ふくらはぎを温めると基礎代謝が上がり、ダイエット・美肌効果がある理由

トップ画像

ふくらはぎを温めると基礎代謝が上がり、ダイエット・美肌効果がある

ドクターメドマーのダイエット効果は?

ドクターメドマー ダイエット・美肌効果

ドクターメドマーの求心性マッサージで足のむくみを解消する効果をもたらします。 下半身太りで悩む女性にとって朗報といえます。

しかし、下半身のむくみによる水太りが解消されたとしても、体脂肪が減ったわけではありません。 脂肪太りによる体脂肪を減少させるには、エネルギーとして消費しなくてはいけません。

基礎代謝が上がると痩せやすくなる

私たちの体は、寝ている間も絶えず消費しているエネルギーがあります。 それが基礎代謝で、呼吸や体温調整など生命を維持するのに最低限必要なエネルギーの事です。

基礎代謝は全消費エネルギーの約7割を占めているので、ダイエットへの影響は絶大といえます。 基礎代謝が上がると、特に運動をしなくても消費エネルギーが増えるため、脂肪がつきにくく太りにくい体になるのです。

ところが、男性は16歳、女性は14歳をピークに基礎代謝は低下するといわれています。

基礎代謝量

血液の循環がよくなれば基礎代謝が上がる

加齢に負けることなく、この基礎代謝をキープし、ダイエット効果を得るのに重要なのが血液循環です。

血液の流れが良くなると、酸素や細胞の代謝に必須の酸素などの栄養素が体のすみずみまで運ばれるため、 細胞の働きが活発になって基礎代謝がアップするといわれています。

また、体温が1℃上がると基礎代謝が13%アップするといわれています。 血行がよくなって体が温まると、それだけで消費エネルギーが増え、ダイエット効果があるわけです。

基礎代謝アップ

ふくらはぎを温め、全身のリンパ液の流れを改善するため、 老廃物の排泄を促して、ダイエットの天敵である、むくみやセルライトを改善し、 下半身太りの解消につながります。

ドクターメドマーの美肌効果について

美容効果はそればかりではありません。ふくらはぎを温めることにより美肌効果も期待できます。

血液循環がよくなると新陳代謝も活性化するため、肌のターンオーバーが整います。 ターンオーバーとは細胞が新しく生まれ変わるサイクルの事で、美肌を保つのにに欠かせない要素です。

ターンオーバーが順調に行われていると、古い細胞は剥がれ落ち、新しい細胞が次々と生まれて入れ替わるため、若々しい肌を保つことができます。

ところが、ターンオーバーのサイクルは年齢とともに遅くなるため、古い角質が積み重なって厚くなり、肌の乾燥を招いてシワやたるみができやすくなったり、 メラニン色素が残ってシミやくすみなどが生じやすくなったりします。

加齢とともにターンオーバーのサイクルが遅くなるのは、ある程度しかたないかもしれません。

しかし、ふくらはぎを温め、血液循環をよくする事で、細胞の入れ替わりを促してターンオーバーを整えて美肌効果をえることは可能です。

血行が良くなると酸素や栄養が細胞のすみずみまで行き渡り、代謝が活性化し、ターンオーバーを整え、美肌をたもつ事ができます。

美肌効果

ドクターメドマーは、優れたマッサージ効果でふくらはぎを温める、 全身の血液循環を良くし、基礎代謝、新陳代謝を活発にし、ダイエット効果・美肌効果をえることができます。

無理な食事制限によるダイエットや肌に負担をかける美容液をつかうよりも、体内から元気になり、美肌を得ることが健康にも美容にも大切といえます。

ドクターメドマー注文

TOP