マンションの防音・子供の足音対策に工事不要おすすめマットはコレ!
TOP

マンション防音対策マット/子供の足音や生活音を解消

マンションやアパート、などの集合住宅で最も悩むことと言えば「騒音問題」。 特に、鉄筋コンクリートではなく、木造住宅には防音効果が薄く、生活から出る音が隣や下の階、 または上の階の住民に響き渡り苦情を言われてしまいます。隣の住民とでは、声がうるさい、テレビの音が漏れる、ピアノの音、 犬や猫などペットの鳴き声や足音、子供の騒ぎ立てる声など、壁からの騒音でトラブルとなります。中には苦情を直接言わないで、 警察に通報される住民の方もいます。一方、階下の住民に対する騒音被害となってしまう原因は、最も多いのが、子供が足りまわったり、 跳んだり跳ねたりした時の足音やおもちゃを投げつけたりした時の床の衝撃音です。また、食器等を落とした時の音や、椅子を引いた時の音、 スリッパで歩いた時のパタパタ音などの生活音さえも床からの騒音となりトラブルとなります。犬や猫などを飼っているご家庭なら、 そのペットの足音がうるさいといわれてしまう場合もあります。子供に対してしつけをしたとしても、完全に音をなくすことはできません。 床からの騒音は、特にフローリング床だと、単に歩いただけで「うるさい!」といわれてしまう事はよくある事です。 マンション暮らしでは、子供の教育や住民とのコミュニケーションも大切な事ですが、床の防音対策は必須であり、集合住宅でのマナーでもあります。 当サイトでは、階下の住民からクレームを防ぐための、フローリング床の防音対策になるおすすめの防音マットをご紹介します。 コストのかかる工事は不要。誰にでもでき、低予算で防音対策できるクッション性のあるコルクマットを使用して、 フローリング床を簡単リフォーム。賃貸マンションでも簡単に低コストで施工できるのでおすすめです。 本格的な「DIY」のような手間がかかる施工や工法は一切不要!階下の住民に気を使いすぎてストレスとな らない安心して心安らぐ生活を送るための方法を是非参考にしてみてください。

子供の足音の防音対策は?マンション暮らしでありがちな騒音問題

ロゴ モバイル用ロゴ

階下住民への騒音問題 マンションやアパートなどの集合住宅における防音対策で一番のお悩みは、
床の防音・防振では?

特に、小さな子供がドンドン大きな足音を立てると階下住民の方に迷惑が…

あげくの果てには、苦情や嫌がらせも…

階下住民との騒音トラブル事例

加害者、被害者ともに、近隣トラブルは死活問題です。

仕事の悩み等とは異なり、 自分が生活している中で抱えるトラブルであるため、精神的ストレスは大きいもの。

やっと見つけたお気に入りの物件。末永く平穏な暮らしをおくるためにもできる事なら上下階、隣近所の住民とトラブルは起こしたくないと願うのは誰しも思う事。

騒音トラブルに巻き込まれないようにするには、かかせない2つの対策があります。

  • 階下の住人とのコミュニケーション
  • 床の防音対策

より良い人間関係をきずくためのコミュニェーションは今日明日できたらいいというものではなく、時間と日数を要します。

しかし、床の防音対策ならすぐにでもできるのではないでしょうか。

ここでは、音を発する加害者になってしまっている側で、階下の住民とのトラブル問題に悩んでいる方に 「足音」や「生活音」など
床に響く「音」の悩みを解決する防音対策の方法をご紹介します。

賃貸でもできる床の防音対策を手軽に自分でしたい!という方には必見です!


騒音問題の現状

◆この記事の目次です

マンション住まいの近隣トラブル第一位は?

マンションやアパート、団地などの集合住宅はライフスタイルの異なる者同士が住んでいるために、 隣人や上下階の住民とのトラブルは起きてしまいます。

中でも圧倒的に多いトラブルが、
「騒音問題」です。

不動産サイト「SUUMO」による「近隣トラブルに関する調査」によると、
近隣の住人に対する不満の第一位が「騒音」という結果になったそうです。

近隣住民にどんな不満を感じているか?
画像拡大
近隣住民にどんな不満を感じているか?(男女別)
画像拡大

マンション暮らしは実際暮らしてみると案外問題点が多いもの。

これから新生活を迎えるという方、すでに騒音トラブルに巻き込まれてしまっている方も、 まずは避けても避けられない「騒音問題」についてしっかり理解し対策をしておくべきです。

最もトラブルになりやすい「音」は?

ひとくくりに「騒音」といっても迷惑になってしまう「音」は様々です。

まずは、人が発する声、そして足音やイスを引きずる音や扉の開け閉めなどの「生活音」、 食器洗いや洗濯機、掃除機の音、ピアノなどの楽器演奏やテレビ・ゲームなど・・・

では実際、最もトラブルを起こしやすく迷惑な騒音となってしまうのは何か?

それは、階下に響く「足音」です。

足音は騒音トラブルになる

近隣住民と隣接するマンションやアパートなどの集合住宅で、
階下に響く音は最もトラブルになりやすいといわれています。

階下住民とのよくあるお悩みは?

    騒音問題一覧テーマ
  • 部屋・廊下で子供が走ったり、跳んだり跳ねたりと騒ぎ立てることにこまりはてていませんか?
  • 玩具を投げつけ床や柱にぶつける音で階下に住民の騒音になっていませんか?
  • 犬や猫などペットの足音が階下住民の騒音となり悩んでいませんか?
  • マンションの階下から、「足音がうるさい!」と夜中でさえ苦情を言われたことがありますか?
  • 普通に暮らしているだけなのに階下住民からしつこく苦情を言われて悩んでいませんか?
  • モノが落下した時や引きずる時に発生する音に気を使いすぎていませんか?
  • 安心してのびのびと心安らぐ暮らしをしていますか?
  • 歩いた時のミシミシ・ギシギシ音がストレスになっていませんか?
  • 近隣住民との騒音トラブルを避けるにはどうすればいいか悩んでいませんか?
  • 大々的なリフォームができる予算がなくても低コストで防音対策したくないですか?

近隣住民とのトラブルが起きやすいのは、同じ階の隣住民の騒音よりも、上の階から聞こえる「足音」など、
床から伝わる衝撃音は階下住民に“ウルサイ迷惑な騒音”となりやすいのです。

床から響く音が騒音になりやすいケース

子供が家に中で走る・跳ぶ

足音や物の落下など、床から伝わる騒音で階下住民とのトラブルで一番多いのは
小さなお子様の走る音です。

幼い子供はどうしても…

  • 走り回る子供 ドタドタ大きな音を立てて走り回る
  • 椅子やソファ、ベッドなどから飛び降りる
  • おもちゃを床に投げつけたりしてしまう

子供が元気なのは健全な証拠でいいのですが、騒音など気にせず「かかと」で走るため、 より階下への騒音は脅威となってしまいます。

足音の防音対策として、子供に「家の中では走らない」とか、「飛び跳ねない」、「かかとで歩かない」など、 下の階に響かないように子供にも言い聞かせたとしても、まだ幼い子供の場合は、遊んでいるうちに走ってしまったり、椅子の上から飛び降りたりしてしまいます。

また、玩具で遊んでいる時も、投げつけてしまう事が多く床に落とした衝撃音が騒音になります。

階下への迷惑行為の全てが子供にあるわけではありませんが、大抵のトラブル要因となっていることは確かです。

床材がフローリング

近年、フローリング床の住居者が増える一方、階下への騒音問題も深刻化しています。

フローリングは、インテリア的にも美しく、衛生的で人気の床材ですが
高音や振動音が響きやすいため、トラブルとなるケースが多い床材のひとつです。

静かに暮らしているつもりでも・・・

子供が「ドタドタ」足りまわったり、「ドシーン!」ってジャンプしたりなど、あきらかに大きな音を立ててしまう事は迷惑行為でしょう。

しかし、たとえ子供がいないご家庭でも、フローリング床の場合、
普通に暮らしている時の「生活音」さえも階下に筒抜けになってしまいます。

例えば・・・

  • スリッパのパタパタ音
  • 椅子を引いた時の音
  • 食器など床にモノを落とした時の音

階下に響きが伝わりやすいフローリングは、こういった日常のささいな生活音が騒音になってしまうため、 安心して暮らせません…。

フローリング床の足音

マンションなど集合住宅に住んだことがない方には気づきにくいかもしれませんが、 こういった
ささいな生活音は信じられないくらい近隣部屋に聞こえてしまうものです。

普通に日常生活をおくる中で、自分の家からでる足音や生活音に対して階下住民からの苦情やクレームをつけられたりすると、 そこでの生活は心安らかなものにはなりません。

「家では静かに暮らしているから大丈夫」とおもっていても、突然苦情を言われてしまうとショックです。

木造・鉄骨の物件

木造建築か鉄筋コンクリートか

マンションやアパートは共同住宅なのであるていどは他の住人の生活音がきこえるのは仕方ないとはいえ、 鉄筋コンクリートなのか、木造なのか、物件の構造で響き方が違ってきます。

やはり木造は音を通しやすく、防音効果は低い物件です。 木は他素材よりも振動します。特に足音などの低音を通します。

鉄骨を内部に組み込んだ鉄筋コンクリートの構造の物件は、木造に比べ防音効果が高いといえます。

足音が響く原因は「床鳴り」?!

床鳴り

「床鳴り」という言葉をご存知でしょうか?歩くたびに床がギシギシ、ミシミシ…この音を立てることを「床鳴り」といいます。

フローリング床や畳部屋・台所の床に多くみられます。自分も不快ですが、階下にもやはり聞こえているのでしょうか?騒音になっているのでしょうか?

結論から言うと、床鳴りで騒音トラブルになる事はほとんどないといえるでしょう。

たしかに、「ミシッ!」とか聞こえることはありますが、ほとんど聞こえないことの方がおおいし、気にしない程度です。

床鳴りの原因は、リフォーム済みの中古マンションに多く、フローリングと土台の接着材などがはがれ、フローリングがたわんでしまうと、隙間にわずかなチリやゴミが入ってしまい凹凸が生じることが考えられます。

床鳴りの原因を特定するのはなかなか素人には難しいといわれています。素人が補修したとして「失敗した」となっては取り返しがつきません。気になる場合は、思いきってプロの業者に依頼することをおすすめします。

騒音トラブルの加害者にならないために…

足音をたててしまう側の上の階の住民がそもそものトラブルの原因ではありますが、実はこの
“騒音加害者”になってしまっている側が悩み倒し泣き寝入りしてしまう事が多いのが現状です。

子どもの足音

特に子供の足音は、普通の生活をしていても大人が歩くより「ドタドタ」と大きく響きやすいもの。

いつ下層階の住民から苦情を言われないか毎日ヒヤヒヤしているのがツラい…

すでに、階下住民から苦情をいわれたり、場合によっては嫌がらせをされたりなどトラブルになってしまっているケースは非常によくある話です。

賃貸住宅であれば、引っ越すなどの最後の手段もあるでしょうが、長年のローンを組んで買った分譲マンションなどとなればそうもいきません。

苦情を言われないと思っていても…

やっかいなことに、階下住民の方から騒音に対して必ず直談やいきなり苦情をいわれるとは限りません。

騒音被害に対する苦情を本人に伝えられない住民の方の方が実際は多くいます。

間をはさんで大家さんや管理会社に相談されたり、警察に通報し、実際注意を受ける事例はよくある話です。

遠回しにそれとなく言われてしまう事もあり、人柄のいい住民の方の場合はなおさら気まずくなってしまいます。

人柄のいい隣人

このタイプの住民は、直接クレームをつけたりしないで、匿名で管理会社や自治体、弁護士に相談されます。

解決方法としては正しいやり方でトラブルにまでは発展してしまう事は避けられますが、やはり迷惑行為をしていることに対して加害者扱いされてしまう ショックは大きいものです。

音に対する感じ取り方は人によって違います

音が気になる人 よく言われることですが、音に敏感に反応する人と、あまり気にしない人もいます。

例えば、日々の疲れでストレスがたまっていると、小さな音にも敏感に反応しやすくなるといわれています。

階下の住民が帰宅してから家でリラックスしようと思っても、上の階から「ドンドンッ」と足音が聞こえてくるとやはり「イラッ」としてしまうでしょう。

床の防音対策は集合住宅のマナーです

「音」に対する不満は人によって違いますが、
「小さい子どもの出す音なら大目に見てもらえるかも」ついついそう考えてしまっていませんか。

しかし、マンションにはいろんな人が住んでいます。

例えば病気療養中、受験勉強中など、事情によって音に敏感になっている人がそばにいる可能性もあります。

また、高齢者のみでお住いの住民は、夜は早寝の方が多く、子供と一緒に暮らす家庭とでは、生活のリズムの違いがあります。

夜勤あけで朝帰りの勤務パターンの方は意外と多く、それこそ昼夜逆転の生活をされています。

マンションや集合住宅での、騒音問題による住民トラブルを回避するには、 まずは、
階下に対する騒音問題への配慮が重要となってきます。

音を完全に消すことは実際には不可能ですが、できる限りの防音対策は最低限のマナーといえます。

騒音トラブルを起こさないための重要な“2つ”の解決方法

冒頭で述べたとおり、階下住民とのトラブル騒動を起こさないために必要なことは、たったの2つです。

1つは、良好な“コミュニケーション”きずくこと。

引っ越してきたばかりの方が、そこで幸せに暮らせるかどうかは、
“いかに早く近隣住民といい人間関係を作れるかどうかで決まる”といわれています。

より良い人間関係をきずく秘訣

良好な関係をきづくコミュニケーションの第一歩は、 “あいさつ”から始まります。

引っ越し時は子供を連れて家族全員で必ず近隣宅にご挨拶に行きます。

その際、子供の騒音についてあらかじめご迷惑をおかけするかもしれないことを伝えておくことが大切です。

エレベーターや階段などすれ違ったらこちらから「おはようございます」「こんにちは」といった当たり前のあいさつを心がけるだけで 苦情の予防につながる事が期待できます。

大人だけでなく、子供にも「人とすれ違ったらまずはあいさつ」「2度目以降は軽く会釈」など、しつこいくらいに言い続ける事が大切。

マンションには様々な住民の方がいます。こちらから「あいさつ」をしても無視されることもあるかもしれませんが、決してめげないで笑顔でこちらから「あいさつ」し続けましょう。

親がキチンとあいさつをしているところや、周りの住民に対して気配りをしている様子は子供はよく見ているもので、そうするものだと次第に自覚し始めます。

事前に伝えておく気配りを

また、信頼関係を築くためには自分の全てを知ってもらう事が秘訣だといわれています。

例えば、足音の問題に対しても、「ご迷惑をおかけしているかも…」と不安になる時は、勇気をもって、 うるさくないか定期的にお伺いをたてるなどの気配りをしておくことで、相手の不満を沈め、自分への理解を深める手段としてよい方向へと導きます。

いけないことは、「このくらいの音でウルサイといってくるのはおかしい!」とか、「子供がいるから仕方ないじゃない!」など、頭から相手の方がおかしいと思ってしまう事です。

他人の性格や生活パターンを指摘してもトラブル解決はできません。

賃貸でもOK!すぐにできる足音の防音対策

マンションで足音の防音対策する方法について

足音・生活音対策には、まずは防音マット

集合住宅で近隣住民とのコミュニケーションをとり、仲良くなったとしてもやはり、騒音問題の根源は「音」です。

階下層に響きやすい床に対する防音対策を施しておくことも最低限のマナーであり、良好な人間関係を築くために欠かせないことの一つです。

子供の足音を解消するには

あいさつもちゃんとできる、悪さもしない子供でさえ、騒音トラブルなど気にも留めず、響く大きな足音を立ててしまうものです。

親がたとえ我が子に「静か歩きなさい」と教えたとしても、子供の友達が遊びに来て足りまわったりして騒ぎ立ててしまうと手の付けようがありません。

子供の足音やフローリング床の衝撃音を軽減させる防音対策にはやはり、
床の衝撃音を吸収させる吸音材を敷くことが一番手っ取り早いです。

マンション防音には防音マットがおすすめ

吸音材とは、文字通り音を吸収して分散させることで騒音を緩和させる事ができる防音対策の床材です。

静床ライト・防音カーペット・クッションマットなどが吸音材質になります。

低コスト!効率的な足音の防音対策に「コルクマット」がおすすめ

コルクマット

集合住宅における足音の防音対策方法はいくつかの方法がありますが、防音工事をするにせよ非常に多くの費用が発生します。

私が推奨するコルクマットは、
マンションやアパートでの利用者が現在急速に増えているのをご存知でしょうか?

私自身、低予算でできるマンションの防音対策に最も最適だと自負しております。

実際に利用されるコルクマットユーザーの購入理由は以下の通り。

コルクマット購入理由

上の図をご覧のとおり、足音や生活音が響く床の防音対策として購入される方がほとんどです。

「コルク」といえば、ワインの栓やコースターなどが思い当りますが、
床材として利用した場合、様々な効果を発揮する最近流行の床材なのです。

私がおすすめするする「コルクマット」はこんな方におすすめします。

  • 賃貸マンションで手軽に防音マットを利用したい方
  • 低コストで床の防音対策したい方
  • フローリングの衝撃音を何とかしたい方
  • 部屋の形に自由に施工ができる防音マットを探している方
  • お手入れ掃除に手間をかけたくない方
  • オールシーズン使えてより快適に床座暮らしをしたい方
  • 赤ちゃんやペットにもの安全性を考慮したマットを探している方
  • 床暖房対応の防音マットを探している方

フローリング床をコルクマットに変えることで足音の防音対策だけでなく、真冬の底冷え対策、転倒時のケガを防止する、 ペットの床滑り防止、床キズ対策、ハウスダスト対策など、他の床材にはない、コルク材独自特徴を生かした優れた効用があります。

なぜコルクマットがマンションのフローリング床の防音対策におすすめなのか?もう少し説明してみましょう。

今すぐ知りたい!ご紹介のコルクマットに興味を持たれた方は、実際私が使っているやさしいシリーズの「極厚11㎜・やさしいコルクマット」をご紹介します。

おすすめのコルクマット
防音効果抜群!大判厚手11㎜コルマット

フローリングの足音対策にコルクマットを使う効果

コルクマットの効果

①低予算で足音の防音対策できる!

防音効果が高いと評判の、防音カーペット(静床ライト)は高額なのが難点です。

6畳分の部屋を敷き詰めようと思うと、40~50枚が必要となり、最低でも4万円くらいのコストがかかってしまいます。

静床ライトに比べコルクマットは約3分の1の価格で足音の防音対策ができます。

静床ライト コルクマット
50㎝×50㎝ 45㎝×45㎝
10枚入り 64枚入り
約8,000円~10,000円 15,980円
1枚-約800円 1枚-約250円
低価格なコルクマット

②足音を抑制し、衝撃音を緩衝する

コルク材の防音効果は「空気層」

では、実際コルクマットの足音のや衝撃音の防音はどのくらいの効果があるのでしょうか??

いくらコスパがよくても肝心の防音効果が得られないとなると意味がないですよね。

フローリング材で使われる木材とコルクを比較した場合、最大の特徴として、 コルク細胞内の「無数の小さな空気層」にあります。

コルク樹皮は無数の蜂の巣型細胞で構成されており、そのひとつひとつに空気が充てんされています。

足音・衝撃音を抑制する

コルク内の空気層は、独特な弾性と圧縮性をもたらします。

室内の歩行音を抑制し、階下への衝撃音を緩衝する効率的な吸音材として機能し、 物を落とした時の衝撃は空気層を伝わり、一点ではなく床全体へと拡散します。

コルクのクッション効果

木材以上のクッション効果のある床材を使用したまさに自然が生んだ守る力ですね。

足音対策に有効な衝撃吸収力

③ダブル効果のクッション性が衝撃を吸収

コルク素材は、クッション性を持ち、衝撃吸収力はありますが、さらに足音や衝撃音の防音効果を発揮する仕様になっています。

裏生地に衝撃吸収素材・EVA樹脂を配合しています。

EVA樹脂
EVA(Ethylene-Vinyl Acetate)
正式には「エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂」といいます。 身近なモノに使われている素材で、ビーチサンダルや水に浮く軽いバスマット・スポーツのプロテクター等に使用されています。

EVA樹脂は、ポリエチレンよりも柔らかく弾力があり非常に軽胃のが特徴で、
衝撃吸収力の優れた素材です。

また、ダイオキシンなどの公害物質を一切含まない安全性の素材で、赤ちゃん用マットによく使われるスグレモノです。

コルク+EVA樹脂で2倍の防音効果を発揮します。

EVA樹脂の特徴と効果
★★★★★by 山本 美香 (30代 女性)
女性のレビュー画像01初めて購入しましたが、使い心地が良く追加注文しようかと考えています!家には1歳になる子供がいるのですが、下の住人から「毎日毎日うるさいっ」とお叱りを受けました。しかし、1歳の子供です。そんなことを言われても手の打ちようがありませんでした。そんな時、ネットで足音の防音対策のマットで検索していたら本商品と出会いました。値段的にも手ごろなので、まずはお試しで買って使用し始めたところ、あれほどうるさかった住人からの苦情がなくなり、快適な毎日を過ごしております。本当に買ってよかったです。
★★★★★by みーさん (30代 女性)
女性のレビュー画像02フローリング足音の防音対策にこちらを購入しました。マット自体、厚みがあってしっかりしています。マットの上を歩くと、ドンドンと響かないので、足音の防音にもにおすすめです。掃除をする際、掃除機をかけてもボロボロになったりしないので、普通にかけられます。寝汗などもフローリングに染みることもなく、またこの寒い時期でも寒さを感じず、背中などが痛くなることもなく快適に寝れます。購入して良かったです!

コルクマットの防音効果は、軽量衝撃音を防ぎ、重量衝撃音の軽減する効果があります。 詳しい知りたい方は下記の記事を読んでみてください。

コルクマットの防音効果
コルクマットの防音効果について
スプーンやフォーク食器等を落とした時の「コツン」「カタン」「ガチャン」といった音、スリッパで歩いた時の「パタパタ」、その他「カンカン」「ガタン」といった、比較的軽めで高音域の小さい音を床衝撃音の一つで「軽量床衝撃音」……

④赤ちゃん・子供の転倒時のケガを予防します

子供は家の中で追いかけっこをしたりなど、走り回るようになりケガの回数がふえてきます。特にフローリング床は滑りやす く転びやすいので転んで頭をぶつけたりすると大変です。

特に、赤ちゃんの場合、歩き初めや伝い歩きでは、頭が重くてバランス感覚も未発達なのでよく転びます。 フローリング床に頭や肘をゴチンゴチンとぶつけていると赤ちゃんの 頭やおでこにたんこぶをつくってしまったり、後頭部を打ちつけ取り返しのつかないことになる場合もあります。

赤ちゃんのたんこぶ

カーペットや絨毯に比べ厚みがありクッション効果に優れています。転んでしまっても衝撃を緩和し、赤ちゃんの転倒防止対策として有効です。

赤ちゃんの転倒防止対策
★★★★★by ニコニコさな (30代 女性)
女性レビュー画像03床がフローリングで、我が家の赤ちゃんが寝返りが出来るようになったので「はいはい」?に備えて購入しました!他のマットを利用したことがないので他のものと比較することは出来ないのですが、今回は本当に大変満足しています。ネットで色々調べて悩んだあげくこちらの商品に決めたのですか、部屋全体に敷いてもナチュラルで落ち着いた雰囲気です。足音や物を落とした時の音の防音対策にもなり眠った赤ちゃんがおきなくて安心です!近々追加で購入予定です(^ー^)!
より快適な歩行を!

転倒など衝撃の吸収性だけでなく、日常の歩行時にもその効果を発揮します。ほどよい弾力とサラッとした肌触りで、
素足で歩くとその快適さが実感できます。

疲れにくく、体の負担を軽減しより健康的に!
快適な歩行

快適な歩行は体への負担が少なくします。

床に近い生活が特徴の日本人には足元(床)の快適さは重要ですね。硬すぎる床はもとより、柔らかいカーペットの上でも沈み込みで意外と疲労するものですが、
歩行時に疲れにくい最適な床材としておすすめすることができます。

室内犬・ペットの足の負担を軽減し歩きやすくなります!

人にも優しいだけでなく、室内犬などペットの足腰の負担を軽減します。

フローリング床での横滑りを防止し、脱臼などのケガのリクスをなくす事ができます。

特に老犬になると、滑る床は思い切っ て走り回ることができなくて犬にとっては辛いものです。室内犬だとしても、もともと犬は走るの大好きですからね。

犬等ペット用フローリングマットとして最適です!

ペット用フローリングマットとして使用
★★★★★by ささ (40代 女性)
女性レビュー画像04自宅がフローリングの為、とあるメーカーの滑り止め付きマットを犬の為に敷いていたのですが、18歳(人間でいうところの100歳位)になる頃、更に急に足腰が弱くなり、マット上でも後ろ足が滑ってしまう事態に。動き回れるうちはもっと負担を少なくしたい、もっと滑らないもの、できたらある程度転倒しても衝撃を吸収してくれるもの、とネットで検索していた所、このマットにいきあたりました。
いやー、購入して正解でした。個人差(個犬差?)もあるでしょうが、しっかり立って歩ける率がアップです。わんこも歩ける事がうれしいのか、ぐるぐる興奮して歩き回っていました。そして大判でたくさん入っていた為、躊躇なく敷き詰められました(笑)。コスパはフローリングマットと比べてとても良いです。余りましたが、汚れたら余ったのと交換して使えばいいし、と予備用に保管しています。
何よりも、転倒して骨折したらどうしよう、という精神的負担や、実際今まで転んで立てない時にヘルプに行く(大型犬なので重い)、という肉体的負担が少なくなりました。非常にありがたいです。

⑤冬は断熱効果でより温かく、夏もサラッとした肌触りを実感!

コルクマットは、内部の空気層により、天然の断熱材の役割をも果たします。真冬の 底冷えなど外からの冷気を遮断し、部屋の温度を保つ効果があります。

内部の空気が熱を蓄えるため一般の木材よりエネルギーが分散しにくく、手触りを比べるとフローリング床よりも格段に暖かく感じられるのがわかります。

天然素材のコルクマットは、表面がサラッとしているので、夏場も暑すぎることはなく、心地よい肌触りを実感します。

心地よい肌触りのコルク材

⑥ササッと拭くだけ!お手入れ簡単!敷詰め・加工も簡単!

汚れ落としも時短!
簡単なお手入れ

床のお手入れや掃除はほぼ毎日で、子供・赤ちゃん・ペットがいるとなると、食べこぼし・ジュースやミルクをこぼす…なんてことが頻繁でママさんも一苦労。

コルクマットは、撥水効果があるので、ジュース等をこぼした場合も、カーペットや絨毯のように染み込んでしまう事がなく、
ササッと拭き取るだけでキレイになるので、手間暇をかけずに済みますね。

★★★★★by もずくわらび (20代 女性)
女性レビュー画像05もうすぐ6ヶ月になる息子のために購入しました。寝返りや足のバタバタなどで、床をバンバン蹴っているのですが極厚タイプなので安心です。
よだれやミルクの戻しがあってもコルクなのでサッと拭き取れるのも良いです。本当に買って正解でした。
簡単に加工できます
簡単な加工

コルクマットの敷詰めは、ジョイント部分をつなぎ合わせて敷詰めるだけです。部屋のかたちに合わせてカッターやハサミで簡単に加工できるます。

★★★★★by ノン (40代 男性)
男性レビュー画像01廊下の防音として購入しました。このコルクマットは以前にも購入し、品がよかったので2度目の購入になります。
カッターとハサミできれいにカッティングできるので、非常に扱い易いです。コルクの見た目とクッション性も良く気に入っています。
次はリビングに敷き詰めようと思うのでまたこちらのコルクマットを購入します。
足音の防音対策マットにやっぱり有効

執筆者からのアドバイス

執筆者画像マンションにはいろんな住民が住んでいます。事情によって音に敏感になっている人がそばにいる可能性もあります。騒音トラブルは、避けようがない問題で、集合住宅の環境においてはなるべく足音の防音対策を心がけることは大切です。

今回は、床を通して階下に聞こえる足音・衝撃音の防音対策をご紹介しました。 対策としては、マンション選び、住民とのコミュニケーション、子供のしつけが前提と言えます。

子育ての最中に、一切の音を消すことはできません。だからこそ、普段からできるだけの防音対策をとっておくことと、「迷惑をかけないようにしよう」という気持ちを持っていましょう。

当サイトでは物理的な防音対策をご紹介しました。ご紹介したコルクマットは、特に、 子供の足音対策に利用され、支持を得ています。大きなトラブルになる前に、今からでもできる対処方法として是非試みてください。 少しでもあなたの暮らしの手助けとなることを願いたいと思っています。 騒音トラブルの回避

騒音トラブル回避の方法

マンション・アパート住民におすすめ!やさしいコルクマット大判 極厚11㎜

やさしいコルクマット大判厚手
やさしいコルクマット大判厚手 特徴

販売売上高2億円突破!やさしいコルクマットのご案内

コルクマットの利点
  • 厚さ11mm+EVAクッションで足音の防音対策や弾力性にもすぐれ、足腰の負担も軽減してくれます!
  • 夏は涼しく冬は暖かい♪エコで環境に優しい☆年中快適なお部屋に!
  • 大きな45cmタイプで敷き詰めが簡単、つなぎ目が目立ちにくいので見た目がキレイ!
  • ジョイント式なので汚した部分だけを水洗いできるし、交換も全面交換不要で経済的です
  • ハサミやカッターで簡単加工!サイドパーツを使えば端もキレイになります!
コルクマット販売情報 コルクマット販売サイトのご案内

公式HPhttps://wakuwakutuhan.jp/cork/

他にも1畳分・2畳分・6畳分サイズがあります★

P.S.

執筆者画像「やさしいコルクマット」は素材にこだわりがあります!

使用素材は、国際的な検査機関SGSの認証だけでなく、国内の検査機関の検査結果からも、その安全性が証明されています。

日本国内の安全試験所で、ホルムアルデヒド検出試験を行い、基準値の0.05ppmを大きく下回る0.01ppm未満という結果を得ました。ノンホルムアルデヒド製品として、赤ちゃん・小さなお子様やペットが万が一舐めたとしても大丈夫なので安心してご使用できます。

SGSの認証・ホルムアルデヒド不検出

また、きめ細かい小粒タイプで、強度がしっかりしています。そのきめ細かさが自然素材ならではの肌触りを感じさせ、裸足で踏んでみるとその心地よさがよくわかります。

裸足で踏んだ時の心地よさ

詳しく知りたい方は下記の「コルクマット」のサイトよりご案内いたします。

コルクマットサイトのご案内