フローリングのホコリ対策と掃除方法

コルクマット トップ画像

フローリングのホコリ対策と掃除方法(髪の毛・目立つ黒ずみやこびりつくほこり取りの仕方)

コルクマット > フローリングのホコリ対策と掃除方法(髪の毛・目立つこびりつき)

フローリングは埃(ほこり)が舞いやすい

フローリング床の画像フローリングで気になる事と言えばホコリです。特に明るい色だと一層埃が目立ちやすく、何度清掃してもすぐに髪の毛や砂・小さなゴミなどがたまってしまいます。生活していれば、仕方のないことですが、たかがホコリとは侮れません。場合によってはフローリングのホコリや砂は水分を含むと、こびりつき落そうとしてもなかなか取れない始末に…。

近年、問題視されているホコリ等の「ハウスダスト」が原因で起こるアトピー皮膚炎・アレルギー鼻炎・喘息といったシックハウス症候群の元となり、口や鼻から吸い込むことで鼻粘膜が炎症をお越し、副鼻腔炎や蓄膿症、後鼻漏の原因となっています。

特にフローリングは、カーペットや絨毯よりも埃が舞いやすく、体内に吸い込んでしまう可能性が高くなってしまいます。赤ちゃんのような床面に近い距離でハイハイしていますと、よりリスクが高くなってしまいます。フローリングの掃除方法は大抵は掃除機やホウキを使用しますが、その際にできる限り埃が舞いにくいように掃除する必要があります。

▶ ハウスダストアレルギー対策について

フローリングの掃除方法

掃除機の使用は傷の原因にもなる

フローリング上で掃除機をかける一般ではほとんどの方がフローリングの掃除用具として掃除機を使用しているのではないでしょうか。しかし、本体からの排気によりホコリが舞いやすくなります。また、フローリング上で使用すると小さな傷がついてしまう事があります。フロアコーティングを施していれば多少は問題ないですが、そうでなければ傷やへこみの原因となってしまいます。

使用する掃除機の機種にもよりますが、出すのが面倒ですし、意外と目立つ髪の毛をなかなか吸い取りにくいのも難点です。また、赤ちゃんのいらっしゃるご家庭だと、音がうるさくて赤ちゃんが眠っているところを起こしてしまう事もあります。フローリングでの掃除機の使用は、ホコリ対策や手軽さからいえば、あまりおすすめでないようにも思えます。

しかし、ハウスダスト対策にフローリングに掃除機がダメという事はありません。そこで、掃除機を使用するときの上手なかけ方をご紹介します。

フローリングのホコリをたてない掃除機のかけ方と手順

◆掃除機がけの邪魔になる物は片付けておく

部屋の片づけをしないまま掃除機がけをしていませんか?邪魔になるものをどかしながらしていると効率が悪いばかりでなくかえってホコリをたつことになってしまします。必ず部屋の片づけ、整理整頓して掃除機がけの邪魔になるものはどかしておいてから行いましょう。

◆エアコンの電源は消しておく

掃除の際、部屋のホコリを舞い散らかしてしまうのは掃除機の排気口だけではありません。忘れがちなのはエアコンです。エアコンをつけたまま清掃しますと、特にフローリング床ではホコリやハウスダスト等を撹拌してしまうので必ず電源を切ってから行いましょう。

◆換気扇・空気清浄機を使用する

掃除をかけるときは窓を開けて換気しながら行うのが基本ですが、悪天候だったり花粉・PM2.5等のアレルギーを部屋の中に入れてしまう心配もあります。その際は換気扇を回すか、空気清浄機を強運転させながら掃除機するようにしましょう。

◆ドライタイプのフローロングワイパーでホコリを先に取る

掃除機がけをする前に床にたまった大まかな目立つ埃や髪の毛をドライタイプのフローリングワイパーで取り除いておくのがコツです。(※ウェットタイプではホコリが湿ってこびりつきの原因になってしまいます)。

必ず一方方向に動かすし、表面のホコリやゴミ、髪の毛等だけをとるつもりでササッと行います。

大体のほこり取りができましたら、フローリング床の溝の小さなゴミや塵・部屋の隅などワイパーでは取れない箇所を掃除機で吸い取ります。

フローリングの髪の毛をキレイに取る方法

毎日掃除していても床をチェックしてみると、意外に髪の毛 が残っていたりします。おすすめなのがフローリング用の「粘着ローラー」。いわゆるコロコロです。髪の毛はもちろんの事、食べかすや埃も驚くほどよく取れます。ホコリが舞い散ることもないのでおすすめです。

粘着ローラー 画像

◆ノズルはゆっくり動かす

早く済ませたいがために勢いよくかけたい気持ちを抑えて、ノズルはゆっくり動かすように心がけること。激しく動かしても掃除機の吸引力は変わりません。力を入れすぎるとフローリング床を傷をつけるだけです。少し時間はかかりますが、ゆっくり丁寧にかけた方が、ホコリやダニを残らず取り除くことができます。

◆紙パックの交換・フィルター清掃を頻繁に

交換用の紙パックはパンパンになるくらいためないで頻繁に交換します。また排気口のフィルター清掃を怠ると排気中にホコリをまくこととなってしまいます。

◆ノズルのブラシの手入れも忘れずに

本体のフィルターの清掃はしても、ノズルやブラシの清掃は怠りがちです。効率的に手早く済ませるためにもこまめにノズルを裏返してチェックし、洗えるタイプのものは洗うようにしましょう。

2週間に1回は天井にも掃除機をかける

フローリング上は掃除しても天井まで掃除をすることはほとんどないと思います。ホコリは上から落ちてくるので、できたら2週間に1回は天井の掃除が必要です。やり方は、ホコリが落ちてこないように直接掃除機を使って吸いとってしまうのがいいでしょう。

少し大変な作業なので、いっぺんに済ませようとせず、今日はこの部屋、明日はこの部屋と少しずつプランを立てて行うようにします。この時一緒に照明やエアコンも掃除出来ればベストです。普段運動をあまりしない方にはいいエクササイズにもなりますが、無理はしないようにしましょう。

黒ずみ・こびりつきの除去対策

フローリングの皮脂汚れや黒ずみ・こびりつきは中性洗剤を含ませた布か雑巾を堅く絞ってふき取るのが一番です。単純な清掃方法ですが、重層等を使うとフローリングのワックスが剥がれたりしてかえって傷める原因となります。

昔ながらの「ホウキ」は、手軽な万能清掃具です

いつも、ホコリが気になると思った時に、その場所だけ掃除がすぐにできるホウキはとても便利です。部屋の隅にホウキを常備しておけば、気づいた時に掃く習慣をつければ、部屋の汚れは意外と増えません。週末のまとめ掃除のやっかいさからも逃れられます。掃除機は重いし、出すのが面倒、音もウルサイ。その点、ホウキなら手軽に掃除をすることができます。

フローリングには「シュロほうき(棕櫚箒)」がおすすめ

手軽で便利なホウキも、掃き方や使うホウキの種類によってはかえって埃が舞ってしまう事があります。部屋の床材に合ったホウキの識別が必要になります。例えば、フローリング床で日本古来の「和ぼうき」を使用すると、少々コシがありすぎて、いくら丁寧に掃いても埃が舞ってしまいがちです。畳の部屋では、使い勝手がいいのですが、フローリングでは不向きです。

おすすめのホウキは「シュロほうき(棕櫚箒)」がピッタリです。

シュロほうき(棕櫚箒)シュロほうきとは、シュロの皮で作ったほうきで、シュロの繊維にホコリをくっつけるため、小さなホコリが舞い上がらずに掃く事ができます。非常に柔らかい素材になので、フローリング床を傷をつけることなく掃くことができ、またシュロの繊維には多少の油分あるので、ワックスとは違うツヤを出してくれます。フローリングにはシュロほうきがピッタリです。

※畳やカーペットででのシュロほうきの使用は、シュロの樹脂が落ちてなかなか落ちないことがあるので、使用は避けるようにしてください。

ホコリのたたないホウキの使い方

◆勢いよく掃くのではなく、滑らせて集める感覚で

なるべくホコリが立たないように、勢いよく掃くのではなく、フローリング上を丁寧に滑らすようにして、“掃きだす”のではなく、“集める”といった感覚で履くようにしましょう。

◆床に「茶がら」をまいてから掃く

茶がらをまいてから床をホウキで掃くというのは、昔ながらの知恵で、特にフローリングで埃が舞いにくくするためのいい方法です。やり方は、飲み終わった茶がらを軽く水けをきり、床にまいてからホウキで掃くだけです。茶がらは必ず湿った状態で使用するようにしてください。湿り気があることで、ホコリがくっつき、舞い上がるのを防ぐ役目をするので、あらかじめ用意しているのでしたら、一度湿らせてから使用します。

茶がらで掃き掃除をすると、フローリングの拭き掃除も同時にでき、洗剤を使用しなくてもきれいにさらさらとしてきます。お茶のいい香りが部屋に広がり気持ちいいものです。おすすめの茶殻は「ほうじ茶」です。葉が硬く、大きいのでホコリや塵・ゴミが絡みやすくきれいになります。昔ながらの先人の方たちの知恵はフローリング床が増えた現代の住宅環境でも大いに役に立つものです。

コルクマットはホコリが舞いにくい床材です

コルクマットは素材のコルクの細胞内の水分により、放電作用が高く、ホコリが舞いにくい素材です。そのため、掃除機やホウキでの掃除がしやすくフローリング床に敷き詰めることにより、ハウスダストによる心配も軽減します。特に、赤ちゃんのいるご家庭にはおすすめです。

コルクマット 45cm8畳分コルクマット 30cm6畳分やさしいジョイントマット木目柄ジョイントマット
TOP