ドクターメドマーでふくらはぎを温めると認知症を予防する理由

トップ画像

ふくらはぎを温めると認知症を予防しよう

脳の働きを活性化するふくらはぎ温め効果について

ふくらはぎを温めることは、脳の働きを活性化して、認知症を予防することにもつながります。

理由は2つ挙げられます。

足の指にある脳の反射区を活性化する

一つは、ふくらはぎを温めて動かしやすくすることで、足の指にある脳の反射区を活性化できるからです。

反射区とは、体の各器官や部位とつながっている末梢神経が集中している足裏のゾーンのことです。

足裏の反射区

反射区を刺激することで対応する器官や部位の働きが高まるとかんがえられています。

特に足の親指には、脳下垂体、三叉神経、小脳、脳幹、大脳などに対応する反射区が集中しています。

これらの反射区は親指をしっかり使って歩くことで刺激できます。

ふくらはぎを温め、血行がよくなると、神経の伝達もスムーズになり、足指が動きやすくなります。

その結果、親指を地面にしっかりつけて蹴り出しながら歩けるようになり、大脳の反射区を刺激できるようになるのです。

また、足の指の動きがよくなったり、ふくらはぎの筋肉の柔軟性が高まることは、老化による運動能力の低下や筋肉の低下の防止につながり、 寝たきりや、ひいては認知症の予防にも役立つ結果となるのです。

実際に、習慣的に運動している人は、していない人に比べてアルツハイマー病の発症率が半分になるといわれています。

歩くことで刺激

リラックス効果が得られストレスを緩和する

二つ目は、ふくらはぎを温めることでリラックス効果が得られ、ストレスが緩和されるからです。

筋肉を使いすぎたり、長時間同じ姿勢でいたり、冷えた状態でいると、筋肉は過剰張状態になります。

そのとき、緊張して硬くなった筋肉のなかの筋紡錘(きんぼうすい:感覚受容器、知覚神経の末端)からの刺激が絶えず、 中枢神経に送られ続けるため、神経や脳も常に過剰張となり、ストレスがたまるということがわかっています。

アルツハイマー病の原因はまだはっきりと解明されていませんが、“発症はストレスとの関わりが大きい”と指摘されています。

強いストレスが副腎皮質ホルモンを大量に分泌させ、脳の記憶中枢部分を萎縮させるという研究結果もあります。

免疫力防止

ふくらはぎマッサージ器「ドクターメドマー」

ふくらはぎを効率的に温めるためには足の血液循環を促進させることが重要です。いくら厚手のソックスをはいても血液の流れが悪くては一向に温め効果は得られません。

足の血液循環を促進させるには、「第二の心臓」ともよばれているふくらはぎの筋肉が担う血液のポンプ作用を促すことです。

ふくらはぎのポンプ作用を促進させるには、ウォーキングなどの歩行が有効。

そして、ふくらはぎの筋肉をマッサージすることでも血液の流れをスムーズにし、ポンプ効果を得ることができます。

ドクターメドマーは、「血液とリンパ液の効果的な流れの促進」をテーマした、一定の加圧で心地よいふくらはぎ暖め効果を得ら れるエアーマッサージ器です。

ドクターメドマーの心地よいマッサージ効果によりふくらはぎを効果的に温め、 ストレスを緩和し、認知症を予防することにつながりといえます。

素材

「ドクターメドマー」シリーズのご購入はこちら

注文リンク
TOP