リンパ浮腫の原因と症状(乳がん・子宮がん術後の足や腕のむくみ、痛みと皮膚の変色・蜂窩織炎)

トップ画像

リンパ浮腫の原因と乳がん・子宮がん手術後の下肢や腕・下腹等のむくみ、痛みと皮膚の変色・蜂窩織炎による細胞の壊死

足マッサージ機>リンパ浮腫の原因と症状(手術後の足・腕のむくみ、痛み・蜂窩織炎)

リンパ浮腫とは

リンパ管が障害されて発症する疾患です

リンパ浮腫 イメージ私たちのからだには、血管とともにリンパ管が張り巡らされています。リンパ管は一言で言うと、体の老廃物を運ぶ「排水管」の役割をはたしています。このリンパ管の働きが何らかの原因で悪くなると、皮膚組織のある部分に体液が溜まってむくみが起こります。これが「リンパ浮腫」です。

リンパ浮腫は生命にかかわりありませんが、放置すると、悪化し日常生活に支障をきたしたり、細菌感染など蜂寓織炎(ほうかしきえん)といわれる合併症の危険性があります。

蜂寓織炎(ほうかしきえん)

リンパ浮腫によりむくみがあると、リンパ管の循環が悪くなっています。そこへ虫刺されや水虫等により細菌が侵入した場合、リンパ管にためこんだまま細菌を排除しにくくなっています。そのため足全体に炎症を起こす細菌感染の合併症のことをいう。蜂窩織炎の特徴は、むくみの出る範囲に赤い斑点や発赤が発症し、38度以上の高熱を伴います。

そのまま長く放置していると、頻度は低いのですが皮膚がかたくなり象皮病の原因に、また、皮膚の深い部分にまで広がると、細胞周りの細胞間質に融解しながら細胞自体を壊死させることとなります。治療法には細菌に効果のある抗生物質を服用すれば約数週間で治癒されますが、蜂寓織炎は再発の可能性が高く、日々の予防を心がけることが大事です。

リンパ浮腫の症状

手術後のリンパ節郭清が原因でむくみが生じる

リンパ浮腫の症状は、腕や足にむくみが生じるのがほとんどです。乳がん、子宮がん、前立腺がんなどの手術でリンパ節が切除されて側の腕や足だけが健康な側よりやや白っぽくむくんできます。右乳がん術後には右腕、左乳がん術後には左腕に両側乳がん術後でも片腕にむくみが出ることもあります。

婦人科がんや前立腺がんなどの手術後にも片足にむくみが出る場合が多いのですが、両足に出ることもあります。痛みや皮膚の色の変化はほとんどありませんが、むくみが急速に進んだ場合には、皮膚が張った感じやしびれを感じることがあります。

リンパ浮腫の症状

痛みのないむくみがリンパ浮腫の症状

多くの場合、痛みがないのが特徴で、感覚が鈍ったような違和感、皮膚が張りしびれや重くだるい感じなどの不快感や苦痛を伴います。

また、強いむくみのために静脈がつぶされると皮膚が青紫色に変化する場合もあります。患者さん自身が外見の変化に強いストレスを感じて、うつ状態になる場合もあり、生活の質は大きく低下します。

リンパ浮腫の重症度レベルの分類
潜伏期 明らかな浮腫(むくみ)の症状はなく、リンパも正常である
第Ⅰ期 軽い浮腫が夕方にかけて生じるが朝方になると軽減されます。指で押すとへこみ圧痕が残ります
第Ⅱ期 蛋白や脂肪が変性し繊維化して皮膚が硬くなり、指で押しても圧痕が残りません
第三期 むくみ肥大化し皮膚や脂肪の硬直化がすすみ表面の角化が進行し、象皮病を伴う場合があります。

リンパ浮腫の原因2つのタイプ

一次性リンパ浮腫

リンパ浮腫の中でも先天性で原因が明らかでないものを一次性(原発性)リンパ浮腫といいます。先天性、早発性(35歳以前)晩発性(35歳以降)があり、大部分は早発性です。

リンパ管、リンパ節ともに発育が悪いなどの理由で起こる生まれつきによるものともいわれています。患者数は比較的少なく、リンパ浮腫の患者数全体の6%ほどといわれています。

一次性リンパ浮腫は発見が遅れる

最近はリンパ浮腫について知識をもつ人が増え、特に術後のリンパ浮腫では、知識もあり、早くに受診されることも多くなりました。それに対して、一次性のリンパ浮腫は患者の6%程度と数も少なく、情報を得る機会が少ないため、むくみ始めてから病気と気づいて受診するまでの期間が長くかかるというけいこうがあります。

二次性リンパ浮腫

二次性リンパ浮腫は病気やがん治療が主な原因リンパ管の炎症、腫瘍の浸潤、手術によるリンパ節の除去(リンパ節の郭清)、放射線照射によるリンパ管の破損などが原因で、リンパ管が閉塞してむくみが出るものを二次性リンパ浮腫といいます。リンパ浮腫と言われるもののうち9割以上が二次性のものです。

中でも多いのが、乳がんや子宮がん、前立腺がんなどの手術の際、リンパ節を切除したり、放射線照射によってリンパ節が障害さえた場合です。腕にむくみがみられるものには乳がん治療によるリンパ節郭清が多く、下肢リンパ浮腫といって足や下腹部のむくみには前立腺がんなどの治療によりむくみが数日の間に現れる事があります。

このようなリンパ浮腫は、術後の積極的治療やセルフケアを根気よく受け続けなくてはなかなかむくみは解消されません。二次性リンパ浮腫の原因はほかに、悪性腫瘍のリンパ管およびリンパ節への転移、リンパ管炎、寄生虫感染、血栓症静脈炎に伴うリンパ浮腫、外傷性リンパ浮腫などがあります。

リンパ浮腫は怖い病気か??

リンパ浮腫は生命にかかわらないため、医者も軽くみがちの病気です。以前はがんの手術前後にリンパ浮腫の可能性や、予防法の説明がないこともよくありました。そのためむくんでからも、なんの病気かわからず、苦しむ人が大勢いました。今でもむくみが起きて不安になる人がおおいようです。

しかし、リンパ浮腫は決して怖い病気でもありません。リンパ浮腫は予防が大切で、日頃の注意点と適切な予防法を実践すれば徐々に改善されていきます。

リンパ浮腫予防に軽い運動をおこなう

デスクワークなどの座りっぱなし状態や、長時間立ちっぱなしになりがちな看護師さんやお店の店員、接客業等の立ち仕事は足の疲れや痛み、むくみを悪化させてしまいます。むくみの症状が軽症なうちに適度な足の屈伸や足首のストレッチ、疲れない程度の運動を日常で取り入れ予防する事がリンパ浮腫の悪化を防ぐ事ができます。

立ち仕事で足が痛いときの対処法
立ち仕事で足が痛い・むくみの悩みにCA・看護師が推奨する対処法
1日立ちっぱなしでふくらはぎはパンパン!すねは痛いし足首周りはむくみがヒドい!立ち仕事で尽きない足の悩みにCA・ナースが熟知している足ケア方法を教えます。……

リンパ浮腫予防の運動におすすめなのは、ウォーキングなどの歩行や自転車、軽負荷でのエアロバイクダイエット、重力の抵抗か少ないアクアビクスや水泳などを普段から意識して運動をする事が大切です。

ただし、むくみを解消しようと張り切り過ぎて、疲労がたまるほどの運動はかえって静脈の流れが悪くなりむくみが強くなり恐れもあります。頑張り過ぎず、筋肉痛になるほどのトレーニングは避け、軽めの運動を取り入れるようにしましょう。

日常的なむくみを解消してくれるお助けツール

リンパ浮腫治療用補助具におすすめ!空気圧マッサージ機「ドクターメドマー」

ドクターメドマー」はリンパ浮腫治療のセルフケアの補助具として様々な病院やその他治療院で採用されており、患者様にもご愛顧いただいております。

セルフケア講習を手掛ける佐藤明子先生によると、通常40分かかるケアが「ドクターメドマー」を使用することで20分でケアできると実証されています。

ドクターメドマードクターメドマー 効果
ドクターメドマー 送料無料 ふくらはぎマッサージ機/メドマー通販

メドマー治療体験談リンパ浮腫治療

TOP