ふくらはぎを温めることにより腰痛・肩こりが改善されるその理由

トップ画像

ふくらはぎを温めることにより腰痛・肩こりが改善されるその理由

ドクターメドマーでマッサージを行い、ふくらはぎを温めることにより、腰痛・肩こりを改善することができます。

意外と思われるかもしれませんが、ふくらはぎを温める事で最も顕著な効果が現れるのが、腰痛や肩こりの痛みの軽減なのです。

その理由はいたって単純明快です。

腰痛や肩こりをもたらす大きな原因のひとつは、ふくらはぎの冷えです。

全身の骨格や筋肉は連携してバランスをとっているため、ふくらはぎが冷えて硬くなると、背中や腰、肩などほかの筋肉にもよけいな力が入り、 緊張して硬くなったり、筋肉疲労をおこしやすくなります。

腰痛・肩こり

ふくらはぎを温める事で筋肉がほぐれれば、ほかの筋肉にかかる負荷も減って、緊張やコリも取り除かれることになります。

また、ふくらはぎを温めるとリンパの流れがよくなるため、疲労物質などの老廃物の排泄が促されることでも、痛みやコリが改善されます。

ふくらはぎを冷やしたことが原因と考えらえる腰痛やぎっくり腰、肩こりなどが多く見られます。

とくに、夏から秋にかけて一番起こりやすいのが、ふくらはぎを冷やしたことによるぎっくり腰です。

ほかにも、椎間板ヘルニアやひざの痛みのような慢性化した痛みにも、ふくらはぎを温める事を続ければ慢性化や再発防止にもつながります。

ドクターメドマーは、優れたマッサージ効果によりふくらはぎを効果的に温めることにより、 筋肉をほぐすことにより腰や肩の負荷を軽減させ、緊張やコリを取り除くことができます。

ドクターメドマー効果

素材

「ドクターメドマー」シリーズのご購入はこちら

注文リンク
TOP