リンパについて

トップ画像

リンパについて

リンパ液のつくられ方

ケガをしたときに、傷口から透明な液体が出てきた経験はないですか?

これは細胞の周りにある栄養水「組織液」のことです。

リンパ液のつくられ方

リンパ管には血管から染み出た組織液を回収する役目があり、 その際、老廃物や細胞などの異物も一緒にはいってくるので、この異物をフィルター機能で浄化するのがリンパ節の役目で、 浄化された組織液がリンパ液となるのです。

リンパ管は、血管に沿いながら、体のあらゆる部分に張り巡らされています。

まるで、川のように、細いリンパ管が何度となく合流を繰り返し、太いリンパ管になってきます。

リンパ管は細くて無色透明、その中をとおるリンパ液も無色透明です。

このようなリンパのネットワークに守られて、体の健康は維持されています。

リンパの役目

リンパ管には、大小合わせると約600のリンパ節があります。

リンパ節は、体を健康に保つために、2つの大きな働きをします。

浄化作用

リンパ液には、タンパク質などの栄養素のほかに、尿酸やアンモニアなどの老廃物や、体に有害な異物も含まれています。

リンパ液が通るたびに、リンパ節の細かいフィルター機能が老廃物や異物を「ろ過」し、クリーンな状態になります。

その後、リンパ液は静脈に入り、心臓へと流れていきます。

免疫機能

もう一つは、細胞やウイルスなどの感染から体を守る「免疫機能」です。

体内や血液中に細菌やウイルスなどの病原菌が入ると、体内を健康に保つ役割の白血球が反応します。

リンパ節の中では、白血球の中でも最強のリンパ球が作られ、病原菌を撃退し、菌などから体を守る働きをします。

その他、リンパ節ではリンパ球のほかに病原菌の残骸を処理するマクロファージもつくられ、クリーンな状態を保っています。

※マクロファージ:白血球の一種で病原菌の残骸を食べる大食細胞。貪食細胞。

左右で異なるリンパの流れ

リンパの流れは毛細リンパ管から始まり、複数の毛細リンパ管が合流を繰り返しながら、太いリンパ管になっていきます。

そして、最終的には鎖骨下静脈に流れ込みます。

リンパは、左右対称に流れるのではなく、体の右側と左側では、異なる経路を持っています

左右で異なるリンパ

左側のリンパの分布域が右側よりかなり広範囲なのも、大きな特徴です。

「浅いリンパ」と「深いリンパ」

リンパには「浅いリンパ」と「深いリンパ」の2種類があります。

それぞれのリンパには大きな違いがあります。

浅いリンパと深いリンパ

深いリンパを鍛えると、成人病の原因となる、肥満予防の効果も期待できます。

血液とリンパ液の違い

血液とリンパ液、どちらも体内をくまなく巡り、最終目的地は心臓ですが、その流れと役割には大きな違いがあります。

リンパ液は循環せず、「川」のように、心臓という「海」に向かって一方行に流れていきます

リンパ管は血管から染み出た栄養素を回収するのが目的ですが、その際、老廃物や有害な菌などが入ってきたときに、 フィルター機能を持つリンパ節で、クリーンな状態にして心臓に戻しています。

血液は心臓を起点として、体内を循環しています。

心臓から動脈に入った血液は、栄養素や酸素を全身の各細胞へと運びます。

その後、血液は、静脈をとおり、老廃物や二酸化炭素を運び出し、再び心臓へと戻ってきます。

血液と違い、リンパ液は心臓のポンプ機能で運ばれているのではありません

また、血液にくらべ、リンパ液の流れは緩やかで、周囲にある筋肉の動きが大いに関係しています。

家庭用の足マッサージ器「ドクターメドマー」は優れたマッサージ効果により、血液とリンパの流れをよくし、 足のむくみ、リンパ浮腫セルライト の除去に補助具として効果を発揮するマッサージ器です。

空気の力で加圧しながら、揉みあげ、痛みや揉み残しもなく、ご自身の足の太さに合わせて効果的にマッサージします。

お年寄りに人気のこの「ドクターメドマー」は、治療院で採用され、他にも多くの分野で愛用され利用されています。 (整体院、介護施設、デイサービス、エステサロン、ネイルサロン、スポーツ施設ほか)

素材

「ドクターメドマー」シリーズのご購入はこちら

注文リンク
TOP