用エタノール(カビキラーなど)・タワシ・歯ブラシ(使わないもの)・乾いた掃除用のタオル

《カビ取り手順》
  1. ●窓を開けて換気をよくしてください
  2.  (※ただし、風の強い日になどを開けてしまいますとカビの胞子が飛散しやすいので注意してください。)
  3. ●タワシや使わない歯ブラシ等で畳の目にブ待ったカビをやさしくかきだしカビをうかせます
  4. ●掃除機を弱めの出力でカビをゆっくりと吸い取ります
  5. ● (※掃除機を使うポイントは強での使用はしないこと。本体の排気口からの空気でカビ胞子は舞い散ってしまいます)
  6. ●霧吹き用スプレーに移し替えた消毒用エタノールを多めに畳全体に吹きかけ、しばらく乾燥させます
  7.  (※防かび剤としてエタノールの代わりにカビキラーやキッチンハイタ-でもOKです。)
  8. ●乾いた掃除用のタオルで乾拭きしてください
  9.  (※水拭きはなるべくしないようにしまうす。どうしても濡れ雑巾を使用する場合も必ず硬く絞ってから拭き取るようにしましょう)
酢を使った畳の防除効果について

カビの除去として酢を使ってカビとり方法があります。使い方は酢を約10倍程度に薄めてエタノールと同じようにカビ除去をします。ただし、酢はカビ取り効果はありますが、防止対策としては効果は発揮しません。カビが生えていないきれいな畳には使用しないようにしましょう。

黒カビ・赤カビなど重度のカビが付着した時の対処方法

畳のカビを放置した状態が続き、黒カビ(クラドスポリウム)になってしまった場合は、天日干しで日光に当てても紫外線の耐性が強くなかなか死滅せず効果がありません。また、塩素系洗剤(消毒用エタノール・カビキラー・ハイター)では、除去力が弱く思ったほどの効果は望めません。

そこで、畳のしつこい黒カビの除去方法をご紹介いたします。用いるものは酸素系洗剤を用います

酸素系の漂白剤(過炭酸ナトリウム)+重層で黒カビを落とす

黒カビを退治する方法は、液体の酸素系の漂白剤(ワイドハイタ-など)に料理で使っているあの重層を合わせた洗剤をつくって除去します。また、重層には消臭効果もあり、部屋のカビ臭い場合には効果覿面です。

《洗剤の作り方とカビとり手順》
  1. ●作り方は、酸素系の漂白剤と重層を1:1の割合で少しづつ水を加えながら混ぜていきます
  2. ● (※必ずコム手袋の着用をしてください)
  3. ●どろどろ状態になったら完成です。
  4. ●畳の黒カビ部分にだけ塗布するようにしてください。
  5.  (※他の部分に塗布してしまいますと、漂白剤の効果で変色してしまう事があるので注意が必要です。

畳内部のカビは高温乾燥で退治

畳表面のカビは薬剤で一応取り除けますが、内部に繁殖するカビは退治できません。畳がカビ臭くジメジメしているときは、内部にもカビが生えていることが十分考えられ、放置すると畳のワラ材を腐朽させ、ダニの繁殖原因にもなります。この場合は畳の片側をあげて、扇風機で畳の裏を丸ごと高温乾燥してを退治するようにします。

畳のカビ・ダニ発生を防ぐ方法

畳のカビ除去を行った後は再発するのを防止するために普段からのお手入れや換気は欠かせません。対策方法は繁殖してしまう条件を払拭させる必要があります。

掃き掃除・乾燥・天日干しでカビ、ダニを防止する

通常「掃き掃除、換気、乾燥」の3大要素がカギ!これだけでもかなりの防止対策になります。

掃き掃除

普段は掃除機やホウキを使ってこまめに掃除するようにしてください。なるべく水拭きは避け、ゴミを取り除いた後はエタノールを塗布しとけばカビ防止になります。

エタノールは揮発性なのですぐに気化し、染み込んで湿気を与えてしまう事はありませんので、シッカリ吹きかけて内部のまでシッカリとカビ防除しておきましょう。出来たら畳表面を吹きかけた後、気化しないうちに畳を裏返しておくとエタノールの無駄に多く使ってしまわず内部まで染み込み効果があります。

お茶のでからしを使用して畳にツヤ

ホウキ等で畳のホコリの掃き掃除をするときのちょっとした豆知識ですが、“お茶の出がらしの葉”をまいて掃きだすと、ホコリが付着しやすく、カテキンによる消臭効果と殺菌力でダニ予防になり、畳に色艶を与えますのでお勧めです。

使い方はとやり方は簡単で、あく抜きしたお茶の出がらしの葉を堅く絞って畳の上にまいてからホウキで掃きだすだけです。一度試してみてください。

部屋の除湿と通気性の確保

畳にカビやダニの発生原因は部屋が加湿状態でなってしまっていることが原因です。締め切った状態にしてしまいますと、人体から発する汗、冬場の結露、梅雨時期などはすぐに湿度が上昇してしまします。必ず定期的に窓を開けて換気をよくして畳を乾燥させるようにしましょう。

年2回は天日干しを!

昔は大晦日になると家の前で畳をズラリと立てて天日干しをしている風景をよく見かけましたが、最近の住宅事情等であまり見かけなくなってきています。

しかし、畳を日光に当てることの効果は乾燥、除菌、消臭など効果てき面であることは変わりありません。年に一回、出来たら二回程度畳を日光パワーでカビ、ダニの除去防止をしましょう。

頑固なカビ退治は専門家(業者)に依頼する

手に負えないカビ退治は業者依頼が無難

カビの根が深く、自分だけで何とかしようと無理をしないで、専門家である業者に依頼することをお勧めします。カビには多くの種類があり、対策が異なる場合があります。また、大量のカビが発生してしまった場所の防カビは徹底的に行なわないといけません。中途半端に手を出すと、かえってカビが生命力を増し、これ以上に活性させてしまう事もあります。そういった場合は早めに多くのノウハウを持った専門の業者に除カビ・防かび依頼しましょう。その後の清掃が格段に楽になります。

業者選びのポイント

業者選びといっても様々でどこに依頼すればいいのかわかりません。専門知識のない建築業者に頼んでしまうと、高額な支払をしても大した効果がないという危険もあります。そういったトラブルは避けたいものです。ここでは失敗しない業者選びのポイントをご紹介いたします。

失敗しない業者選びのポイント
  • ●10年以上の実績と確立したコンセプトがある
  • ●しっかりした結果があり、実施例の公表がされている
  • ●保証期間が5年以上ある
  • ●耐久性防カビ手法での実施がされている

チェックポイントをクリアした業者を見つけたら、実際に話を聞き、数社から見積もりを取ることで、除カビ・防カビにかかる費用や日数等を把握でき、正しい業者選びができます。まずは、インターネットなどを活用して、近隣の業者から複数の候補を選び、サービス内容などを確認し、比較検討しましょう。検索のコツは「耐久性防カビ」で検索するといいでしょう。

畳の上にコルクマットはよくないか?

赤ちゃんのプレイマットとしてのご使用なら問題ありません

畳 コルクマットコルクマットは、細胞内の抗菌成分(スぺリン)により、ダニ等を寄せ付けず、繁殖を防ぐ効果がありますが、畳の上に敷いたままにしていますと、、絨毯やカーペット同様、密閉された状態となり、水分が放出されず、空気に触れないためカビやダニが発生することがあります。普段から、取り外して換気できれば、まだましですが、それほどこまめに行なうのは大変です。

畳の上敷きによるダニの発生と繁殖を防ぐためには、敷物を敷いたままにしないで、表と裏を天日に当ててよく乾燥させることが大切です。乾燥後は外で叩いて、ホコリと一緒に付着するダニを落とすことも忘れないことです。

しかし、組み合わせて敷詰めるコルクマットやは赤ちゃんやお子様の遊び場としてのプレイマット用にご使用されるジョイントマットでしたら、遊ぶときだけ敷詰めそのあとは段ボール等に重ねてしまうなどされると、敷きっぱなしにならないので、密閉状態にはならず、カビやダニを発生させることもありません。

どうしても畳の代わりにコルクマットを敷き詰める場合は、畳を取り外して敷き詰めることをおすすめします。厚さが11㎜タイプなら、十分に畳同様の厚みが得られます。

また、カーペットや絨毯に比べて、一部が痛んだり、汚れたりして、修理や汚れの除去が簡単にできない場合などには、全面的に張り替えたりしていますが、コルクマットは、痛んだり、汚れた部分のみを、簡単に取り替えるだけで済むので、メンテナンスのしやすい、便利な床材と言えます。

コルクマットやさしいジョイントマット

アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎治療におすすめ『鼻スチーム吸入療法』

口・鼻から吸い込んだハウスダスト・花粉症、ダニ・カビによるアレルゲン、ウイルスや病原菌で伴う鼻水鼻づまりや喉のイガイガの不快な症状を温熱超音波振動による細霧ミストでスッキリ浄化し、加湿することで鼻喉粘膜の繊毛運動を促進し、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎・蓄膿症・後鼻漏の治療、風邪・インフルエンザを予防します。

ご紹介する家庭用吸入器はネプライザー療法などに使用する抗生物質等の薬剤を使用しないため、子供や妊婦の方にも安心して毎日お使いいただけます。

鼻スチーム吸入療法は鼻うがい(鼻洗浄)では届きにくい喉の奥(咽頭)までシッカリと洗浄できるのが特徴で、気管支炎や喘息の症状を緩和します。

ホットシャワー吸入療法の効果

▶ ホットシャワー |A&D家庭用のど鼻吸入器

TOP