ふくらはぎを温めると高血圧・動脈硬化の予防になる理由

トップ画像

ふくらはぎを温めると高血圧・動脈硬化の予防になる

このページは、家庭用足マッサージ器『ドクターメドマー』の効果効用についてのご紹介しております。

ドクターメドマーでふくらはぎを温めると高血圧・動脈硬化の予防になる

ふくらはぎが硬く冷えていると血液の流れは悪化します

ドクターメドマーのマッサージ効果により、ふくらはぎを柔らかくし温め、全身のリンパ液の流れを改善します。

ふくらはぎは全身の血液循環の要です。

ふくらはぎが冷えると、筋肉とともに、血管も収縮して血液循環がわるくなり、その状態が長く続けば血管が硬くなって老化します。

筋肉が硬くなって伸縮率が悪くなるため、静脈血やリンパ液を上半身へ戻すポンプ機能も低下します。

血管を柔らかくして血液の流れをよくするには、その周囲の筋肉を温めてゆるめることが有効になります。

ふくらはぎを温めると筋肉の緊張がほぐれて柔らかくなり、血管も拡張します。

ふくらはぎを温めることで、血管がよく伸びるようになるのです。

ふくらはぎを温めると、筋肉も柔軟性が高まって伸縮しやすくなるため、静脈血を上手に上半身に押し戻すポンプ機能も回復します。

その結果、ふくらはぎを温めるだけで、全身の血液循環がよくなります。

それは、ひいてはさまざまな生活習慣病の予防につながります。

血液循環

高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの循環器系の予防に効果があります

ふくらはぎを温めることで最も予防効果が高いのが循環器系の疾患です。

高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの循環器系の疾患は、全身の血液循環がよくなり血行を良くなることで、かなり発症リスクを減らすことができます。

また、ガンや腫瘍は血液の流れが悪くて酸素の届きにくにところにできるため、全身の血液循環がよくなればガンの発症リスクを下げることもできます。

以外にも、ふくらはぎを温めて全身の血液循環をよくすることは、骨粗鬆症や骨の弱体化による骨折の予防にもつながります。

近年、20代の若者でも骨の弱体化が目立ち骨の質がわるくなっているようです。

その背景には、コンビニやファーストフードなどの偏った食生活や血行不良が一因と思われます。

骨質のよい骨を作るには、カルシウムやビタミンDやマグネシウムの摂取が必須ですが、体が冷えて全身の血液循環が悪くなると、 栄養が十分に行き渡らなくなりこれらの栄養が不足して、骨質が悪くなります。

万病に効く

ふくらはぎを温めて血流をよくすることは、生活習慣病の予防、栄養を行き渡らせ骨の弱体化を防ぎ、骨を強くするためにも、重要かつ有効なことと言えます。

ドクターメドマーは、優れたマッサージ効果によりふくらはぎを効果的に温めることができ、結果、 全身の血液循環を良くすることができます。

ドクターメドマー 血流がよくなる

家庭用足マッサージ器『ドクターメドマー』

足マッサージ器ドクターメドマー

ドクターメドマーは整体院・病院で使用される本格セルフ足マッサージ器です。

ドクターメドマーDM6000』シリーズは、誰にでもすぐにお使いいただける家庭用の足マッサージ器として誕生しました。

清潔性・安全性・操作性に優れた仕様で足の疲れ・むくみ・冷えの改善・血行促進・神経痛・筋肉痛の痛みの緩解のほか、 リンパ浮腫のケアや静脈血栓症の予防にもおすすめの足マッサージ器です。

足マッサージ器ドクターメドマー特徴 足マッサージ器ドクターメドマー販売
TOP