太もものセルライトを除去するマッサージの正しい手順

トップ画像

セルライト改善に効果的なマッサージ

太もものセルライト除去は時間がかかる

太ももについてしまったセルライト

特に、太ももの裏側は最もセルライトができやすい部位で、食事制限などのダイエットでは除去しづらい特徴があります。

セルライトの改善には、自然治癒力を利用し、組織構造を変えなければなりません。

これは、とても短時間で出来ることではありません。

なんといっても、何年もかけて育ってきたのです。そう簡単にはサヨナラしてくれません。

地道なセルライトケアを続け、組織内の改善がある程度進むには、最低でも2ヶ月はかかると思ってください。

セルライト発生の時間経過が長ければ長いほど、その改善にも時間はかかります。

正しい知識と改善方法を身に付け、セルライトを作ってしまった悪習慣を絶ち、健康敵で充実したライフスタイルをつくりあげることを 目指していただきたいと思います。

それでこそ、かかえている下半身太りの悩みを解決するばかりでなく、今後発生しうるセルライトを未然に防ぎ、いつまでも若々しく、 魅力的に輝き続けられるからです。

ここでは、セルライト対策に欠iかせられない足のマッサージに正しいやり方についてご説明します。

セルライト 大切なこと

セルライトは潰してはいけない

太ももについたセルライトは潰すように強くもみほぐしても効果は得られません。

セルライトを除去するには、力強く揉みほぐし潰してしまえばいい…という誤った認識をしてしまってはいないでしょうか?

潰すように強くマッサージすると、セルライトだけじゃなく皮膚組織や毛細血管を傷つけ、体内のコラーゲンが細胞を 修復するため排出するはずだった老廃物を巻き込み、さらに大きなセルライトをつくってしまう恐れがあります。

痩身エステのセルライト除去は特殊です

痩身エステで行うセルライト除去マッサージは強くもみほぐし潰すようにしますが、これは セルライトをつぶす前にキャビテーションやラジオ波という高周波機器を使って脂肪を分解し破壊しているからです。

キャビテーションとは

キャビテーションマシンを使って脂肪細胞に対し特殊な超音波をあてて脂肪細胞を砕いて分化し体外に排出させます。 セルライトの原因である脂肪細胞に直接働きかけることによって、ボコボコとしたセルライトを除去施術方法です。

ラジオ波(RF)とは

ラジオ波とは高周波のひとつで、肌表面に照射すると体の奥の水分が細かく振動しジワジワと熱が発生して体温が上がります。 体温が上がることによってリンパの流れや血行がスムーズにして、脂肪が柔らかくなりセルライトや硬くなった脂肪を体外に排出する施術方法です。

血液とリンパ液のスムーズな流れを維持することが大切

セルライトを改善していくには、血液とリンパ液のスムーズな流れを維持することは絶対条件です。

代謝に必要な栄養素がたっぷり含まれる血液を、脂肪細胞に十分に供給されるようにしなければなりません。

セルライトが完全になくなるには、時間はかかるでしょうが、血行の改善、そして、静脈・リンパ系の働きに目を向けることが下 半身を細くするためだけでなく、体全体の健康のためにも重要なことです。

セルライト改善の条件

求心性マッサージがリンパの流れを促す

血液とリンパの流れをよくするためにはリンパマッサージがセルライト除去には効果的です。

マッサージそのものも、それこそ何千年も昔から治療の目的でおこなわれてきました。

中国の書物を見ると、紀元前三〇〇〇年にはすでに、体のプラスの影響力を与えることを伝えています。

古代エジプト、インド人、ギリシャ人も、植物成分のエキスの利用とあわせてマッサージを施していくことが、から だにとってどれだけ良いことなのかを十分理解していたようです。

マッサージを行うには直接患部に手を触れますので、うっ血状態の解消、リンパ液の流れをスムーズにするには即効性があると言えます。

この時、マッサージの“方向”に気を付けなければいけません。

セルライト改善のためのマッサージは「求心性マッサージ」といって必ず足首から太ももへとおこなうようにします。

心臓を中心とする血管を対象に(主に静脈)末梢から体の中心、心臓にむかっておこなうマッサージは「求心性」とよばれています。

求心性マッサージの目的は、静脈血やリンパ液の流れを促し、筋や皮下組織の代謝をさかんにすることです。

下半身のマッサージを求心的におこなっていくことにより、細胞への栄養供給、酸素の供給などは活発になりますし、 運動によって生じた疲労物質の排泄作用も促進されます。

神経に対しては、興奮性を高めて機能を増進される作用があります。

求心性マッサージとは?!

下半身をスッキリさせたいと願う女性にとっては、こうした求心性マッサージがまさにうってつけです。

求心性マッサージについて

セルフマッサージをおこなうときのポイント

まず、絶対に強くしすぎないこと!!

セルライトのデコボコしたかたまりや、太ももの張りでた部分のトリートメントをするときには、効果を早く出したいとの思いから、 それこそ「親のカタキ!」みたいに、強く刺激したくなるものです。

気持ちはわかります。でも、強くやればやるほど早くセルライトがとれるわけでも、下半身がほそくなるわけでもありません。

マッサージは優しく、いたわるように、加圧するときも徐々に力をいれるようにしましょう。

強い刺激は、繊細なリンパ管や毛細血管にダメージを与えますので、セルライトの改善、下半身やせにはマイナスです。

長時間おこなうのは避ける

力を入れすぎるもはもちろん、一回に長時間おこなうことも避けるようにしましょう。

実際のマッサージを施す時間は、悩みの深刻さによっても違いますが、だいたい片足10分程度(ふくらはぎだけの場合、5分程度)が適当です。

とくに気になる部分を集中的におこなうようにします。

食後2時間は避ける

マッサージはいつおこなってもかまいませんが、食後は、マッサージの刺激と相まって胃や内臓系が活発になりすぎ、リラックスしにくい事がまれにある と言われています。

あまり空腹時というのも困りものです。

リラックスしたお風呂上がり時が最適

からだがよく温まり、からだ全体の筋肉も、精神的にとてもリラックスしていて、ゆったりした気分でできるお風呂あがりは、 マッサージタイムとしてベストです。

血液循環と老廃物排泄のメカニズムについて

ここでは、専門的になりますが、血液循環と老廃物排泄のメカニズムについてふれてみましょう。

脂肪細胞や組織がまともに働いていれば、セルライトにはなりません。

下半身デブで悩むことにもならないでしょう。

細胞や組織の正常な機能のためには、効率の良い血液輸送と老廃物排泄の両システムが完備されていなければなりません。

つまり、酸素や栄養素たっぷりの血液がきちんと細胞に供給され、静脈によって二酸化炭素や老廃物や毒素がとり除かれ、リンパ排液(組織内の余分な水分を毒素といっしょに除去)によって組織液がスムーズに排出されなければならない、ということです。

心臓から押し出された血液は大静脈を通り、全身に張り巡らされた毛細血管に流れ込んでいきます。

その一部は、毛細血管からしみだし、、組織液になります。

酸素や栄養分をからだ全体の細胞に供給し、二酸化炭素や老廃物などの「ゴミ」をうけとってから、静脈側の毛細血管に流れ込みます。

そして、細静脈→静脈→大静脈という順路をへて心臓に戻ります。

組織内のしみ出した液の約90%は血管系(静脈)に再吸収されますが、残りの10%はリンパ系をへて静脈系へともどります。

酸素や栄養たっぷりの血液は心臓というポンプに押し出され、動脈の筋肉によって絞り出されて、毛細血管に到達します。

でも、その帰り道、つまり、ゴミを持ち帰る動脈には、血液を心臓に戻すための筋肉や専用装置がありません。

リンパ系も同じです。そのため、静脈血やリンパ液を下半身から上半身(心臓)に戻すには、3つのメカニズムの助けをかりなければなりません。

足の血管は筋肉にとりまかれています。

これらの筋肉が収縮すると、静脈やリンパ管に圧力が加わり、血液とリンパが心臓方向へ押し上げられます。

これが「筋肉ポンプ」です。この時一方通行の弁が血液やリンパの逆流を防いでくれます。

このメカニズムでもっとも重要な働きをするのがふくらはぎの筋肉です。

「呼吸ポンプ」は吸気のための容積の拡大、腹圧の減少で下半身のリンパと血液を吸い上げ、息を吐き出す容積の縮小、腹圧の上昇でリンパと血液を押し上げます。

足底腱膜(そくていけんまく:足底の筋の中央部の厚い部分。かかとの内側突起から指に向かって放射状に走っている))には多くのレセプターがあり、この「足底(足裏)反射区」を刺激すると、リンパ還流を促進することができます。

セルライトを解消して足やせを実現するには、こうした「筋肉ポンプ」「呼吸ポンプ」「足底還流反射区」のメカニズムを最大限利用してい くことが重要とされています。

ドクターメドマーで効果的にセルライトを除去する

整体師さんが採用している本格派の足マッサージ器「ドクターメドマー」は、 空気圧を利用した医療用マッサージで足先から太ももまでもみあげます。

ドクターメドマー

マイコン制御されたマッサージモードで適切な空気圧をコントロールし、むくみや筋肉疲労を改善し、セルライト除去に効果を発揮します。

ドクターメドマーの効果
  • リンパや血行促進
  • 静脈血栓症の予防
  • 筋肉の疲れ・こりをほぐす
  • 疲労回復
  • 神経痛・筋肉痛の痛みの緩解
  • 冷え性の改善
  • むくみ・セルライトの改善
ご自宅でいつでも手軽に行うことができます。

また、太股に溜まるセルライトやむくみの改善に効果的でエステサロンでも好評です。

むくみ、セルライトの解消をはじめ、足の疲れ、冷えなどにも効果的。

セルライト除去に効果的な「求心性のマッサージ」と、ふくらはぎマッサージにより様々な効果を期待できます。

足の太さに関係なく一定の加圧力で心地よくマッサージしますので、セルライトなどのダメージをうけている皮下の組織にも安心。

素材

「ドクターメドマー」シリーズのご購入はこちら

注文リンク
関連記事
TOP