TOP

防水性に優れたコルクマットはお手入れが簡単!水洗いOK!

コルクマットの掃除方法

防水性、撥水性に優れたコルクは、台所の流しの下や洗面所・浴室・トイレにも敷くことができます。

誤ってジュース等の飲み水をこぼしても、絨毯、カーペットのように、
染み込んでしまう事がないのでササッとふき取るだけでOK!!

お手入れする際も、「ジョイントタイプ」なので、
汚したパーツのみを取り外して水拭き・水洗いができ簡単で、汚れや劣化がひどい場合でも、その
部分だけを取り替えるだけでいいので、全面交換の必要がなく無駄なコストを抑え経済的です。

お手入れ・掃除のしやすさがママさんの人気の秘訣!

毎日のお掃除が少しでもしやすく、“時短で手軽”になる事はママさんにとってはうれしい限りですね。

子供が誤って、お茶・ジュース・牛乳やミルク等をこぼしたり、食べこぼしなどした時など、 撥水性に優れたコルクマットは防水効果にも優れ、すぐに拭き取れば、染み込んでしまって汚れが残ることがありません。

便利なジョイント式なので、その部分だけを取り外してすぐに水洗いできてしばらく乾かしておけばすぐに使えます。

ご利用者様の間では、水洗いして乾かしている時間のために、予備用のコルクマット代用される、または2つを交換しながら使用されています。 常に敷いておけるので便利ですね。

また、コルクマットのお手入れ・掃除方法は、ゴミやホコリ、髪の毛・コルク屑(くず)やカスは 粘着ローラー(コロコロ)でいつでもササッとお掃除できます。

もちろん、ホウキやすちーみモップ、ロボット掃除機(「ルンバ」などでのお掃除も可能です。

水回りでの敷詰めが可能です!

コルクマットを水回りで使用 吸湿性のある木材(コルク)を素材仕様のため台所や洗面所・お風呂場の脱衣所・お手洗いなどの水回りでのご利用が可能です。

また、キッチンの調理場付近で万が一着火してしまった場合にも窒素を多くむコルク素材は他の木材と比較して 燃え広がりにくい防炎性も兼ね備えております。
(ただし、くれぐれも火気を扱う周囲でのご使用には十分注意してください。)

※(注意)湿気の多い場所での取り扱いについて

素材のコルクは湿気には強く、防虫成分(スぺリン)を配合し、ダニやカビを防止する効果もありますが、 完全防止ではございません。

コルクマットにカビ? 梅雨時期やあまりにも過湿状態の室内で敷詰めたまま放置していますと、場合によってはダニやカビが発生する可能性もあります。

必ず定期的に取り外して換気し、風通しを良くするようにしてください。

また、寝室で直接布団を上に敷かれる時は、毎日布団はたたむようにして通気性の確保は必須です。

≫ コルクマットのカビ発生原因と対策

梅雨時期など湿気の多い環境下でのご利用の時、コルクの吸湿性により場合によっては 膨張しふくらみ、浮き上がる事がありますが、品質には問題ありませんで安心してご使用ください。 敷詰める際にわずかにあそびをもたせた敷き方をされると浮き上がる欠点の対処ができます。

台所の底冷え防止・トイレ、脱衣所のヒートショック現象防止になります

断熱性が高く、保温効果のあるコルクマットをキッチンでの調理中の足マット用として利用しますと、足元が冷える底冷え防止になります。

また、トイレやお風呂上りの寒い脱衣所は、高齢者の方に多いヒートショックを招く恐れがあります。

コルクマットを敷き詰めておくと、ヒートショック現象の原因となる部屋間の急激な温度差を軽減させることにもなります。

コルクマットでより良い暮らしを

2種類のサイズからお選び頂けます

コルクマット大判厚手
45㎝タイプは、1畳・2畳・4畳・6畳・8畳用・各サイドパーツがあります。
コルクマット小判薄手
30㎝タイプは、1畳・2畳・4畳・6畳・8畳用・各サイドパーツがあります。

“コルクマット”についてもっと知りたい!

コルクマットは暮らしの悩みを解決します コルク材の特徴と機能について
コルクマットの機能性の全て
コルクマットの選び方